2020年08月28日

コロナ感染を軽視する安倍応援団への警告

健康状態の不安説が囁かれていた安倍総理ですが、総理を辞するとの会見先ほど拝聴しました。これを受けての感想としては「あまりにも長かったな・・・」の一言に尽きます。長いと感じたのは早く辞めてほしかったのにズルズルと居直っていたからそう感じたのかも知れません。いずれにしても国内は問題山積のままこのタイミングで辞めることで次の総理は大変な課題を背負わされることになるのは避けられません。








そして政権終盤期に自身を取り巻く不祥事が頻繁に勃発したにも拘わらず、知らぬ存ぜぬと逃げまくりで解決せぬまま幕を下ろす安倍政権、ある意味歴史に残る8年にも及ぶ長期政権として語り継がれていくことでしょう。安倍辞任については次回の記事にでも書き綴っていきたいと思いますが、今回は新型コロナ問題について取り上げたいと思います。





国内で感染拡大し蔓延している新型コロナ問題、これが新政権が取り組むべき最重要課題です。コロナ感染に親安倍、反アベは関係ありませんが、親安倍界隈がたびたび唱えていたのがPCR検査の否定論でした。PCRは擬陽性も起こり得る、無駄に検査を増やすことで医療崩壊が起きるといった歪な論を振りかざして推進論者との間でたびたびバトルを繰り広げていましたが、PCR検査の拡大は全世界共通の感染拡大抑止のための最適な手段であるのになぜか日本だけに限ってはこうした論調が巻き起こるおかしな国です。




これに関連して先日芸能人のつるの剛士が新型コロナウィルスに感染したそうですが、彼もいわゆる安倍応援団芸能人枠としてこうしたPCR検査抑制の活動に一躍担っていました。


んだんだ パート2.PNG




つるの自身、大した知識も持ち合わせていないから他人の論に賛同するくらいしかできないのでしょうが、結果的にこういう浅はかな賛同ツイートが後で掘り起こされてしまうのです。つるの剛士はこの主張に反するように自身の症状が思わしくないことでPCR検査を二回も行ったようですが、上記のツイートに賛同するようなことをしては非常にバツが悪い行いであったと言えるでしょうね。








他には爆笑問題の太田光もコロナ検査否定派でしたが、相方とその妻が感染するとすぐさま自費で検査したそうで、橋下といい自分の主張との整合性が取れない人続出です。








なんで検査しなければならないの?という問いかけに対し答えは至極簡単です。自分が感染しているのかを確認しなければいけないから、かかっていたら周りにも迷惑かけないよう隔離施設に入って自分の大切な人たちに感染させないようにする。これマナーであり常識なのですよ。つるのも安倍応援団仲間に影響されて何となく検査否定派になったようですが、自分が感染しているのでは?と感じたら二度も検査受ける徹底ぶり。それもつるのの家族全員PCR検査を受けさせているのですから、PCR検査が自分や家族を守るための最善の対策であることを自ら証明してくれたのですよ。



要するにPCR否定論者は、自分には置き換える想像力が働かず他人事で語っているからそういう主張をしているのです。擬陽性だ、医療崩壊だと騒いでも、咳き込んだり高熱が出たら四の五の言わず検査を受けたがるものなんです。たとえ高額な検査費用を払ってでも。下のようなPCR検査否定論者も自分でかかれば嫌と言うほど分かるもんです。











指定感染症のランクを2から5に引き下げれば特定感染症から外れることになり、コロナ患者の治療費が公費で賄われていたものがすべて自費となります。つるののような安倍応援団富裕層ならばいつどこでもPCR検査できて手厚く対処してくれますが、多くの日本人は4万円とも言われる高額な検査費を支払うことができません。日本はもとより世界中でコロナ蔓延している中であり得ないことですが、安倍政権のPCR抑制策がこうした無知無能な連中に浸透させてしまったことは非常に罪深いことをしたと言えるでしょうね。



安倍政権が終わり、次の政権を担う人物が誰になるのか分かりませんが、まずは新柄コロナ対策に尽力していただくことが最重要課題と言えるでしょう。そのためのPCR検査拡大策こそを積極的に推進してくれることを願ってやみません。



posted by yuuponshow at 22:23| Comment(0) | 新型コロナ・ウィルス問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

政府に都合の悪くなった専門家会議を一新させて更なる情報隠蔽を図る安倍政権

新型コロナウィルスの緊急事態宣言を解除した安倍総理が記者会見を開いて、世界に類を見ない厳しい解除基準を定めて僅か一か月半でほぼ収束させたことは日本モデルの力を示した!と自画自賛したのが先月の5月25日のことです。



日本モデル 安倍.PNG





ところが、一月経過した現状のコロナ感染者数の推移をみると緊急事態宣言発動前よりも増えてしまっている状況です。僅か1ヶ月半で収束させた日本モデルとやらが聞いて呆れます。そもそも検査の拡大もせず現状把握もできてないのに解除とか狂ってるとしか思えません。







宣言解除直近では感染者数はピーク時よりも大幅に減り、一桁の日もありましたが、相変わらず感染経路不明者が多く、検査者数も公表していない状況でしたから政府がいくら収束したと言っても信用できる訳がありません。その政府のコロナ対策における方向性や対策などを協議して、発令の参考とする重要な専門家会議がなぜか解散することになりました。







報道によると緊急事態宣言を早期に切り上げてオリンピックなど経済活動を優先させたい政府と、解除に慎重論を唱えていた専門家と言ったようにいくつかの意見の食い違いが生じたことで疎ましくなった専門家を政府が切ったという経緯のようです。それにしてもいまだ収束おらず、感染者が再増加しているこの時期に解散とは政府の混迷の様が垣間見えるようです。







政府の意見に一々反発し、意見の対立を煽る不届きな専門家など問答無用に切り捨ててやると言いたげな政府の非道な対応ですが、これまでの安倍政権のコロナ対応など見ても都合が悪くなると専門家に責任を押し付けてばかりでした。発熱しても4日間は待機しろと言う謎のルールを押し付けて問題が発生すると、国民や医療関係者が勝手に誤解した等言って方便を垂れて逃げを打っていましたからね。当初は専門家会議で意見が出たと政府が言ってましたが「4日ルール」に科学的根拠がないと専門家会議から異論が噴出したことも後で分かりました。







専門家会議への風当たりが強いときもありましたが、彼らはコロナ収束のための知恵を出し、可能な範囲で最善の方策を提言していました。それを都合よく利用してきたのは政府であり、都合が悪くなると責任を押し付けていたのです。そんな専門家会議も突然解散となった訳ですが、専門家メンバーに解散のことを知らせないとはの配慮も気遣いもなく使い捨てのように扱われて何とも胸糞悪いですね。









今後新たに組成される分科会とやらが、どのようなメンバーとなるのか知りませんが、少なくとも安倍政権の意を汲むメンバーで組成されることは間違いないでしょう。そうなると締め付けがより厳しくなり政権にとって都合の良い情報しか出てこないし、当然議事録なんぞありません。問題点を正しく改善する自浄作用もなく、つまりは国民のためではなく政府のための分科会にしか成り得ません。安倍政権に関しては色んな問題が紛糾してますが、私たちの生活と健康に直接拘わるコロナ問題をこんな隠蔽政府に委ねることに恐怖を感じてなりません。支持とか不支持とか問う前に人の生き死にが係った問題であることを我々は認識しなければなりません。

posted by yuuponshow at 18:00| Comment(0) | 新型コロナ・ウィルス問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

安倍界隈でもてはやされていた医療崩壊ガーの村中璃子女医の信頼度が絶賛滑落中

5月6日までの予定としていた緊急事態宣言が5月31日までの延長となり、再び出口の見えなくなった状況で仕事や活動の再開の目途が立たなくなりました。自粛活動の疲れと、先々の収入の目途がたたず国民の鬱積が蓄積している状況なのに、この国の政府は相変わらず呑気というか他人事のような感じが垣間見えるようです。






給付金支給の開始を8日を8月と言い間違えていることがネット上で話題となっていますが、それよりもNHKが字幕を同時に流してしまってプロンプターで表示されてるカンペ通りに喋っているのバレバレなのですが。これでは総理の言葉に重みも感情もなくただカンペ通り読んだだけだと国民に認識されてしまったのですが、安倍総理や側近、放送局にはそういう配慮もないんですね。



緊急事態宣言延長に伴い、それまで休業を余儀なくされた人が更なる自粛のための費用を新たに工面しなければなりません。にもかかわらず追加補償等の話もなく経済的困窮者が溢れることは避けられません。本当に救われない国になってしまいました。








そもそも検査を渋って感染経路不明の感染者を増大させている時点で出口戦略も見出せる訳ないのですが。軽症者や無症状者は放置で良いと無責任に言い放ち医療崩壊ガーと叫んでいた人たちはどう説明するのでしょうか?医療崩壊の原因は首相官邸を始め検査を渋ってきたこういう連中そのものなのです。このままではコロナでも経済でも立ち行かなくなりますよ!!



そんな医療崩壊ガーと叫び続けてきた連中の信用度信頼は絶賛下落中ですが、その中に村中璃子という最近メディアに引っ張りだこの女医さんもその一人です。









ところが最近になってフェーズが変わったと慌てふためいて検査積極派に寝返った彼女ですが、信念がなく根本も変わっていにようでこのようなツイートを発したことでネットで絶賛叩かれまくりです。






感染症の自覚を疑うアカウントのつぶやきに対し、3時間半も電話を掛け続ける体調なら問題ないから医療機関に迷惑かけるから控えろとリプを返しているのです。実際に診断した訳でもなくツイートだけで判断するこの女医の無責任ぶりが怒りを買ったようで反論リプが押し寄せることとなりました。











これだけではなく拾いきれないくらいの強烈な大量批判リプが寄せられることとなった村中女医、頼みもしないのにわざわざ症状を訴えるアカウントに大人しくしてろと高尚ぶってリプ送っているのですから因果応報と言えますな。この女医さん調子に乗って安倍御用番組にも出演している経緯と、検査を渋る政府官邸の意向を汲んだ主張ばかりでおのずと察することができますね。ずいぶんと安倍シンパ界隈からもてはやされていたようです。



村中璃子 虎の門.PNG




そういえば以前このブログでも取り上げたやはり検査否定派の仲田洋美という女医さんがいましたけど、この方同類と思われていた有本香女史に意味不明な絡み方で喰ってかかっており、そうとうやばい人であると認識されてしまっているようです。あっち界隈の人間関係もよく分かりませんが、まったくもって無様としか言いようがありません。







医療従事者として検査否定を強く主張していていたので方向転換となるとプライドが許さないのは何となく理解できますが、素直に間違いを認めずに悪態をつくことで信頼度は更に滑落していくことでしょう。そう、彼女らを見ているとまさに安倍政権そのものを見ているようです。

posted by yuuponshow at 18:28| Comment(0) | 新型コロナ・ウィルス問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする