2021年08月18日

小此木八郎の横浜市長選が裏目になればスガ総理早期退陣もあり得る!?

東京五輪が閉幕して各メディアが世論調査を出してますが、東京五輪を開催して良かったか?という調査で過半数を大きく超える割合でやって良かったと出ています。しかし一方で五輪開催が感染拡大の一因を作り上げてしまったという回答がこれまた過半数を大きく上回っています。五輪開催前に比べて各地域で感染拡大が顕著にあらわれてしまった現状を鑑みれば当然と言えるでしょう。おまけに五輪関係者から新種のラムダ株まで上陸するなど、事態をより深刻化させる事態も明らかになれば強引に推し進めた五輪開催は大きな禍根を残すことになりそうです。そして今まさに開催されている甲子園の高校野球も酷いことになっています。






宮崎商業と東北学院の2校がコロナ感染が発覚し、出場辞退が決定しました。いずれも甲子園に向かう直前に故郷でPCR検査では陰性だったのが、関西入りして陽性となっていることからも分かるように、現地入りして感染したようです。感染急拡大の中でもはや大会存続は困難ではないでしょうか?。今後第三、第四の感染が起きないとも限らないし、選手の生命や健康を考慮して大会を中止にするべきです。しかし主宰の朝日新聞や高野連は存続の方向、五輪開催是非を問われている時に中止を訴えた朝日新聞にしては愚かな決断をしたものです。



去年を思い返してみれば、今年に比べてまだ感染状況もそれ程ではなかったのに、各スポーツ競技は軒並み中止、甲子園も一試合限定の交流試合にとどめていたものです。ところが今年はコロナに慣れたのか、競技イベントが平年と変わらず実施をしています。部活動もいつも通り、学校もいつも通り、それによりクラスターが各地で頻発する羽目に、慣れが過ぎて、多少のコロナ陽性には反応しなくなったのでしょうが、それが祟ってこれまで以上の最大感染拡大規模に陥ってしまったとも言えます。今のスガ政権の危機感のなさも国民に伝染してコロナを軽視するようになった一因とも言えるでしょう。

スポンサーリンク




そのスガ政権の命運がかかると言われる横浜市長選挙。この選挙に立候補しているのが、それまで国家公安委員長と内閣府特命担当大臣を兼任していた小此木八郎氏です。現職大臣が異例の地方首長選への立候補、誰しも首をかしげる行為に映りますが、その小此木候補は公約として掲げているのがIR反対です。


すが&おこのぎ.PNG



この小此木候補の公約はIR推進するスガ政権とは真逆の立場を取っており内乱でも起きたかと思いきや、菅総理は小此木候補の全面支持を打ち出し、選挙戦でも支援していくことを表明しています。小此木彦三郎の秘書として仕え、その息子である八郎氏とは懇意の仲です。スガの取り巻きもこぞって小此木支援を前面に出すなど自民一体となって小此木市長誕生への後押しをするようです。






スガがIR推進の急先鋒なのに反対候補を推すとか状況を鑑みればまったく理解に苦しみますが、この小此木候補の主張はどうも信ぴょう性が疑われています。







過去にはIRは必要と国会で答弁しながらの二枚舌は、選挙区に向けてしっかり説明しないといけないですね。情勢では野党推薦の山中氏と競り合う展開のようですが、こんな二枚舌が優勢など有権者としての見識が疑われますよ。そもそも大臣職を投げうってなぜ地方首長選に転身しようとしたのか?横浜市をどうするか?という主張よりも、こういう意見もありどうも政局を重視していると勘繰られても仕方がありません。








それにしてもなぜ小此木が手のひら返ししたのか?これは横浜市の事情もあるようです。







横浜で幅を利かせる実力者、「横浜のドン」藤木氏と蜜月関係にありながら、IRでのすれ違いで怒りを買うこととなったスガ総理。それが祟って自分の選挙区でもある横浜でのスガ総理の支持率は30%を切ることになりました。このままでは総選挙での勝利どころか自身の選挙区での落選もあり得ることになりそうです。小此木立候補は藤木氏からの批判を逸らすためのスガの差し金では?そういう推測もされる摩訶不思議な小此木の立候補、額面通りにIR反対の主張を鵜呑みにできる訳がありません。来る横浜市長選、有権者はどのような審判を下すのか分かりませんが、良識ある結果となることを望んでやみません。



posted by yuuponshow at 22:45| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月11日

言語や振舞に危険な兆候!?スガの余命は尽き新総理選出に動く自民党

17日間に渡った東京五輪は閉幕を迎えました。しかし日本列島は新型コロナ第5派の襲来を受け五輪関係者500名以上、全国で一日当たり12000人もの感染者を出しながら、中断することなく強行したことは日本政府の意地とも言えますが、その代償は高くつくことになりそうです。







盛り上がる東京五輪に水を差したくない日本政府は、最凶と噂されるラムダ株が国内で確認されても、それを公表することなく得意の隠蔽で五輪終了までひた隠し続けていたことが明らかに。また都内では自宅待機者が相次いで亡くなっていながら、その死者数を把握していなかったという驚くべきことが明らかとなりました。




しかしこういうことが明らかになったも「あー、またか」と驚かなくなった人も多いのではないでしょうか?これまで多くの問題が噴出しても、新たな問題が出て掻き消されてしまい、過去の問題が埋もれてしまうというまさに安倍前政権譲りの戦法で生き長らえているスガ政権です。しかし国民もいい加減に怒りをあらわにしないともっと酷くなりますよ!国民生活に直結する政治腐敗をそのまま放置してはなりません!!




その腐敗が進む政権の大元凶であるスガ総理ですが、言動や振舞に危うい一面が表面化しているようです。広島と長崎の原爆慰霊祭式典でそれが如実にあらわれていました。








政治的におかしい!とかではなく、普通に短い発言や行動が理路整然としないことが多々ありました。読み飛ばしの釈明が「のりがくっついてました」遅刻の釈明が「トイレの場所が予想以上に遠く時間がかかった 」ですよ!!何とか自分の責任にしたくないという根性丸出しで非常に見苦しいものです。自分の非を認めるくらいの度量があれば救われたのにこんな資質だから何をやっても批判が絶えず、支持率低下が止まらないのです。まさに因果応報とも言えますが、精神的に追い込まれて割とやばい状態にあるのでは?と感じますし、こういう報道もあながち本音が漏れてしまったのかも知れません。







過去の自民党政権において、こうした言動・行動の危うさが引き金となって退陣に追い込まれる姿を目の当たりにしたことを鑑みれば「菅政権では持たない」と世間はもとより党内も感じていることでしょう。その空気を察してか、今秋に行われる自民党総裁選で気鋭の候補者が名乗り出てきました。







現政権に距離を置く識者からも絶賛される積極的財政出動を訴える高市早苗氏が自民党総裁選に出馬する意向を固めたとのことで、当初は無投票では?と囁かれやや白けかけていた総裁選もやや注目を集めることとなりました。しょぼくれたスガよりは見栄えも良いし、何より自民党総裁&総理大臣初の女性誕生となれば大いに盛り上がるでしょう。



しかし積極財政を主張するのは結構ですが、この人消費税減税については一切口にしていないのですよね。それどころか消費税増税推進派だったのですからね。これまで酷いスガ政権を見てきたから幾分マシには映るでしょうが、所詮自民の駒だし、何よりこの人、安倍の子飼いなのですからね。







国民に寄り添った威勢の良い政策も、あっさり翻ることもあり得ます。というか絶対するでしょう。断言しても良いです。そして安倍前政権がやらかした数々の疑獄案件もスガ同様禅譲して隠蔽工作を図るでしょう。もうあからさま過ぎて苦笑するしかありません。しかしこういう工作に騙される人間も多くいるので、高市総理になれば瞬く間に支持率アップとなるでしょう。



高市 安倍.PNG



言葉のおぼつかないトップではこの先選挙での惨敗は目に見えてます。自民党の戦略としてはスガOUTで高市新総理でイメージアップを図りたいところでしょう。加えて子飼いの高市を総理に据えて安倍はキングメーカーとして幅を利かせることになるのです。国民もいい加減にこういう首のすげ替えで誤魔化されないようにしないといけません!!

posted by yuuponshow at 23:45| Comment(2) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月04日

酸素吸入状態でも自助を強要する暴挙!国民の生命と健康を脅かすスガ政権

先日、私のところにワクチン接種券の通知書が届きました。巷ではワクチン接種が遅れている、接種券が来ないなど騒がれていますが、私の住む地区の自治体では接種に向けた対応が迅速だったようでした。が、私は接種しないことを決めました。家族もおり、仕事上人と会う機会も多いのですが、ワクチン接種におけるこうした現状を知ると、躊躇せざるを得ません。






厚生労働省によると国内でワクチン接種後に死亡者が750人、重篤者2800人あまりだそうです。(令和3年7月21日データ)一方で国民の4割(5000万人)が接種済みであることを考えれば、副反応による致死率はかなり低いものであるとも言えます。しかし死亡者や重篤者の内訳を見ると若い人も多く、基礎疾患などない健康体の人が次々と陥っているということを軽々しく見てはならないと思うのです。そしてプロ野球選手という世間で注目を集める有名人が初めて重篤に陥ってしまったことで、ワクチンへの過度な期待は薄らいだと言えます。


それにこの厚生労働省が公表している死亡者・重篤者の数、ワクチン接種による因果関係は認めていないため、報告されていない死亡者・重篤者はまだたくさんいるのでは?とも言われています。ツイッターのタイムラインで流れてくる死亡者や重篤者の情報量も決して少なくなく、体感的には隠されている方もいるのではないでしょうか。そして悪戯に煽るなという専門家の意見もよく耳にしますが、都合の悪いことを下手に隠蔽せず事例や情報を包み隠さず出すべきであると考えます。

スポンサーリンク




ワクチン同様、その他のコロナ対策における国の対策については杜撰、出鱈目極まりないものです。もはや形骸化してしまったコロナ禍における緊急事態宣言は、国民に自粛だけを求めるだけで経済援助なしですから仕方がありません。従順な国民性と言われる日本人ですが、延々の自粛を要請し続けることはさすがに我慢の限界だと思います。



そんな信用の置けなくなった日本政府ですが、ここに来て驚くべき方針を発表しました。







国や東京都が示したのは、中等症患者は基本的に自宅療養とするもの。これにより入院病床の確保を容易にできるというものですが、中等症は常に酸素吸入が必要な状態であり、医師や看護師の目が届かない在宅療養とはあり得ません。それにその状況で症状が悪化したらどうなるのか?すぐに医療施設に入院できるのか?現在猛威を振るうデルタ株は発症から重症化まであっという間に陥ると聞きます。スガ政権におけるコロナ対策で最悪の方針であり、事実上医療崩壊であることを世に宣言したと見て良いでしょう。







「医療崩壊したら辞職の覚悟はあるか?」
の記者からの問いに何ら根拠を示さず「私はできる」と力強く言い切ったスガ総理ですが、その願いはもろくも崩れ去ってしまいました。言質を取られないよう頓珍漢な返答して責任を取りたくなかったのでしょうが、その小賢しさあざとさも見苦しく映り、もはやアベを出し抜いて史上最悪の宰相として君臨したと言って良いでしょう。




菅 お辞めになった方が.PNG



現場の医療従事者は怒り心頭でしょう。コロナ対策のための分科会を設けながら専門家に意見を聴くこともなく、政権が独断で決定してしまうという驚くべきことも明らかになりました。本来ならば国会を開いて与野党で対応を協議するべきなのに、野党からの追及を嫌って応じる姿勢はありません。野党の意見も分科会の意見にも耳を貸さず独断であり得ない方針を決定してしまう暴挙を仕出かしたのです。これについて野党はもとより身内の与党内からも反発の声が挙がってるようですから、もはやスガに期待を抱ける訳がありません。ところが自民党重鎮はそうした世間の声に耳を傾けることなくスガ絶対支持の方針で固めたようです。







国民の生命と健康を貶めるスガ政権を国民が望んでいるとの幻想が聴こえたとのことで、どうやら自民党は国民を救う気持ちは微塵も無いようです。もはや自浄能力の無い自民党に期待することはできないということがはっきりしたのではないでしょうか。スガ頼りのオリンピックもクラスター発生が明らかとなりました。五輪関係者300人を超える感染者を出してしまい、もはや安心安全には程遠い事態となり、杜撰なコロナ対応が世界から猛烈な批判を浴びることになりそうです。






国民の皆さん、このままスガを放逐したままでよろしいのですか?国民の意思や意見をぶつけても聞く耳持たずのスガ政権に審判を下すにはもはや選挙しかありません!!数カ月後に迫る総選挙で、私たち一人ひとりの票に掛かっているのです!



posted by yuuponshow at 23:00| Comment(2) | 新型コロナ・ウィルス問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする