2021年06月18日

再び表沙汰になった河井買収事件、スガも二階も認めた安倍前総理の説明責任はいつ!?

6週間にも及んだ東京などの主要都市の緊急事態宣言が沖縄県を除いて6月20日をもって解除されることとなりました。以降は蔓延防止等重点措置に移行するようですが、東京など感染再拡大の兆しがあるなかでの解除は、これまでの誤った解除判断と同様、新たな再拡大の呼び水となる恐れもあります。






このタイミングでの解除は一か月後に迫った東京五輪を見据えてのものであることは容易に推測されます。専門家のリサーチによると、このままでは五輪開催中に再度緊急事態宣言再発動の可能性もあるとし、今後の感染者の数字も試算されています。







専門家どころか一般人でも感染再拡大するのは容易に想定できます。むしろこれまでより酷い状況となることが想定できるのに五輪あり気で前のめりのスガ政権は強行突破で乗り切ろうとするつもりなのでしょう。しかし多くの識者が断言していますが、このままでは間違いなく失敗に終わってしまうことになるでしょう。五輪開催は物理的に不可能であり、強行は無茶な悪あがきであると申し上げておきましょう。今更止められないと言うものがいますが、チキンレースを止められないとか狂気の沙汰ですよ。このような狂った自民党政権が政治を主導していることは国民にとって最大の不幸でしかありません。

スポンサーリンク




狂った自民党政権を象徴する大規模選挙人買収事件について、一つの答えが出ました。






執行猶予なし実刑判決3年という判決は政治家にとっては非常に重たいものです。しかし河井克之氏は上告して争うそうです。本人は買収を認めているのに何をもって争うのか大変謎ですが、もちろんこの事件は河合夫妻の裁きだけで終わらせる問題ではありません。こんな大それた買収工作当人たちだけで行えるはずありませんし、買収を指南した人物、巨額資金を用意した人物、それぞれ暴いた上で同等かそれ以上の処罰を受けるべきであり、そこまでしなければ意味がありません。そしてその重要参考人として噂される人物の名前をスガ総理が会見にて明らかにしました。







共同通信のこのツイートでは雑すぎて全容が伝わりにくいものですが、それだけマスコミ的にはシークレットで扱いたかった案件なのでしょう。しかしスガから聞き出すまでもなく、規格外の選挙資金を引き出せる権限があるのは党総裁と幹事長を置いて他にいません。以前には二階幹事長が自身と安倍晋三前総理の関与を認める発言をしており、改めて安倍前総理におかれては、河井夫妻買収における関与について説明責任を果たしていただかなければなりません。



安倍関与は事実.png



しかし当の安倍前総理は、まるで他人事のように振舞い、説明責任を果たすことなく足早に去っていきました。







安倍前総理と言えば、このところ自民党の勉強会に顔を出し、議連の顧問に就任するなど精力的な動きを見せています。今はすっかりキングメーカーとして幅を利かせているようですが、自身がかかわる一連の疑惑には何ら説明責任を果たしていません。それが伝承する形で今のスガ総理にも見受けられる形になっていますが、こうした不誠実な対応を取り続ければ、政権や党にとって悪影響を及ぼしかねないことが理解できないのでしょうか?スガ再任を早々と打ち出してますが、尻ぬぐいしてくれるスガを降ろしたくはないからなのでしょうね。







説明責任を果たすことなくやり過ごそうとする安倍晋三という人物を二度も宰相にしてしまうという日本国にとっては黒歴史とも言えるでしょう。それでいて権威を保つことに躍起になり、党運営を影で操ろうとする姑息さ、本当に下衆としか言いようがありません。この下衆に操られる自民党に希望が持てるでしょうか?ある訳ないですよね。いずれにしろこのまま放置する訳にはいきません。安倍晋三は国民に糾弾され、司法で裁かれるべき人物なのです!!

posted by yuuponshow at 19:01| Comment(1) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月15日

スガ総理の成果を強調する日本のメディアは過保護の親そのもの

イギリスで開催されたG7サミットは無事、閉幕しました。2年ぶりに各国首脳が対面する形で開催されたG7でしたが、我が国のスガ総理に対して国内からは冷ややかな評価がされています。







上の集合写真なんか最も象徴していますが、スガ総理が誰とも話せずポツンと寂しそうに佇んでいる様子です。初参加、英語を話せないなど色々理由を言われており、同情する人もいるようですが、そもそも同情する人たちはスガが最初から総理に相応しいと思っていたのでしょうか?おせじにもコミュニケーション能力など感じられないし、国民の声を聞かない、困窮しているものの声も聞かない、8割が反対するオリンピックもまともな説明もせず強引に進めようとして政権に対する不満は募るばかりです。





そんなスガ総理ですが、ツイッターではG7サミットでリードスピーカーとして主導したと自身の成果を誇らしげに強調しています。








英語どころか普段のたどたどしい日本語でどうしてリードスピーカーできるのか大変謎ですが、これに日本のメディアもまるで忖度したかのような着色した形で成果として報道したようです。







そしてスガ政権の命運を掛けた東京五輪、このG7サミットで協力呼びかけ全首脳が賛同したと日本メディアが報じました。







これが本当であれば、東京五輪絶対推進のスガ総理にとってはこれ以上ない成果であり、政権にとっても追い風となることは間違いないのですが、どうやら感染対策を万全にした条件付きで実施することを支持するとのことです。この辺りスガ政権&国内の報道と大きな隔たりがあると言わざるを得ないでしょう。







それに会議ではスガ総理の発言はなかったとのことで、これでどうやってリードスピーカーしたり主導できるのか摩訶不思議です。








ということで国内向けには成果が出たと強調しているスガ&国内マスコミでしたが、海外からの視点では印象が薄いようです。恫喝と餌で手なずけた日本メディアの情けさなといったらありませんが、このままスガの駒にされては報道の自由度ランキングはダダ下がりすることになるでしょう。そもそも日本には中止の決定権がないと言いながら、主要国に五輪の賛同を得る働きかけをするって大きな矛盾じゃありませんか?スガの総理の資質もそうですが、こんなのにご機嫌伺いして忖度する日本のマスコミは本当に腐りきっています。







上のツイートなんかまさに言い得て妙です。腐りきった政権とメディアには国民からしてますます信用が置けなくなることは間違いありません。

posted by yuuponshow at 23:30| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月09日

鳩山元首相よりも資質は上!?初代を超えた二代目ルーピー丸川珠代

本日は2年ぶりとなる党首討論が行われましたが、まともに会話のキャッチボールができず、言語失調レベルの答弁で身内からですらかなり不安視されているスガ総理。野党党首相手に原稿なしの論戦でボロボロ状態に晒されることを期待していたのですが、生中継の入った僅か45分の中で細かく区切られた党首討論ではそうしたボロが出ることはなかったようです。






党首討論は時間内であれば自分の見解を延々述べることができます。論点を逸らして延々自論を述べて時間稼ぎをすることなどたやすい、さすがこういう悪知恵は働くものですが、どうでも良い64東京五輪の思い出話を得意気に捲し立てて大半の国民はイライラしたことでしょう。おまけに安倍前総理張りにすぐにばれるような嘘を得意気にまくしたてる始末。







こういう姑息で出鱈目なやり方が支持率低下を招くことになると思うのですがね。五輪もコロナもすべて中途半端で何とかやり過ごして乗り切るつもりなのでしょうが、このまま強行すれば目も当てられない悲惨な結果が目に見えています。

スポンサーリンク




本日クローズアップする人物は新閣僚として日々奮闘しておられる丸川珠代五輪担当相でございます。2007年の参院選で初当選した彼女はテレビ朝日アナウンサーという華やかな経歴があり、出馬の時点で他候補者と比べて人気度知名度とも秀でたことは言うまでもありません。そして丸川珠代が国会議員として注目を集めることとなったのが、民主党政権時の鳩山首相に議場で向けられた「ルーピー」というヤジでした。



丸川 ルーピ―.PNG







この時、議場は大荒れ、当時与党だった民主党からヤジを飛ばした丸川に向けられた罵倒は当然として、野党自民党からもたしなめられるなどこのヤジに否定的な見解が多かったのです。



それでもめげずにこの他にも「この愚か者めが!」「このくだらん選択をしたバカ者どもを絶対忘れん!」など随分威勢の良い担架をきって民主政権を挑発しまくっていたのです。失政がポロポロ出始めた民主政権への風当たりが強くなってきたこともあって、世間ではこのヤジを後押しする動きも見られました。



私は当時、自民推しでしたが、このパフォーマンス凄く違和感を感じました。まだ新人議員なのに一体何様なんだろうかって、それから彼女に関しては良い印象は持たなくなりました。ともかくそれを良いことに彼女は調子に乗りまくり、丸川本人だけではなく自民党も悪乗りしてこのようなTシャツを作るのでした。








親分の安倍晋三自らヤジを称賛するとは、まったくこの政党のモラルはどうなっているのでしょうか?それに安倍自身、自分に向けられたヤジにはかなり神経質になって不満をあらわにしていたのに、まったく自分勝手極まりない人間です!



そして丸川珠代は自民党が与党に返り咲いてからは着実にキャリアを積み重ね、現在は五輪担当大臣として目前に迫った五輪開催に向けて日々奮励されている訳です。ところがコロナ架という非常事態の中での五輪開催に否定的な世論の声が圧倒的の中で、五輪担当相という立場から、五輪あり気の姿勢や態度が物議を醸し、それが世論からの反発を招くこととなりました。






政府の政策に専門家の見地から提言できる分科会の会長に向けて、まるで話にならないといった見解を出していますが、国会議員や大臣とは特権階級貴族か何かと勘違いしているのでしょうか?医学的、科学的専門家の見解見地に耳を貸すこともなく鼻で笑うようなこの高飛車な態度、自民党政権はこういうのが目に付きますが、丸川はそれが一番良くあらわれています。






五輪に否定的な記事には国内だけではなく海外であろうと噛みつくこの態度、それでいて筋の通った主張に具体的な反論も示すことはできない、あまりに見苦しい立ち振る舞いとしか言いようがありません。民主政権時代に議場で一国の首相を下品な大声でルーピー呼ばわりする人間ですから、どこか普通の人とは違うのでしょう。別の地平から見てきたという言葉を恥ずかしげもなく出せるのも頷けます。







かつてルーピー呼ばわりされた鳩山元首相も、丸川大臣に苦言を呈しています。自分はルーピーでも構わないと遜る一方で、丸川本人の不遜な態度や発言をたしなめるあたり、鳩山元総理の方が人間として、大人としてできている方です。



ルーピーとは「変わった、狂った、混乱した、頭がおかしい」といった意味ですが、それは丸川本人にあてはまるのではないでしょうか?東大出らしいですが、天才となんとかは紙一重と言いますから。かつてルーピー呼ばわりしたあの方にたしなめられる無様さ。丸川は鳩山氏に次ぐ、否、むしろそれを超えるルーピーと称するに相応しい資質であると言えるでしょう。


posted by yuuponshow at 18:35| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする