2021年09月01日

なぜ情報を提供しない!?新型コロナワクチン推奨あり気のスガ政権

9月になりました。まだ気温も高く、うだるような暑さが続きますが、朝夕になるとやや涼しい空気を感じるようになり秋の気配を感じるようになりました。政治の世界もいよいよ衆議院の任期が迫る中、慌ただしい動きを見せています。







突然流れたこの報道、既に自民党総裁選の候補者が名乗り挙げたところでのまさかの展開ですが、まだ確定ではないので何とも言えません。しかしこの報道に非政権側は当然として、政権擁護側も怒り心頭です。上のツイートにある門田隆将など政権べったり派ですが、さすがにスガを顔にしての総選挙敗北は政権寄り派も厳しいというのは分かっているようです。総選挙前に自民総裁選で首をすげ替えることができれば敗北してもダメージを軽減することができますから、それが強引に総選挙突入と報じてるのだから擁護派とは言え看過できないのでしょう。



政権寄り側からすれば自民党延命のためにも先に総裁選が望ましいというお家の事情なのでしょうが、一般的観点からして、今緊急事態宣言中の最中に解散を打って出るなど常軌を逸した行動だと思います。コロナ対策優先と言いながら総選挙となれば人流の動きが活発化することになるので、なるべく後ろに延ばすべきであり明らかに矛盾してます。それに国会も開かず、総裁選も延ばして論戦を拒み延命を図るならば、これほど愚かな自爆行為はありません。これが実現したら味方からも敵からも総攻撃は必至となりスガの総理生命は無論、議員生命も終わりになるでしょう。まともな判断力があればこんな愚かな行為はしません。まともならば。スガ本人は本日の会見で総裁選前の解散を否定したようですが果たしてどうやるのやら!?

スポンサーリンク




さて、本題となるワクチン是非について語っていきたいと思いますが、ワクチンの信用性というのがここ最近薄らいできていると言われております。「ワクチンを打てばコロナに罹らないし重篤化しない」そういった専門家の主張でしたが、その一方でワクチン接種による重篤化問題が顕著にあらわれるようになりました。







ワクチン接種後に死亡もしくは重篤化した事例が後を絶たず、今までひた隠しにしていたメディアもこぞって取り上げるようになりました。記事によると、亡くなった男性の父親がワクチン接種を勧めたとのことで、ご家族の悲しみは計り知れないものだと思います。ワクチンとの因果関係は明らかではありませんが、この新型コロナワクチンは非常に問題があり過ぎます。






異物の混入など食品関係なら即、回収指示が出るのにワクチンはスルーですか?常識的な判断ならばすぐに接種を止めて検証しなきゃならんでしょう。情報公開もなく問題が無かったかのように引き続きワクチン接種が行われているこの状況、まともじゃありません。そして接種後の死亡・重篤者の人数、予防ワクチンでこれだけの数が出て、因果関係がないなど無茶な論理です。



コロナワクチン 比較.jpg




私は反ワクチンではありません。安全性が確認されたら接種を希望します。が、今のワクチン接種を巡る状況からしてワクチンに対して信用が置けないのです。異物の件と言い、国はネガティブ要素は絶対に伝達しようとしません。とにかく接種あり気で押し進めようとしています。情報隠蔽はスガ政権の常套手段ですが、ワクチンでもそれをやっているのだから信用できる訳ありません。まずは情報開示をしてからでしょう。







ワクチン否定の主張をデマと決めつける河野太郎ワクチン推進担当大臣、しかし治験を経ることなく市場に流れた新薬に対して自信満々に大丈夫だと言い切る神経を疑います。特に妊婦は鎮痛剤に対しても厳しい制限を設けているのに、とにかく打てと言わんばかりのこの態度、名の通りワクチン推進担当大臣だからなのでしょうが、リスク無視の推進あり気を見てどうして信用できるのでしょうか?まさに今の隠蔽政権を象徴する推進大臣の振舞であると言えます。



嘘偽りなく国にあがっている情報をつまびらかに国民に提供し、接種するかしないかは国民一人一人が判断するべきです。そうすれば周りに流されることなく自分の意志で決めることができるのです。ところが国は接種目標を立てて接種あり気で勧めるから信用できないし、却って反発を生むことになる。信用の置けないスガ政権と自民党にはご退場頂くしか道はなさそうです。

posted by yuuponshow at 18:40| Comment(2) | 新型コロナ・ウィルス問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月04日

酸素吸入状態でも自助を強要する暴挙!国民の生命と健康を脅かすスガ政権

先日、私のところにワクチン接種券の通知書が届きました。巷ではワクチン接種が遅れている、接種券が来ないなど騒がれていますが、私の住む地区の自治体では接種に向けた対応が迅速だったようでした。が、私は接種しないことを決めました。家族もおり、仕事上人と会う機会も多いのですが、ワクチン接種におけるこうした現状を知ると、躊躇せざるを得ません。






厚生労働省によると国内でワクチン接種後に死亡者が750人、重篤者2800人あまりだそうです。(令和3年7月21日データ)一方で国民の4割(5000万人)が接種済みであることを考えれば、副反応による致死率はかなり低いものであるとも言えます。しかし死亡者や重篤者の内訳を見ると若い人も多く、基礎疾患などない健康体の人が次々と陥っているということを軽々しく見てはならないと思うのです。そしてプロ野球選手という世間で注目を集める有名人が初めて重篤に陥ってしまったことで、ワクチンへの過度な期待は薄らいだと言えます。


それにこの厚生労働省が公表している死亡者・重篤者の数、ワクチン接種による因果関係は認めていないため、報告されていない死亡者・重篤者はまだたくさんいるのでは?とも言われています。ツイッターのタイムラインで流れてくる死亡者や重篤者の情報量も決して少なくなく、体感的には隠されている方もいるのではないでしょうか。そして悪戯に煽るなという専門家の意見もよく耳にしますが、都合の悪いことを下手に隠蔽せず事例や情報を包み隠さず出すべきであると考えます。

スポンサーリンク




ワクチン同様、その他のコロナ対策における国の対策については杜撰、出鱈目極まりないものです。もはや形骸化してしまったコロナ禍における緊急事態宣言は、国民に自粛だけを求めるだけで経済援助なしですから仕方がありません。従順な国民性と言われる日本人ですが、延々の自粛を要請し続けることはさすがに我慢の限界だと思います。



そんな信用の置けなくなった日本政府ですが、ここに来て驚くべき方針を発表しました。







国や東京都が示したのは、中等症患者は基本的に自宅療養とするもの。これにより入院病床の確保を容易にできるというものですが、中等症は常に酸素吸入が必要な状態であり、医師や看護師の目が届かない在宅療養とはあり得ません。それにその状況で症状が悪化したらどうなるのか?すぐに医療施設に入院できるのか?現在猛威を振るうデルタ株は発症から重症化まであっという間に陥ると聞きます。スガ政権におけるコロナ対策で最悪の方針であり、事実上医療崩壊であることを世に宣言したと見て良いでしょう。







「医療崩壊したら辞職の覚悟はあるか?」
の記者からの問いに何ら根拠を示さず「私はできる」と力強く言い切ったスガ総理ですが、その願いはもろくも崩れ去ってしまいました。言質を取られないよう頓珍漢な返答して責任を取りたくなかったのでしょうが、その小賢しさあざとさも見苦しく映り、もはやアベを出し抜いて史上最悪の宰相として君臨したと言って良いでしょう。




菅 お辞めになった方が.PNG



現場の医療従事者は怒り心頭でしょう。コロナ対策のための分科会を設けながら専門家に意見を聴くこともなく、政権が独断で決定してしまうという驚くべきことも明らかになりました。本来ならば国会を開いて与野党で対応を協議するべきなのに、野党からの追及を嫌って応じる姿勢はありません。野党の意見も分科会の意見にも耳を貸さず独断であり得ない方針を決定してしまう暴挙を仕出かしたのです。これについて野党はもとより身内の与党内からも反発の声が挙がってるようですから、もはやスガに期待を抱ける訳がありません。ところが自民党重鎮はそうした世間の声に耳を傾けることなくスガ絶対支持の方針で固めたようです。







国民の生命と健康を貶めるスガ政権を国民が望んでいるとの幻想が聴こえたとのことで、どうやら自民党は国民を救う気持ちは微塵も無いようです。もはや自浄能力の無い自民党に期待することはできないということがはっきりしたのではないでしょうか。スガ頼りのオリンピックもクラスター発生が明らかとなりました。五輪関係者300人を超える感染者を出してしまい、もはや安心安全には程遠い事態となり、杜撰なコロナ対応が世界から猛烈な批判を浴びることになりそうです。






国民の皆さん、このままスガを放逐したままでよろしいのですか?国民の意思や意見をぶつけても聞く耳持たずのスガ政権に審判を下すにはもはや選挙しかありません!!数カ月後に迫る総選挙で、私たち一人ひとりの票に掛かっているのです!



posted by yuuponshow at 23:00| Comment(2) | 新型コロナ・ウィルス問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月27日

コロナ収束には程遠く、不要な規制で経済にブレーキをかける無能ぶりを曝け出す日本国

先日3地区で同時に行われた国政補欠選挙において野党がすべて勝利し、議席を獲得することになりました。







衆議院の任期満了が今秋に迫る中、3つすべてを野党が奪ったのはとても大きいです。対する与党自民党は、スガ総理として初の国政選挙となりましたが、この結果を非常に深刻に受け止めていることと思いきや、選挙対策の責任者自ら責任を取ることもないようで、代わりもいないしこのままスガでこのままいくそうです。


二階 反省.PNG



おまけに河井夫妻単独による買収事件として責任を擦り付けるとは反省の欠片もないようです。選挙資金の原資は?安倍事務所の人間が選対本部に出入りしていた事実は?これらを一切無かったかのように振舞うから有権者の反感を買ったことも理解できないのですからどうしようもありません。






それにしてもこれだけお粗末な国民をさんざん苦しめるコロナ対応と政党内の不祥事続出そして身内の不祥事が露呈されていながら内閣支持率や政党支持率は40%台を堅持しているという不思議な政権政党です。この摩訶不思議な支持率を頼りに総選挙を突破したいのでしょうが果たしてどうなることやらですね。

スポンサーリンク




コロナ発生から一年以上経過したにも拘わらず、相変わらずPCR検査抑制して、行きあたりばったりの対策しか打てない経験値もくそも無い無能政府がいまだに政権を担っていることがこの国の不幸でしかありません。最初の緊急事態宣言は海のものと山のものともつかず手探り状態だったことで対応が後手になったのは仕方ありませんが、2回目、3回目と発令するも補償もせず同じような後手後手対応なのですから。







コロナと並行してオリンピック開催問題が取りざたされていますが、国内に感染者が蔓延しているのにもかかわらずオリンピックの選手・関係者のために医療従事者を差し出せだそうです。五輪優先、国民は二の次なのでしょうね。それにしてもこのような状況で開催を強行するとか狂気の沙汰としか言いようがありません。







政府も政府なら自治体の長も同様、テーマパークに無観客要請したり、お酒の販売禁止を打ち出したりおかしな政策オンパレードだらけで理解に苦しむ無茶苦茶ぶりです。メディア露出の多い首長に限って無能で出鱈目で訳の分からない規制行為を打ち出すのだからどうしようもありません。そんな無能政府や無能首長に国民は黙って従わう訳がありません。








無茶な要求ばかりの政府や自治体に媚びていては身ぐるみ剥がされるだけです。企業レベルだと締め付けもあって厳しいですが個人レベルでは反発し、自粛要請をつっぱねる動きが出てきました。まともな対策も取らずに自粛要請だけ押し付けるやり方に反発するのは当然です。コロナ収束には程遠く、経済活動にも不要な規制をかけてブレーキをかける無能ぶりを晒すこの連中に従う国民はいなくなるでしょう。



まともな感染対策をすれば良いのに、それをしようとしない国会議員や首長は選挙で落とすしかありません。それを決めるのは有権者です。この出来損ない共を駆逐する力をそれぞれが保持していることを忘れないでいただきたいです。



posted by yuuponshow at 18:45| Comment(0) | 新型コロナ・ウィルス問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする