2021年09月07日

落ちぶれたメディアに物申す!新総裁の話題よりもこれまでの政権運営を総括をしろ!

突然のスガ総理の自民党総裁選不出馬が日本列島を駆け巡りました。前回の記事でも触れましたが、総裁選の前に解散に打って出るのでは?との報道が流れましたが、どうもその通りに進めていたようで、それが党内からの反発を喰らい握りつぶされたようです。他にもいろんな要素がありますが、もはや続けるのは無理と判断したのでしょう







このコロナ禍で緊急事態宣言の最中に己の保身のためになにふり構わずで驚かされますが、一番の国難はスガが総理大臣であること以外何物でもありません。出馬断念の理由でコロナ対策に専念するためとうそぶいてましたが、その対策ができるのは新総裁が決まるまでの僅か一か月です。たったこれだけの期間で何ができるのでしょうか?そもそも総理在任期間中に何一つ有効なコロナ対策を打つことができなかったのに何とも空虚でまぬけな言い訳で、最後の最後までデタラメ吹聴して国民の反感を買う。皮肉なことに日経平均が4月以来の3万円台となり、TOPIXも90年8月以来の最高値更新、マーケットは正直です。経済・コロナと何らまともな対策をしてこなかったスガが変われば幾分マシになると見越したのでしょう。



しかし政権政党である自民党にとってはスガ不出馬は党の勢いを取り戻す絶好の機会と言わんばかりに話題作りに躍起になっています。それに追随するように後継候補が名乗り挙げるとメディアがこぞって取り上げており、政治問題山積にもかかわらず話題が自民党総裁選で持ち切りです。このメディアの異常な盛り上げ方に違和感抱く人も多いのではないでしょうか。



自民党総裁選2021.PNG



党員でもない限り関わることもなくあくまで自民党の内輪での話です。とはいえ新総裁誕生から総選挙までの間はこの新総裁が日本の舵取りを行うことになりますので、この新総裁に期待するとすればここ数年で露呈された自民党政治の腐敗を総括・改善してくれる人が出てくれることなのですが、この顔ぶれからして期待するのは無駄でしょう。総裁になったら何をやるとか誰が誰を支持したとか、そんなのより政権政党である自民党議員として改めるべきことあるでしょう。結局誰がなっても安部や麻生の息がかかる同じ穴のムジナなのですから。こんなお涙頂戴の茶番演じるよりも国民生活を少しでもよくすることが国会議員の務めではないのではないですか?







そしてこのデタラメ政治をかばい続けてきたのは新しい話題にすぐ切り替える変わり身の早いメディアの存在。新総裁は誰になるのか!?とこぞって取り上げてますが、まずマスコミがやるべきことは官房長官時代からどれほど多くの詭弁を繰り出してきたスガに向けた総検証すべきではないのではないですか?辞めたからそれでこの人の話はお終い、こんなことを続けているからメディアの信用度が落ちてしまっているのです。新首相に誰がなっても自民党の構造が変わらなければ社会の流れは大きく変わらない。この国の歪んだ構造を改めるべきではないですか?

posted by yuuponshow at 22:35| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月01日

なぜ情報を提供しない!?新型コロナワクチン推奨あり気のスガ政権

9月になりました。まだ気温も高く、うだるような暑さが続きますが、朝夕になるとやや涼しい空気を感じるようになり秋の気配を感じるようになりました。政治の世界もいよいよ衆議院の任期が迫る中、慌ただしい動きを見せています。







突然流れたこの報道、既に自民党総裁選の候補者が名乗り挙げたところでのまさかの展開ですが、まだ確定ではないので何とも言えません。しかしこの報道に非政権側は当然として、政権擁護側も怒り心頭です。上のツイートにある門田隆将など政権べったり派ですが、さすがにスガを顔にしての総選挙敗北は政権寄り派も厳しいというのは分かっているようです。総選挙前に自民総裁選で首をすげ替えることができれば敗北してもダメージを軽減することができますから、それが強引に総選挙突入と報じてるのだから擁護派とは言え看過できないのでしょう。



政権寄り側からすれば自民党延命のためにも先に総裁選が望ましいというお家の事情なのでしょうが、一般的観点からして、今緊急事態宣言中の最中に解散を打って出るなど常軌を逸した行動だと思います。コロナ対策優先と言いながら総選挙となれば人流の動きが活発化することになるので、なるべく後ろに延ばすべきであり明らかに矛盾してます。それに国会も開かず、総裁選も延ばして論戦を拒み延命を図るならば、これほど愚かな自爆行為はありません。これが実現したら味方からも敵からも総攻撃は必至となりスガの総理生命は無論、議員生命も終わりになるでしょう。まともな判断力があればこんな愚かな行為はしません。まともならば。スガ本人は本日の会見で総裁選前の解散を否定したようですが果たしてどうやるのやら!?

スポンサーリンク




さて、本題となるワクチン是非について語っていきたいと思いますが、ワクチンの信用性というのがここ最近薄らいできていると言われております。「ワクチンを打てばコロナに罹らないし重篤化しない」そういった専門家の主張でしたが、その一方でワクチン接種による重篤化問題が顕著にあらわれるようになりました。







ワクチン接種後に死亡もしくは重篤化した事例が後を絶たず、今までひた隠しにしていたメディアもこぞって取り上げるようになりました。記事によると、亡くなった男性の父親がワクチン接種を勧めたとのことで、ご家族の悲しみは計り知れないものだと思います。ワクチンとの因果関係は明らかではありませんが、この新型コロナワクチンは非常に問題があり過ぎます。






異物の混入など食品関係なら即、回収指示が出るのにワクチンはスルーですか?常識的な判断ならばすぐに接種を止めて検証しなきゃならんでしょう。情報公開もなく問題が無かったかのように引き続きワクチン接種が行われているこの状況、まともじゃありません。そして接種後の死亡・重篤者の人数、予防ワクチンでこれだけの数が出て、因果関係がないなど無茶な論理です。



コロナワクチン 比較.jpg




私は反ワクチンではありません。安全性が確認されたら接種を希望します。が、今のワクチン接種を巡る状況からしてワクチンに対して信用が置けないのです。異物の件と言い、国はネガティブ要素は絶対に伝達しようとしません。とにかく接種あり気で押し進めようとしています。情報隠蔽はスガ政権の常套手段ですが、ワクチンでもそれをやっているのだから信用できる訳ありません。まずは情報開示をしてからでしょう。







ワクチン否定の主張をデマと決めつける河野太郎ワクチン推進担当大臣、しかし治験を経ることなく市場に流れた新薬に対して自信満々に大丈夫だと言い切る神経を疑います。特に妊婦は鎮痛剤に対しても厳しい制限を設けているのに、とにかく打てと言わんばかりのこの態度、名の通りワクチン推進担当大臣だからなのでしょうが、リスク無視の推進あり気を見てどうして信用できるのでしょうか?まさに今の隠蔽政権を象徴する推進大臣の振舞であると言えます。



嘘偽りなく国にあがっている情報をつまびらかに国民に提供し、接種するかしないかは国民一人一人が判断するべきです。そうすれば周りに流されることなく自分の意志で決めることができるのです。ところが国は接種目標を立てて接種あり気で勧めるから信用できないし、却って反発を生むことになる。信用の置けないスガ政権と自民党にはご退場頂くしか道はなさそうです。

posted by yuuponshow at 18:40| Comment(2) | 新型コロナ・ウィルス問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月24日

菅総理の全面支持が惨敗を喫する結果となった横浜市長選、それでもスガと運命を共にする自民党の運命は如何に!?

小此木八郎氏の父親の秘書として仕え、幼少期から八郎氏を知っているという旧知の間柄である菅総理、その小此木氏が横浜市長選に立候補したことで、全面支持を打ち出した菅総理。来るべき総裁選へ、そして今秋に行われる総選挙に弾みをつけるためにも、絶対に勝たなければならない戦いでしたが、ふたを開けてみれば開票8時、いわゆるゼロ打ちで山中竹春候補に当確が出る大惨敗を喫することとなりました。







選挙戦序盤は小此木先行で山中追うの情勢だったはずですが、菅総理が支持を打ち出してから逆転され、その差は開く一方でした。投票の内訳を見ると無党派層の投票先は山中氏が4割強、小此木、林両氏は1割ほどとなっており、無党派層の動向は衆院選でも勝敗を左右する鍵となりそうです。これでは自民総出の組織票頼みも遠く及ばず、やはり政権交代には投票率にかかっていると言えるでしょう。






敗れた小此木八郎候補は政界引退を表明しました。辞めてくれて全然構いませんが、父親の代からの選挙区の地盤や、大臣職、それらを投げうって市長選に立候補した経緯は今だ謎めいています。何より大臣としてIR推進急先鋒派だったのが一転、反対を表明したのです。地元である横浜市の首長に魅力を抱いていたのでしょうが、横浜をどうしたいかとかそういうビジョンがまったく見えてこなかったのですから政局のために動いたとみられても仕方ありません。何せスガ政権挙げてのバックアップでIR推進Yes,Noとか関係なく、恫喝も脅迫も辞さない強権ぶりをあらわにしてまで小此木を勝たせたかったのです。







菅総理と近しいのは小此木候補だけではありません。現職の林文子候補もスガの子飼いなのです。






2009年に民主党推薦で立候補し、当選した林文子氏、林市長は当初IR反対を表明しており、それが急展開となりIR推進派となったのは林市長が自民党政権に取り込まれたことが要因です。当時の官房長官である菅義偉が裏で働きかけ反対派に寝返らせたということも周知の事実です。





それがIR反対を打ち出した小此木がスガ総理の前面支援を受けて立候補するとは林市長からすれば驚愕ものの「手の平返し」でしょう。自分にはIR推進を押し付けて、選挙になれば支援せずIR反対候補を立てるのですから林市長の立場がありません。まー自業自得とも言えますが、仁義を尽くされることなくあっさり切り捨てられた林が出馬を見合わせなかったことが、結果的に自民党派分裂し惨敗を喫することになったのですから。



しかし今回は政策や候補者の資質よりも政権政党と野党という看板が前面にあらわれた選挙であることは否めません。そして有権者は野党を選んだことは菅政権への不信不満があらわれているとも言えるでしょう。にもかかわらず、自民党の重鎮どもは来るべき総裁選では菅支持だそうで、どうやら生き残りを模索せず、呉越同舟運命を共にする道を選択したようです。






支持率も20%台に下落したスガ政権、やることなすことすべてデタラメ、反省することもなく忖度していた報道機関も「説明しないスガ総理」と見出しをつけて取り上げるなどスガ下ろしは加速していくばかり。このままでは総選挙で現職総理大臣の落選もあり得ることになりそうですが、意固地なスガや重鎮にはその声は届くことはないのでしょうね。

posted by yuuponshow at 18:10| Comment(2) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする