2020年05月29日

安倍御用芸能人では風は吹かず、つるの剛士の思わぬ誤算

黒川弘務元検事長の処分決定の経緯が安倍総理と森法相の説明で食い違う問題は前回冒頭で触れましたが、さすがに森法相に安倍主張の丸呑は無理だったようで、国会質疑にて森法相が安倍総理の指示であったことを認めました。稲田検事総長のコメントと併せてもはや言い逃れはできない、安倍の嘘がまた一つ明らかとなりました。







安倍総理の嘘は今に始まったことではありませんが、今回のについても言えることですが嘘も雑になってきましたね。巧妙に辻褄合わせをしていた以前とは違い単なる思いつきで言い逃れしようとしている。だから子分や官僚に無理が生じて誤魔化しきれなくなっている。この政権に係わりを持つだけでも相当リスキーであると言えるでしょうね。森さんには早く安倍の呪縛から逃れて楽になって貰いたいものです。








そんな安倍政権への批判は日に日に募るばかりなのですが、とある芸能人がツイッターで安倍総理お疲れ様と呼びかける運動を起こしていました。







芸能人がこぞって検察庁法改正に反対の声をハッシュタグで発してから劣勢を強いられることとなった安倍政権に追い風と言わんばかりに俳優のつるの武士氏が安倍総理にご苦労さまを皆で呼びかけようとツイートで発したのです。この呼びかけはに賛否両論のリプが寄せられることとなりましたが、つるのの巧妙なところは文中に元民主党で震災当時官房長官を務めた枝野幸男の名前を出していること。野党も称えつつ安倍さんを称えましょうと呼びかけていること。今はいがみ合っている時じゃない、皆で力を合わせてこの難局を乗り切ろうよという一見中立なようですが、政策批判した芸能人に釘を刺している訳です。







ところが震災当時にこのようなツイートを発したことを掘られてしまい、その公平中立を装う戦略に暗雲が漂うことに。有名人だったら過去ツイ掘られることもありますから用心しといた方が良かったですね。あたふたし出したつるのは逆切れとも言うべきこんな驚くべきリプを返しています。













それなりに対処を取らせてもらうとか、過去の不祥事を論うとか応戦したことで、みんなで仲良くやろうよという雰囲気ではなくなりました。そもそも現政権が真摯にコロナ対策に取り組んでくれれば良かったのに、検察庁法改正や種苗法改正とか関係ないことをこっそり推し進める火事場泥棒みたいなことやっているのですからね。マスクも給付金もいまだ届かず、そして持続化給付金はトンネル業者を介していたという報道も流れて驚きを禁じえません。







このような疑獄案件が次々と湧いているのに安倍総理に感謝とか能天気なことよく言えたものです。同じ芸能人からもつるのに向けて皮肉を込めたツイートを発されてしまうことに。







安倍さんを応援しようキャンペーンは安倍シンパやネトサポくらいにしか浸透しなかったようで、検察庁法改正反対の運動に比べればほとんどかすりもしないような状況でした。中立性を装ったのは良かったのですが、批判リプへの応酬は拙かったですね。数々の汚職疑獄案件や嘘について一切語ることなくすっかり安倍シンパとして浸透しているつるの剛士の影響力とやらも大したことないようですね。


posted by yuuponshow at 18:33| Comment(0) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

著名人の怒りの声がメディアを動かす!安倍政権だけのための検察庁法改正を阻止する運動

ここ数日突然トレンドとして浮上してきた #検察庁法改正案に抗議します というツイッターハッシュタグが実に500万ツイートという記録的な数となったのですが、その中に数多くの著名人がこのハッシュタグのツイートしていたことも大きな話題となりネットだけではなく新聞・テレビなどのニュースワイドショーで大きく取り上げられることとなりました。








私の地元・鹿児島の南日本新聞でも、2面ですがしっかり取り上げられています。



小泉きゃりーツイッター.PNG



これだけの大きなムーブメントとなったのは先述したように数多くの著名人が参加したことに尽きます。小泉今日子やきゃりーぱみゅぱみゅといった誰もが知る影響力ある芸能人が政治の法改正について一斉に反対の声を挙げる。普段政治や法律に関心のない人でも一体何事だ?と注目せざるを得なくなり法改正に至る背景を探りたくなる。そうなると安倍総理の黒川検事正の定年延長問題が嫌が上でもクローズアップしてしまうことになります。



火事場泥棒と揶揄されていたように政権はこっそり法改正を目論んでいましたが、これだけ大きな騒ぎになるとは思わなかったでしょう。声を挙げた数多くの芸能人の方には感謝しかありませんが、コロナの影響により芸能活動停止を余儀なくされたことで国内情勢を顧みる機会ができたことも要因と言えるでしょう。自由業である芸能人に決して十分な補償が得られず将来への不安が募り、そして安倍政権のコロナ対策や経済面の対応の拙さを目の当たりにして怒りが爆発した。まさに安倍政権にとっては因果応報とも言えます。



この芸能人の怒りを込めた検事庁法改正のハッシュタグに多くの自民党ネトサポが勇んで絡んでくることとなり。ファン辞めます、芸能人が口出しするな、法案の中身理解してる?、ちゃんと調べてから物言ってね、嫌なら日本から出てけ、このようなしょーもないクソリプばかりですが、一部の芸能人はハッシュタグのツイートを削除せざるを得なくなる事態となりました。




アベ政権批判を匂わす一つの問題提起のツイートに対して条件反射のようにクソリプを投げかけるのは自民党ネットサポーターズの常套手段ですが、その中に政治評論家を名乗る人間までも絡んでいます。











アベ御用ネット放送局であることが名高い文化人放送局MCと恥ずかしげもなく堂々と名乗る加藤清隆、彼はこのアベ政権を貶める拡散運動に相当動揺したのか見境いなく片っ端からハッシュタグツイートに絡んでいきました。著名人は勿論のこと、そこそこフォロワーのある有名アカウントにも容赦なくです。しかし陰部論とか新用語を生み出し、芸能人だから中身は知らないと決めてかかる失礼極まりない差別発言も厭わず掴みかかったことから逆に無知を晒され、悪列極まりない安倍御用シンパとして名を知らしめることとなりました。








同じく安倍御用ジャーナリストの有本香女史も度重なる芸能人の反乱に敏感に反応しており、安倍界隈も相当イラついている様がよく分かります。







この法改正の問題点は政権のさじ加減で定年を引き延ばせることです。そもそも検事はその職務の特殊性からして国家公務員法とすみ分けした形の検事庁法が存在していました。それでも定年延長は時代の変化に合わせてということならばという理屈も分かります。しかし検事の要職である人間にそれを適用すると時の政権の意を汲む人間が要職として長く重用されてしまうことになります。








安倍政権が黒川検事正の定年延長した閣議決定は法律違反との指摘もあり、今回の法改正はその辻褄を合わせるための措置です。










決して国民のためにも検事のためにも国のためにもならない安倍政権だけのための改悪法を与党大勢によりこの先審議を経て法改正が審議通過し可決されることに危惧した非常にまっとうな抗議活動なのです。あきらめずに改悪阻止のために声を挙げていきましょう。大勢の著名人の働きかけで大きなムーブメントとなりメディアでも取り上げられたことで改悪阻止の可能性も見えてくると思います。

posted by yuuponshow at 23:10| Comment(5) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

経済困窮する国民にコジキ呼ばわりする安倍政権に阿る乞食評論家・渡邉哲也さん

安倍政権による一連の新型コロナ対策について全世帯マスク支給と30万円のカラ支給といった支援策の酷さが一般国民にも広く浸透しています。緊急事態宣言を発動したにも関わらず強制力は諸外国に及ばず、何より国民への経済支援を渋りまくりでは何ら効果も期待できません。その反面外面だけは相変わらず良いようです。







拠出金は政府が打ち出した総額108兆円に上るコロナウイルス対応の緊急経済対策の中から捻出されるというのも驚きです。あたかも自国民のために使われると思いきや、その前にその予算の中から海外への支援に回しちゃうとか順序がアベコベ出鱈目です。発展途上国に回す前に国内で予算を使えよ!経済支援が一刻を争う時にとりあえず布マスクで我慢してねとか殺意しか湧きません。一世帯30万とか総額108兆円とか国民向けに気前の良いアドバルーンを上げて実は国民を貶め込む史上最悪の政権です。



これではさすがに政権擁護などできるはずもなく、政権に向けての批判の声が後を絶ちません。今政権を擁護するのは自民党の身内か、利権の恩恵に預かるお友達くらいでしょう。そうした連中にとって安倍批判の声が高まることは目障りであり虫唾が走るのは当然のこと。どんな愚策でも与えられたんなら文句言うな!このコジキめが!と上級国民の立場から思わず本音をポロリと漏らしてしまったのが経済評論家の渡邉哲也です。


渡邊哲也プロフィール.png







さすが自分の結婚式の媒酌人を麻生太郎現副総裁に依頼できるだけある上級国民ですね。下々の連中の不平不満が我慢ならなかったのでしょう。普段の物腰の柔らかい口調が嘘のようにチャンネル桜のエンディング部分で「もっと感謝しろコジキか!」と感情剥き出しでお説教ですからね。渡邉哲也の本性が垣間見えた伝説に残るシーンとなりました。







経済評論家を謳いながら経済的な視点もなく経済支援者に向けた酷い暴言、安倍政権へ数多くの経済政策批判によっぽど腹に据えかねたのでしょうか?ところで渡邉哲也と言えばほんの一月前に医療崩壊ガーと言ってました。







感染者が医療機関に押し寄せれば医療崩壊に繋がる。これ医療崩壊ガーとのたまっていた連中の決まり文句でしたが、コロナ・ウィルスの国内感染者が増大し、感染経路不明者多数に及ぶ今になっては検査をすれば更に崩壊に繋がる訳ですから医療崩壊ガー論は最初から誤りであったということなのです。経済評論家と自称してるくせに知ったかぶって医療分野に首を突っ込んで根拠のないデマを吹聴する、まったく害悪でしかありませんな。







そしてこの男、度々自著本を出版して桜などでPRしてますが、本の中身については中国・韓国ガーに偏っていて経済的観点というよりは嫌韓・嫌中の観点で見た方が良いです。韓国崩壊とか中国大自滅とか願望を込めたようなお題目で事実に照らしたものとは言えません。こんなのをPRしているんだからこれこそ乞食そのものでしょうが!








この男もそうですが、少し前に政策批判をぶち上げていた上念司も大概です。ほんのちょっと国民に寄り添う方針を打ち出すだけで掌返しするのだから政権側としても扱いやすい駒です。それでも首尾一貫して政権擁護を貫く渡邉哲也の面の厚さには叶いませんが。



この男が出演しているチャンネル桜でさえも政権批判を占める割合が多くなっているので、政権擁護に躍起の渡邉への風当たりの場面も結構見かけます。安倍政権崩壊のあかつきにはこの男も消えて無くなってほしいですが、その前に渡邉の無茶で無様な擁護しまくりで袋叩きに遭う姿もじっくり拝ませてもらいたいと思います。

posted by yuuponshow at 18:50| Comment(0) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする