2021年06月15日

スガ総理の成果を強調する日本のメディアは過保護の親そのもの

イギリスで開催されたG7サミットは無事、閉幕しました。2年ぶりに各国首脳が対面する形で開催されたG7でしたが、我が国のスガ総理に対して国内からは冷ややかな評価がされています。







上の集合写真なんか最も象徴していますが、スガ総理が誰とも話せずポツンと寂しそうに佇んでいる様子です。初参加、英語を話せないなど色々理由を言われており、同情する人もいるようですが、そもそも同情する人たちはスガが最初から総理に相応しいと思っていたのでしょうか?おせじにもコミュニケーション能力など感じられないし、国民の声を聞かない、困窮しているものの声も聞かない、8割が反対するオリンピックもまともな説明もせず強引に進めようとして政権に対する不満は募るばかりです。





そんなスガ総理ですが、ツイッターではG7サミットでリードスピーカーとして主導したと自身の成果を誇らしげに強調しています。








英語どころか普段のたどたどしい日本語でどうしてリードスピーカーできるのか大変謎ですが、これに日本のメディアもまるで忖度したかのような着色した形で成果として報道したようです。







そしてスガ政権の命運を掛けた東京五輪、このG7サミットで協力呼びかけ全首脳が賛同したと日本メディアが報じました。







これが本当であれば、東京五輪絶対推進のスガ総理にとってはこれ以上ない成果であり、政権にとっても追い風となることは間違いないのですが、どうやら感染対策を万全にした条件付きで実施することを支持するとのことです。この辺りスガ政権&国内の報道と大きな隔たりがあると言わざるを得ないでしょう。







それに会議ではスガ総理の発言はなかったとのことで、これでどうやってリードスピーカーしたり主導できるのか摩訶不思議です。








ということで国内向けには成果が出たと強調しているスガ&国内マスコミでしたが、海外からの視点では印象が薄いようです。恫喝と餌で手なずけた日本メディアの情けさなといったらありませんが、このままスガの駒にされては報道の自由度ランキングはダダ下がりすることになるでしょう。そもそも日本には中止の決定権がないと言いながら、主要国に五輪の賛同を得る働きかけをするって大きな矛盾じゃありませんか?スガの総理の資質もそうですが、こんなのにご機嫌伺いして忖度する日本のマスコミは本当に腐りきっています。







上のツイートなんかまさに言い得て妙です。腐りきった政権とメディアには国民からしてますます信用が置けなくなることは間違いありません。

posted by yuuponshow at 23:30| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

論理破錠の菅ポンコツ珍答弁でも平気で擁護するマスコミが民主主義を破壊する

本会議から予算委員会に移り本格的な論戦がスタートした国会審議ですが、学術会議任命拒否を巡る問題において菅政権のデタラメぶりが曝け出すことになりました。







菅がこれまで学術会議の任命拒否で説明というか言い逃れで使ってきた、「総合的、俯瞰的に判断した」という文言が野党側によって論理的に覆されることになりました。それでも次々と辻褄の合わない言い逃れで逃げ切ろうとしたものの、そこから更に矛盾点を突かれて藪蛇になるという無様な体を晒すことになったのです。









大学や男女に偏りなくても任命拒否 17年間内閣委員を務めてきた学者の任命拒否 人事について言えないのに理由を著書で述べてしまった よくもここまで暴いてくれたものですが、これにより菅のデタラメぶりが露呈されることになりました。事の経緯から言って矛盾しまくりなんですよね。思想やら公安やら適当な方便使って菅を擁護してきた自民党工作員もこのデタラメぶりでは擁護するのも厳しいでしょう。









アベやスガに対して阿る意見や主張が目立った学者がはじかれたのです。学術会議の強権的な人事介入で政府に苦言を呈するものを除外して人事を掌握する。これは日本学術会議法と照らし合わせても明確な違法行為です。内閣による違法人事介入を徹底して突き詰めるべきです。






糾弾される側のスガはというと、壊れたテープレコーダーのように「問題ない」「違法ではない」の繰り返し。言葉に詰まったら「お答えを差し控える」更には閣僚や官僚に助け舟を求めて論点逸らしのこれまた言い逃れで時間稼ぎをする有様です。政府側の論理は破錠しているのにともかく乗り切ろうと躍起になる様には怒りしか湧きません。この国会中継を見ている人でスガの見解が正しいと見解出すのがどう捻っても無理なのです詰んでいるのです!





ところがマスコミはこのスガのポンコツぶりを意図して隠し、編集して積極的に論戦している姿しか映していません。NHKなどポンコツ要素を完全に打ち消して編集しています。それどころかスガのデタラメ答弁に一言も言及せず乗り切ったなどと報じる読売新聞、もはやマスコミの体を表しておらず政府の一機関のようにふるまっています。






いくら読売が自民寄りとは言え、こんな論調はない!あからさまな御用論調を平気で述べる全国誌一位の新聞社がこれでは政府にプレッシャーを与えられる訳がありません。そしてスガのデタラメ論調に合わせて弁護答弁を繰り返す官僚一同、まさにアベの時とまるっきり同じことを仕出かしている。これは菅内閣発足から懸念されていたことですが、内閣人事局やマスコミ懇談会など悪しき風習を定着させたことが現在の惨状となっているのです。



国会でボロカスに晒されても国民に周知しなければ翌日涼しい顔して出てこれる訳です。法と秩序を無法化し民主主義を破壊し尽くす今の出鱈目スガ政権を倒すためには野党だけが頑張っても難しい、健全なマスコミによる権力監視が必要です。







海外では間違ったことを間違っていると報じるマスコミの姿勢が当たり前であり、日本が異常なのです。マスコミが政府に阿るなど社会主義国くらいのもんです。民主主義の体を成さなくなった日本に未来などありません。


posted by yuuponshow at 19:13| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月04日

批判に晒されても安倍政権断固支持するマスコミのあからさまな工作活動

安倍政権の支持率が各報道機関において過去最低を記録しているとのことですが、政府が出してくる情報に一貫性がないのだから当然と言えるでしょう。このGotoキャンペーンの見解の相違とか最たるもの言えるでしょうね。



菅 西村.PNG




お盆帰省は危険と言えば、そうではないと言ったり見解に矛盾が生じています。それもこれもコロナ感染再拡大にも拘わらずGotoキャンペーンを強行したことで整合性が取れなくなってしまったことは明白なのですが、にも拘わらず政府のトップ安倍総理は説明する気もなく一切表に出てこず、国会も開かないのですからこんな政府に信用信頼性を抱ける訳がありません。



こんな状況ですから政府に対する各方面からの批判が絶えないのですが、この期に及んでもまだ政府を擁護するマスコミの姿勢にも腹立たしい限りです。TBSのお昼時間にやってる報道ワイドショーのひるおびでは田崎史郎と八代英輝の安倍ちゃんのメシ友コンビがあからさまな安倍擁護を展開したことが、記事として取り上げられ失笑を買っています。









深刻なコロナ感染医療の最前線に立つ現場を知る人間の切実な主張を「迷惑」と切り捨てる田崎史郎、その主張に耳を貸さない政府こそ非難されて然るべきなのに詭弁を振りかざしてエクストリーム擁護とはさすがに他のコメンテーターから苦言を呈されて当然と言えるでしょう。そしてもう一人のメシ友である八代英輝は国会開けば三億費用がかかるというフェイクを垂れ流して印象操作を図りました。







一日三億かかるというのは政権擁護派からのツイートで幾度も目にしますが、これは真っ赤な嘘です。一年間にかかる国会運営費を365で割ったものが三億円と計算されるだけ、つまり国会を開会する方が無駄にならずに済むのです。国際弁護士ともあろうものがこのこと知っていないはずはないでしょうから悪質な印象操作で煙に巻こうとしたのでしょう。しかもこいつ三億が勿体ないから国会より医療費に回すべきだと言ったそうです。それならばアベノマスク やGoToキャンペーンに言えという話だろう。田崎も酷いがこの国際弁護士も相当なクズですね。




こうした八代の無茶な印象操作にも臆することなく元鳥取県知事で総務大臣を務めたことのある片山善博氏は冷静にこう切り捨てました。


「やりたくない人は、みんなそう言うんですよ」


八代の政府擁護はどう見てもエクストリーム、フェイクデマで印象操作するまでもなくこの一言で八代は無様にも轟沈することとなりました。恥を厭わず安倍ちゃんに飼いならされた忠犬共がいくらキャンキャン喚こうが無理筋なのですよ。いい加減にこの目障りな忠犬共を追放して貰いたいものです。




更にテレビのコメンテーターどころではない、驚くべきことに番組自体が政権擁護と化してしまった事案もあるのです。








日曜討論と言いながら、出演している政治家は菅義偉内閣官房長官ただ一人だけ。これでは討論にもならず政府の見解を垂れ流すプロパガンダ放送でしかない!!こんなあからさまな政権擁護番組あって良いのでしょうか?








政府批判が相次ぐなかでのコメンテーターや番組を使っての政府擁護活動ですが、あからさま過ぎてこれらの番組に対して批判が殺到とのことです。メディアへの政治介入が過ぎると却って反発を生む結果となるのですが、安倍政権はそんな助言に耳をはさむ余裕などなくなったのでしょうかね。

posted by yuuponshow at 17:30| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする