2020年02月21日

どっちが本当!?自民党とANAホテル面会後にそれまでと異なる主張内容が報道される

これまで安倍総理が桜を見る会について答えてきた主張を全否定するANAコンチネンタルホテルの文書回答が出てきたことで、この騒動ももはやこれまでかと思われましたが、恐るべしサイコパス安倍は悪びれることなく(ホテルは)一般論を述べただけとにべもなく回答しました。さすがにこの言い逃れは無理かと思われたその後、ANAコンチネンタルの人間が自民党本部を訪れたことが明らかとなりました。自民党幹部がホテルを使用しないなどの脅しが報じられるなど圧力とも捉えられるきな臭い情報も流れる中、ANA側の見解に微妙に食い違いが生じてきました。








それまでは総理の答弁について営業の秘密など申し上げた事実はない!と毅然と否定していたホテル側の主張ですが。






2月20日の読売新聞では、ホテル側のこれまでの主張を覆す情報が紙面に掲載されることになりました。



読売新聞 一般論.PNG



読売の報道によるとホテル側はあくまで一般論として述べただけで立件民主党の辻本議員は拡大解釈したとも捉えられる内容です。これにアベサポ連中は狂喜乱舞となりこぞって形勢逆転と言わんばかりにはしゃぎまくっています。










これらのツイートに自民党応援団アカウント達がぶらさがり立憲や辻本は謝罪しろ!ざまああああああーと賞賛し、はしゃぎたてていますが、ちょっと冷静になってよく考えてほしいのですよね。この読売の記事は自民党とANAが接触した直後であり、唐突に安倍ちゃんの主張に合わせて一般論を振りかざす。これまでとは異なる見解を述べるとはどうにも腑に落ちないのですよ。どうしてもこういう風に勘繰ってしまわずにはいられないのです。








返答しなくなったどころか唐突に出てきた読売の記事、何とも出来すぎと捉えてしまっても仕方ありません。それにこの読売の記事はエビデンスは示していないのですよね。辻本側が公式に文書で回答しているのですから、辻本が拡大解釈したなどと言うならば読売もホテルの広報とのやり取りを文書回答で示せば良いのですよ。これが出来ない時点で辻本側の主張が覆されることはなく、安倍総理の見解同様、読売記事の信憑性は低くならざるを得ないのです。



宛名が空欄や上様など表記した領収書など発行しない。見積書や明細請求書も例外なく主催者側にきちんと発行する。会費は個人一人一人からではなく代表者から支払って貰う。政治家および政治家関連の団体であっても対応を変えることはない。





辻本側が細心の注意を払ってホテル側が言い逃れできない質問をぶつけて、ホテル側もそれに応えて文章回答というこれ以上ないエビデンスに異論を挟む余地などありません。あるとすればホテル側が寝返ってすべて撤回することですが、それやったらホテルの信用にかかわりますからね。それに安倍が主張している例外という主張は政治資金規正法逃れの脱法行為でありそれを認めてしまうとホテルも加担していることになり自らの首を絞めることになります。第一この読売の記事は総理は脱法していますよと公言しているようなものですから、反証として道義的にいかがなものかと思いますよ。



実態は安倍の無茶な主張に無理やり合わさせようとしているのです。恫喝や脅迫を絡めて多くの関係者を巻き込んで押し通そうとする安倍政権は反社会勢力そのものであり、いち早く退陣して貰わなければいけないのですよ!!!
posted by yuuponshow at 18:15| Comment(0) | 桜を見る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

桜を見る会無茶苦茶ぶりが続々露呈されるも悪びれず強引人事のやりたい放題安倍政権

予算委員会において安倍政権や総理当人の出鱈目ぶりが露呈され、国民の懐疑的な思惑が国会に向けられています。そんな状況にも拘わらず、安倍総理は適当に方便を使い脱法行為を容認する始末。政権の倫理観・モラルの欠落が言われて久しいですが、これなんかまさに典型ですね!








更には今回二度目の質疑に立った黒岩議員に対し、またしても苦し紛れに質疑に関係ない久兵衛を持ち出した上で嘘つき呼ばわりと人間としてどうなのか?など言いたい放題、ホテルの規約も読まずにリスク負担のことは規約には書いていない根拠の無いことだと堂々と主張して厚顔無恥ぶりを曝け出し、後で訂正する羽目になりました。それでも懲りることなく久兵衛を連呼するこの様を見せつけられたらこの男が宰相にある日本国いかに異常事態であるかがお分かりいただけるでしょう。









朝令暮改は朝飯前、自分の主張していたことをなかったかのように別の主張に切り替えることも厭わず、もはや怒りしか湧きません。









こんな出鱈目な政権運営が明らかになっても悪びれずに、政権運営を有利に導くあからさまな人事がまたしても閣議決定にて承認されてしまいました。







安倍内閣下における閣僚や役人の起訴案件をことごとく不起訴にしまくった安倍政権の番人と称された黒田検事長が定年退職する2月7日を前に異例というか前代未聞の定年延長を閣議決定してしまい、今まさにIRや公選法違反に拘わる自民党議員連中に追い風となることは必至となりました。総理大臣を逮捕できる検察への人事に介入とは三権分立の崩壊、独裁を止める手立てを失うことになるのです。一部を除くメディアの放置状態も酷いものでこれを異常事態と言わずして何と言うのか!?



ということで今回は要点が定まらない拙い構成となりましたが、安倍政権のあまりに無茶苦茶な答弁と政権運営が次々とあらわになるのですからとても一つに絞って掘り下げて語ることができないのです。国民の一人でもこ安倍政権下の異常事態を深刻に認識して欲しい。それが拡散されることでこの異常政権を崩壊に導くことになると信じているのですから。



posted by yuuponshow at 19:50| Comment(0) | 桜を見る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

桜よりもコロナをやれと言われるアベサポさん、水際対策不十分の安倍政権には言わないの?

予算委員会の一週目が終わりましたが、一方通行の代表質問とは違って論戦を交わす予算委員会はやはり追求する側の迫力が違いますし、同時に政権側の嘘・杜撰さ、出鱈目ぶりが浮き彫りとなりました。桜疑惑勃発から徹底して逃げの一手でしたが通常国会開会となれば逃げる訳にはいかず、案の定質疑で嘘・杜撰さ・出鱈目ぶりを曝け出すことになるのですが、イラつきが頂点に達したのか安倍ちゃんから驚きの発言まで飛び出すことになりました。








募ってはいるが募集はしていない、公開の対象とは書いてるけど公開されるとは書いてないという日本人として到底理解し難い驚くべき答弁を堂々と公言する我が国の宰相です。答弁も驚きですが、安倍事務所への調査要求を何と安倍総理から指名を受けた何の関係もない高市早苗総務大臣が答弁に立たせるなどもはやサイコパス極まれりと言った活躍ぶりです。







しかしこの安倍の突出した異常ぶりが面白可笑しくコミカルに取り上げられることで、桜の真相がオブラートに包まれてしまう懸念もあります。隠し事を必死に誤魔化すために日本語が可笑しかろうが適当な方便で欺くこの男の不誠実な態度に目を向けなければなりません。



こんな安倍ちゃんにシンパ共は苦虫を噛み潰す思いで見守っているのでしょうか。そんな安倍シンパにとって全世界で猛威を振るうコロナウィルスの問題勃発で息を吹き返すことになりました。








不謹慎ながらコロナウィルスは渡りに船、桜問題を始めとした政権批判の鎮静化に活用するには絶好の材料、コロナウィルスが猛威を振るっているのに野党はいい加減にしろー!とDAPPIを始めとした多くのアベサポが野党攻勢を仕掛けており、何と現職の自民党議員までもがツイートしているのです。







しかしそんなアベサポにとって希望の星コロナウィルスですが、既に野党は緊急対策本部を立ち上げ関係省庁に要望を出していたのです。








ということでコロナ対策ガーというアベサポさんの反論はことごとく論破されてしまいました。それどころか野党が要求している厚生労働委員会の開催に政権側が今だに応じていないのだからどちら側がウィルス対策について真摯に向き合っているか分かるでしょう。



現時点で国内で14名もの感染者が発覚していますが、その概要は発祥した中国・武漢からの帰国者や旅行者からの感染であることが明らかとなっています。1月上旬にはコロナ問題が明らかになっていたにも拘わらず、その後に武漢のツアー客を受け入れてバス会社の運転手とガイドが感染するというお粗末さ。そして帰国者をチャーター機で帰還させたのは良いとして、帰国者同士を同じフロアに長時間拘束させたり、空港で簡単な検査をしただけで自宅に帰したりと、ウィルス対策があまりに杜撰、政権の対応の遅れと杜撰さが浮き彫りとなる形となりました。



おまけにチャーター機帰還者には一人8万円の費用を求めようとしましたが、世論の反発で一転無料となりました。当初政権が費用負担を当然と語り、それに追随した大勢のアベサポさんたちがいましたが思いっきり梯子外されることとなりました。今回の事案が非常時であることを踏まえれば無料となるのは至極当然なのですがね、聞いてますか渡邉哲也さん?



渡邉哲也 梯子外される.PNG








こんな状況では東京五輪パラリンピックの開催は危ぶまれることになります。水際での侵入を阻止できなかった政府の失態であり人災となります。自民の一部議員やシンパからは改憲を絡めるように匂わせながら非常事態宣言を発令すべきとの声が渦巻いていますが、公文書の隠蔽改ざん破棄に国民へ嘘を付き続ける安倍政権にこうした権限を与えることが是と言えるのでしょうか?







この政権を存続させると非常に危険であることを認識しているのは私だけではなく多くの日本人が感じているのではないでしょうか?
posted by yuuponshow at 22:51| Comment(2) | 桜を見る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする