2020年08月21日

拉致問題解決に主眼を置かなくなった安倍政権拉致対策本部の闇

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で贈賄罪で起訴された衆院議員秋元司容疑者が今度は中国企業側に裁判で虚偽の証言をするよう依頼し、報酬の現金2000万円の供与を申し込んだとして、組織犯罪処罰法違反の疑いで3回目の逮捕となりました。



贈収賄にとどまらず、今度は偽証を依頼する証人買収容疑とはなかなかの逸材ですが、それでも議員辞職はいたしません。河井夫妻もそうですが、どうもあちら界隈は逮捕されても議員辞職しなくても良い的な考えを持っているとしか思えてなりません。それにしても2000万円で虚偽証言を持ちかけたり、逮捕拘留されながら保釈金3000万円用意して保釈されたりと金回りが良すぎます。IR疑獄など一個の議員だけで片付く話ではないし、その点本人だけではなく自民党もきっちり説明する必要があると言えるのではないでしょうか。しかし親分である安倍総理など疑惑まみれながら説明もしない責任も取らない、これでは子分にも示しがつかないし、親分もそうなのだからと違法行為も厭わないという姿勢のようですから、ほんとに自民党はモラルハザードが欠落している政党であると言えますね。






前置きはこのくらいにして今回は拉致問題について取り上げたいと思います。北朝鮮による日本人拉致を北朝鮮側が正式に認めて被害者が帰国したのが2002年のことです。あれから18年経ちましたが、残念ながら今だ解決には至っていません。時間も経ち何ら解決の糸口すら見いだせず、風化しつつある中、安倍シンパ界隈が立憲民主党議員の有田芳生の北朝鮮へのビザ無しで渡航で賑わっています。






有田芳生に関しては何ら擁護するつもりもありません。有田は国会議員であり私達国民の血税で賄われている議員歳費で渡航しているのですから一般人はもとより国会議員でもあり得ないビザ無し特権を使って何をしていたのかを国民に説明するべきです。が、一方で長らく家族会と共に拉致事件解決に取り組んできた特定失踪者問題調査会代表の荒木和博氏が有田の件も絡めてこのような声明を出しています。







荒木氏の見解は被害者からの立場でどのような形であれ、解決に導くのであれば方法は厭わないというもの。その点でスタンドプレイが目立つ有田に否定的ですが、一方で安倍政権のやる気の無さにも言及しています。政府は拉致問題を利用していることは度々指摘されていますが、「家族会、横田家に『安倍けしからん!』と言わせないようにすること」これはまさに的を射ています。



横田哲也 卑怯.PNG



ガス抜き要員となり下がり怒りもせず、コントロールされ思考停止に陥った家族会の存在は、安倍政権にとって何より心強いことでしょう。しかしその代償はあまりにも大きいものでした。8年間の政権運営で何ら解決の糸口すら見いだせずただ時間だけが経ち、家族も次々と亡くなり拉致問題の関心が薄れるだけ、荒木氏は家族会のこうした言動が拉致解決を滞らせた要因と捉えているのです。



日本政府は有田の闇ルートの存在が明らかとなった以上、政府は有田に尋問してでも拉致問題解決として活用するべきなのに何らアクションを起こそうとしません。同じく北朝鮮と精通しているアントニオ猪木元議員に対してもそうですが、独自ルートのある彼らを活用することもしない、当初はやる気だけは見せていたのに最近ではまったく触れようともしていないのにこれで政権批判するなとかよく言えたものです。



安倍拉致3.PNG





荒木氏いわく、「物凄いかさぶたはそう簡単に穴が開けられる訳ではない、でも穴を開けてみればそこから膿が出てくる、これが事態を動かす大きなきっかけになる」と述べていますが、安倍政権は何か穴を開ける努力をしてきたのでしょうか?失踪者情報が報じられてももみ消してはかさぶたが増すだけでますます解決が遠のいたように思えてなりません。








言葉だけではなくいかに実行するかが大事であるかは安倍政権という反面教師を見てつくづく思い知りました。それでも家族会からの信頼を得ているようにこの政権はしたたかに立ち振る舞い、一定の保守層からの信用を得ています。8年も続く政権ですから揺るがない地盤があるのでしょうが、これだけ長く政権やらしておいて何ら文句も出ず思考停止に陥ってはそれはもはや教祖さまを褒め称える信仰レベルでしかありません。

posted by yuuponshow at 18:50| Comment(0) | 外交問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

側近にお休みさせたいと言わせる総理大臣って本当に必要ですか?

8月15日は日本国にとっては75年目の終戦の日ですが、今年は新型コロナの影響で例年とは違う形で迎えることとなりました。未知の感染病との闘いがこれからどこまで続くのか分かりませんが、それでも変わらず戦争で亡くなられた方々への哀悼の意を示していくことは大事であるし、すべての日本人が認識し共有していくべきだと感じています。



そしてこの日は靖国参拝を巡る内閣総理大臣の動向も注目されることになりますが、安倍総理におかれては例年と変わらず今年も靖国神社の参拝は行いませんでした。









安倍サポさんたちは安倍総理の靖国参拝をただただ残念がっておりますが、私もかつては彼らと同じ認識でした。総理大臣は終戦の日に散華された英霊の方々を弔うべく靖国参拝すべきであると。しかし安倍総理のこれまでのデタラメ政治をまざまざと見せつけられたことで、安倍総理に限っては参拝否定派となりました。むしろマイナス面を挽回するため保守層を取り込むカードに利用するのではと危惧してましたが、結局中韓に配慮するへたれで安心しました。ロシアに北方領土を奪われ、金までむしり取られて領土問題はないと言われる始末で何ら見返りなしの完全敗北、尖閣も中国に領海侵犯され放題で外交面だけでも民主党政権時よりはるかに悪い状況となりどの面下げて靖国に参拝できるのでしょうか?単なる人気取りのために靖国を利用させてはならない、そう認識させてくれたのです、この売国奴総理に。







そんな安倍総理の健康不安説がささやかれるようになりメディアでも大きく報じられることとなりましたが、17日には安倍総理が慶應病院に検査入院の一報が入ったことで、いよいよ健康不安説が表面化して語られることとなりました。そしてタイミング良く側近の甘利明が総理を休ませたいとメディアとツイートで発することとなりました。



甘利明 休ませたい.PNG






どうやら健康不安説を全面に押し出して安倍総理を守る作戦を打ち出したようです。また同じく側近の稲田朋美自民党幹事長代理は安倍総理の持病である潰瘍性大腸炎を喧伝して、総理の体調面がただならぬ状況であることを匂わしています。








しかし体調面だけだと「ならば辞めてください」という声で占められてしまう恐れがあるので、盟友である麻生副総理を使って批判者を恫喝するような物言いで総理の147日連続勤務を称えていました。








確かに147日連続勤務など誰でもできる訳ないのですが、ここまでの首相動静を見るとそこまで自慢できるようなものではないと思うのですが。それに側近やお仲間との会食も欠かさずされていた訳ですからね。






「安倍さんは激務をこなしながらよくやっている。それが祟って少し具合も悪いので少しは休ませてやれ!」という安倍側近による運動を展開して批判を和らげる狙いのようです。安倍総理の症状についてはあくまで憶測の範囲なので深刻の度合いは分かりませんが、今は平時ではない、日本は代わりを立てずに総理の身体具合を伺う余裕などないはずです。






経済の立て直しと共にコロナ対策も打っていかなければならない。それも一刻も早くにだ!そのためにも政府は法整備に着手しなければならないのに安倍総理はコロナが収束した後に法整備に踏み切るそうで、こうした常識の欠落ぶりを目の当たりにすれば病気云々とか関係なく総理としての資質が欠落していることがよく分かります。







おかしな政策ばかり発動して国民を振り回し、どう見ても感染を抑えようとしていない(むしろ拡大させようとしている?)安倍首相とこの政権に我々国民は疲れ果てているのです。休ませてあげようとか遠慮がちな言葉などかける必要はない!日本国のために一刻も早く引きずり降ろすしかないのです。

posted by yuuponshow at 18:09| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

コロナを材料に沖縄叩きする品性下劣で恥ずかしいAV監督村西とおる

混沌を極めた国民民主党と立憲民主党との合流話でしたが、国民民主党の衆参議員62名は立憲との新党合流派と残留派に分かれるという事実上の分裂する形となりました。









誰それがくっついた離れたと恨みつらみの論う感情的な意見が目につきますが、結果的にはこれで良かったのではないかと思います。国民民主側が合流の最重要条件として求めていた消費税減税が棚上げになり、結果それが全員一致での合流に至らなかったのですから仕方がありません。政策の擦り合わせがないまま惰性でくっつけば近い将来再び分裂することが目に見えていますから。



くっついたところで元の民主党勢力が再集結するだけ、自分たちではどうしようもないから小池百合子に乗っかって排除されて分裂したのではないのか?政権運営時における反省も総括もしないまま、小池を祭り上げようとして分裂させられるというあまりにぶざまな醜態晒しておきながら民主党再結成とは片腹痛し。野党連合の枠組みは維持したままで総選挙に挑むしか道はないのです!!前回のように野党同士での潰しあいは絶対に避けるべきであり、同じことをやったらまた自民を利するだけです。支持率が軒並み底辺にはびこる各野党が自公政権を倒すには野党連合しかない、はっきり言っときますが旧民主党勢力だけではもう二度と単独で政権を担えるわけないのですから。





今回はAV監督であり、自民党シンパとして悪名高き村西とおるのツイッターでの発言が、有名Youtuberにロックオンされ逆に批判に晒されることとなった話題を取り上げたいと思います。




村西とおる ロックオン.PNG




沖縄県内の現状を取材した上で解説してくれたせやろがいおじさんは、沖縄で爆発的に増えた感染の要因はGOTOキャンペーンによるものとした上で、「感染者を受け入れるホテルの確保を十分にしていなかった」と言い張る村西とおると日本政府の見解は偽りであると解説しました。せやろがいおじさんの解説まったくその通りなのですが、感染蔓延したままでのGotoキャンペーンなどやれば更に拡散することなど誰でも分かることだし、米軍基地のクラスターの影響もある。村西の発言が何ら裏付けもなく沖縄知事と、沖縄県民に向けた誹謗中傷あり気であることが分かると思います。



村西とおるがこのツイートを発した直後は、頭の弱い賛同者からの支持リプライが寄せられていましたが、徐々に批判の声が多く寄せられることとなり、そしてせやろがいおじさんにロックオンされる形となりました。一応村西を立てる形の解説動画で批判する表現は和らいだものしたが、下にあるこの言葉は結構痛烈でした。文化人気取りでいい気になっているお調子者へ強烈な皮肉ですね。





コロナを材料に沖縄叩きすんのって本当に品性下劣で恥ずかしいことだと思いますよ。全裸で監督をすることなんかよりも、よっぽど。





せっかくなので村西とおるのツイートをいくつか取り上げてみたいと思います。彼は基本自民シンパのスタンスを取っており、当然ながら安倍政権の愚策については一切触れようとせず、マスコミや野党に責任転嫁しまくりです。上の玉城デニー知事への批判もコロナを材料にしているように最近はコロナ関連のツイートが多くなっています。









コロナ感染に警鐘を鳴らす専門家や医療機関に痛烈な皮肉を込めた批判ツイートで分かるようにこの男がコロナに対して楽観的に捉えているかがお分かりいただけると思います。そして小池都知事への批判と続きますが、なぜか維新の党には懇意的な態度を示しています。










イソジン商品の促進PRした吉村大阪府知事を賞賛するこのコメント、全国の薬品販売店に混乱をもたらしたことなど厭わず逆に吉村知事を賞賛し、逆に批判した大阪保険医協会を罵倒するこの男の立ち位置が手に取るように分かります。薬品についてこの男が何を知るのか?医療機関に難癖を付けられるほど知識が豊富なのか?そんな訳ないですよね。こいつは政策ではなく人で支持か批判かを決めていることが一目瞭然です。ところが医師会の助言よりも裏付けもないAV監督の戯言を信じる輩が少なからずいるから始末が悪いのです。








コロナは死よりも生き続ける方が苦しくて辛い後遺症が深刻であることがいくつかの事例で報告されています。村西自身が感染することで重篤化しやすい年齢であることを考えれば決して他人事とは言えないはずなのですがね。ならば一度ご自分でコロナに感染してからゴキブリ発言をすると良いでしょう。私はこの男よりもはるかに年下だが敢えて申し上げよう!村西とおるよ、お前は救いようのないクズであると。


posted by yuuponshow at 22:47| Comment(0) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする