2021年07月02日

東京都議会選挙の見どころは自民よりも公明党の惨敗に注目

今年は衆議院の任期満期を迎えますので、総選挙は必ず行われることになります。選挙の争点はスガ政権への取り組んできた政策の総括が主となることは間違いないのですが、コロナ対策やオリンピック、経済対策どれを見ても落第点というか、酷い惨状としか言いようがありません。





ここに来て政権支持率もタガが外れたように滑落状態で、ある世論調査によると16%だそうですが、それでもまだ高いな〜と感じてしまうのです。あまりにも酷い政権運営を目の当たりにしているからなのでしょうが、ともかくこの政権に絶望感や危機感を抱く人が増えていることは間違いありません。



そのスガ政権の審判を下す総選挙の前哨戦として行われるのが、今度の日曜日に投開票が行われる東京都議会選挙です。今回は史上最多の271名が立候補していますが、公示前の選挙情勢としては、前回歴史的惨敗を喫した自民党が議会第一党を奪還する勢いであり、その議席は50議席に届くのではと報じられています。



2021東京都議会選挙 公示.PNG


自民党情勢調査最新(先週末)
自民  50
公明  19
立憲  17
都ファ 12
共産  23
その他  6



しかし政権政党として、あまりに杜撰な政策を次々とやらかしておいて、この予想通りに勝たせてしまって良いんでしょうか?もしそうなら都民の有権者の投票動機が一切理解できません。勿論、都政への審判を下す選挙であることは間違いないのですが、反小池が自民党にそっくり流れてしまうのでは意味がありません。前回自民が何で大敗したのか?それを思い出して都民には再考を促したい思いです。



選挙情勢優勢に気を良くしたのか政権重鎮のこの人がまたしても軽口を叩いています。







小池百合子都政について、色々文句言いたいことはあるでしょうが、一般人ならともかく国政の要人がこれですからね。腹の中でどう思おうと勝手ですが、公で言い放つ下劣さには毎度はらわたが煮えくり返る思いです。麻生の舌禍についてはこれに留まりませんが、何せ都議選直前の発言ですからこれが都議選に影響すれば良いのですが、メディアは政権に阿って無視しているのでそれ程大きく騒がれていません。




自民にしろ、都ファにしろ、根本は同じですから、どちらにも票は投じたくはありませんが、国政の出鱈目っぷりからしてしいて選ぶならば都ファですね。とは言え、小池百合子党である都ファの議員も小池がいなくなったら存在感なくなりいずれ消えてなくなる運命です。そんな党に都政を託せるのか?なのですが、実際野党全体(維新覗く)で過半数(64議席)をかろうじて上回る候補者しか擁立していないのですから、l今回の都議選の結果は残念ながら期待できるものにはならないかも知れません。しかしこのままでは自民党を勝たせて調子に乗らせて、悪政が更に加速することになります。ともかく優勢と言われる自民党勢力を削ぐこと!これに尽きると思います。

スポンサーリンク




しかし今回の選挙、自民党もそうですが、自民の腰ぎんちゃく公明党の行方に注目です。これまで全員当選を繰り返すなど圧倒的な組織力を遺憾なく発揮していますが、今回議席をかなり落とすのでは?と報じられています。前回は都ファと連携しながら今回なぜか自民党と選挙協力をするという節操の無さ、それが自民>都ファに票が流れている要因にもなっているのですが、大阪では維新と連携して都構想を後押しして裏切りましたね。この身の変わりよう有権者というか、創価信者はどう思っているのでしょうか?








政策よりも政局優先で、やってることは自民党に負けず劣らず出鱈目ばかり、公明はよく自分たちの政策成果を誇らしげに持ち上げることがありますが、コロナ禍なのにオリンピックをダシに子供を競技会場に一斉動員させようとしたのは非常に拙いものでした。






コロナだけじゃなく、熱中症に陥りやすいこの時期に、更に競技時間も深夜に及ぶものがあり、非常にリスキーが重なります。そして政策ではなく政局で邁進するという最近の公明党の素性がよくあらわれているツイートがこちらです。






かれこれ20年、改ざん隠蔽破棄がまかり通る自民党の腰ぎんちゃくとして生息してきた公明党、やることは姑息で、敵失を狙い足を引っ張ることしか頭にない政党です。消費税も自民党と同様必要不可欠と更なる増税を訴えてますが、消費税導入時には真逆の主張をしていたのですがね。まさに二枚舌ここに極めり!!






日本に政党は数多くあれど、公明党が最もいらない政党です。有権者を平気で裏切る節操の無さ、巨大政党と利権にすり寄りあっさり政策をひっくり返すことも厭わない。有権者におかれてはこの政党に票を投じることは国益を損ねる行為と思っていただきたい。裏切りの歴史を積み重ねる公明党を今回の都議選、そして来るべき総選挙で勢力を大きく削いでいくことが大事です。


posted by yuuponshow at 17:55| Comment(0) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月29日

天皇陛下はパヨク、反日逆賊宣言の自民党工作員

東京五輪開催一ヵ月を切っても、今だ開催是非を巡る議論が絶えませんが、そこに一石を投じる発言が日本はおろか、世界中に大々的に取り上げられることとなりました。







「陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を大変心配されている。国民に不安の声がある中で、(東京オリンピック・パラリンピック)開催が感染拡大につながらないか、懸念されていると拝察している」



西村宮内庁長官が天皇陛下のお心の内を、拝察という形で述べた西村宮内庁長官の会見、あくまで陛下のお言葉ではないとわざわざ注釈しており、これが陛下の代弁であるとは言ってはいないのですが、このコロナ禍の中で、世界各国から選手・関係者・マスコミが大挙押し寄せることになるオリンピック開催などすれば感染拡大することは火を見るより明らかです。陛下(この場合は西村宮内庁長官の拝察)に留まらず、殆どの国民の考えではないでしょうか。



しかし、この会見について首相や官邸は冷ややかな反応を示しています。








いずれも宮内庁長官の会見をにべもない扱いにしてますが、会見の内容を見ると決して中止とか延期しろと言ってる訳ではなく、大丈夫ですか?と心配しているだけです。誰しも思うことを陛下が述べたとして何ら違和感ありません。その陛下のお気持ちを、西村宮内庁長官が拝察というギリギリの方法で発信したことは、コロナ対策がザル過ぎる日本政府に懸念し、出たものと捉えても良いのではないでしょうか。あくまで無視する官邸ですが、世界各国では、この会見を大々的に取り上げられるなど反響はすさまじいものがあります。




この会見に危機感を抱いた自民党工作員共は、陛下ではなく「拝察」した西村宮内庁長官に矛先を向け攻撃開始となるのでした。









陛下の立場として望ましくない、拝察すべきでないとの主張が並べられましたが、普段、憲法改正を主張する連中が、この件だけ陛下の政治的発言は相応しくないと述べているのは滑稽としか言いようがありません。そもそも上の拝察の内容にしても政治的主張などどこにもないのですがね。むしろ責任を痛感した上で、感染防止に努めるよう政府が尽力すべきではないのか?



勝手に拝察しやがって!!と宮内庁長官への批判が集中してますが中には、陛下へ矛先を向けた過激なツイートも見つかりました。




天皇は反日.PNG



トランプや日の丸アイコンって保守層かと思われていましたが、どうやら違うようです。彼らは天皇陛下を敵対視した逆賊であることが推察されます。自民党は崇拝しているが、天皇は逆賊ですか・・・コロナ感染対策は口だけ放置しながら、自分らの利権は何が何でも死守する、これこそ反日逆賊ではありませんかね(笑)


自民党やそれを取り巻くシンパの正体が、今回の宮内庁会見で明らかになったのではないでしょうか?彼らは保守を名乗っていますが、それは保身であり、保守では決してない。天皇陛下の沈痛な思いを理解せず、自分たちに都合の良いように解釈する卑劣な連中なのです。






一か月後に迫った東京五輪で、今回の会見の真意が現われるかも知れません。その時政権やそのシンパは騒ぎ立てることになるのでしょうか。その時こそ彼らは正真正銘の反日逆賊として名を残すことになるでしょう。

posted by yuuponshow at 23:10| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月24日

赤木ファイルは安倍関与には繋がらない!アベサポと当事者による渾身の反撃

森友学園の公文書改ざん事件における一つのカギを握ると言われる赤木ファイルが遂に公開されました。赤木ファイルは自殺した近畿財務局職員である故・赤木俊夫氏が決算文書の改ざんをした経緯を記したものであり、その概要は500ページを超える量になります。犯罪行為である公文書改ざんを強要され、慚愧に堪えない思いで改ざんに着手せざるを得なかった赤木氏の無念をあらわした手記にはどのようなことが記されていたのでしょうか。







報道でも明らかなように改ざんした中には安倍晋三当時の総理大臣夫人の「安倍明恵」氏の名前が記載されており、それが最初に削除したとされています。「私や妻がかかわっていたら総理も議員も辞める!」と言い切った直後だけに安倍前総理にとっては明恵夫人の関与は非常に拙いものでした。いの一番に削除に着手したのはそのセリフの影響が大であることは間違いないでしょう。公文書改ざんは刑法155条の〈公文書偽造罪〉と刑法156条の〈虚偽公文書作成罪〉に該当する極めて重大な犯罪行為です。省庁のエリート揃う中でうっかり改ざんに手を染めるなどあり得ません。組織ぐるみ、そして上役である政治家からの指南は極めて高いものであると言えるでしょう。



私と妻がかかわっていたら・・・.PNG




そして推して知るべしと言うべきか、責任者である当時の佐川理財局長をはじめとする幹部連中は大した処罰も受けずお咎めなし、佐川氏はその後。国税庁長官に出世するなど、犯罪に手を染めた官僚としては異例の出世となりました。こうした人事を着手したのは時の政権であり、政権にとっては佐川氏へ感謝を込めた出世人事と推察されるのは至極当然であると言えます。



ということで私は政権の関与が極めて高いという結論に至りましたが、それを裏付けるかのような政府の姿勢があらわになりました。







再調査はしないし、審議にも応じない。真相解明に後ろ向き、消極的、もう我々が関与しましたと言ってるようなもんで分かりやすいです。そして提出したファイルはお決まりの黒塗り尽くしで、抜かれた箇所があるのではと推測され原告からファイル原本の再開示を求められるなど、溝は深いです。この赤木ファイルに関しては政治家からの関与は記されていないようですが、赤木氏がそこまで追い詰められ、佐川を改ざんに突き動かした最大要因は、強大な指南役がいたからに他なりません。

スポンサーリンク




さて、一方の政権側である自民党ネットサポーターズはこの赤木ファイルについてどう感じたのか?SNSで拾ったアベ応援団の切実な声をご覧ください。









という事で、あらゆる反安倍さんに絡んで、安倍さんは関与していない、野党ガ―とのたまわっております。背景とか経緯とか敗訴とか無視して明確な証拠がないことを言いことに言いたい放題いってます。そして国会議員もどきの足立クンも悪乗りしてこのようなことを呟いています。







そして、そして、森友問題をかき回す張本人も参入してきました。







御用新聞記者の論説を利用して得意げに関与を否定するアベ前総理。呟きの後に(秘書アップ)とわざわざ注釈してるように、いざ突っ込まれたらいつもの如くヒショガー!!!で逃げるつもりでしょうが、論点を逸らした卑怯なやり口です。赤木氏は改ざんに関与してはいるが、学園と交渉した当事者ではないということ。この点からして全容を知らない赤木氏の手記を利用して自分の関与はまったくないと言い張っているのです。



土地取引における経緯も問題ですが、ここで取り上げているのは改ざんの指示があったか無かったかということです。何ならこのツイート通りに国会で釈明してみてはどうか?後ろ向きなご自身や政権幹部の姿勢がこの問題を長引かせていることの自覚もないようで、これが8年にもわたって我が国の宰相であったとは嘆かわしい思いです。これだけではなく桜を見る会、河井問題、何一つ説明も証拠も示さない、どう見積もっても安倍晋三がしっかり絡んでいるとしか思えません。


posted by yuuponshow at 11:03| Comment(2) | 森友加計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする