2020年07月27日

もはやカルトとしか見えない安倍称賛同人誌WILLの醜態ぶり

雲隠れして一月以上経過している安倍総理の動向が久々に報じられたこの記事ですが、来月開催予定のG7サミットからの帰国後14日間の「隔離」を免除されるそうです。






新型コロナウイルスの感染拡大防止のため国が設定した帰国後14日間の「隔離」が免除されるとはさすが上級国民の安倍晋三さんですが、しかしいくら何でもそんな優遇しては下々の国民に向けて示しがつかないでしょう。海外からの帰国者が隔離施設にと促されたとき「でも、安倍ちゃんも免除されたよね」と言われて検査員は何と言い訳するのでしょうか?「上級国民様だから免除したんだ!」と堂々と言えるんでしょうかね。総理大臣なのだから国の中枢を司る閣僚や官僚とも接触するのに安倍ちゃん感染源となってコロナばらまいたと分かれば安全保障の観点からして国として機能していないことになりますね。それとも安倍ちゃんは銃弾や感染病も寄せ付けないヒューマノイドか何かでしょうか。



それと感染再拡大が懸念される中、一国に各国首脳が集まるサミットが開催できると思っているのでしょうか?既に欠席を伝えている首脳もいるのにどう考えても無理ですよね。やるとしたらリモートでの開催が現実的なのですが、そうした提案や懸念も開催国に伝えていないのでしょうか?国会も開かず、会見も行わず、とりあえずバカンスして英気を養いたかっただけのようですね。




そして国民に不評だったアベノマスクを今後8000万枚再配布することが決定しています。






市場のマスク不足は解消されているのに敢えて感染防止に役立たない布マスク8000万枚を配布とは・・・8000万枚となれば数百億円レベルの予算規模ですが、すべて随契なのでお友達の業者にお金が注がれることになるのです。この予算を経営がひっ迫している医療機関へ振り分けるとか他のコロナ対策へ有効に使われない理不尽ぶり。こんな無駄で余計なことばかり思いついて止める奴はいなかったのでしょうか?政府の無能ぶりを嘲笑するのを通り越して怒りに打ち震える心境です。










このように国民に対して無能無策ぶりを露呈していながらいまだに安倍ちゃんを賞賛し続けている奇特な支持層は確かにいます。彼らはどんなマイナス要素を突き付けられても聞く耳見る目持たず安倍称賛ソースに頼りそれを信じ込んでしまっているのですから。月刊誌であるWILLなどそうした支持者に支えられた格好の情報ソースと言えるでしょう。そのWILLの今月号ではページを割いてコロナ危機を軽視した内容の記事をあの小川榮太郎が寄稿しています。




WILL 20年9月号.PNG



他の記事一覧を見ると非常に香ばしい題目ばかりで目移りしちゃいますが、今回注目すべきは小川の寄稿文である新型コロナ第二派は来ないという威勢の良い題目です。コロナ禍が猛威を振るった3月から4月にかけての頃よりも首都圏を中心に全国各地感染者は増えているのですが、現状を認識していないのでしょうか?もしかして4月頃に書いたものでしょうか?それとも実は今が第一派ですよと後で言い訳でもするのでしょうか?色々と推測してしまいますが、感染の専門家でもない一介の文筆家による無責任な見解を誌面で大きく取り上げてくれて何とも間の悪いタイミングとしか言いようがないですね。








国民全体が感染して抗体をつくればよいと提言していたコロナを軽視した学者らとの対談形式による寄稿文のようですが、そう言えば首相官邸は現状を深刻な状況にないと言い切ってましたね。さすが安倍称賛同人誌は官邸の意向を汲んでますね。








第二派は来ないという断言も空しく、現状は裏目に出た同人誌のWILLのやらかしっぷりですが、こういうのを有難がって愛読するとかカルト信仰レベルの何物でもありません。せっかくなので今月号の記事寄稿者のツイートも紹介します。







簡単に実行できるパフォーマンスに騙されつい信じ込んでしまった哀れな例です。今の国難に国会も開かず、何ら手も打たず果てには表舞台に出てこなくなった安倍ちゃんの現状をどう認識しているのでしょうか?恐らく何も考えていないのでしょうね。とにかく安倍ちゃん命、安倍ちゃんを非難する者は許せない、こんな思考停止者が集って寄稿しているのがWILLや姉妹誌のHanadaなのです。この有様を醜態と言わずに何と呼べば良いのでしょうか。

posted by yuuponshow at 18:55| Comment(1) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

続・経済困窮する国民にコジキ呼ばわりする安倍政権に阿る乞食評論家・渡邉哲也さん

当ブログで今年4月10日に「経済困窮する国民にコジキ呼ばわりする安倍政権に阿る乞食評論家・渡邉哲也さん」(URL)という記事を掲載しました。内容は渡邉がパネリストとして出演したチャンネル桜の討論番組で経済活動自粛で国民から給付金など金銭の補償を求める姿に対して、「偉そうな乞食」と発言をして大ひんしゅくを買うことになりました。







何度見てもこの発言は衝撃的でした。一応、経済評論家と名乗っている人間が自国民を見下すように乞食呼ばわりする。その癖、安倍政権の度重なる失政に苦言を呈さず擁護し続けるこの男に対して多くの方が見方を変えたと思います。この件でしばらくバッシングが絶えなかった渡邉ですが、衝撃のオンエアから三ヶ月経ち、今度はツイッターで再び乞食発言を仕出かしました。



渡邊哲也プロフィール.png




これに著名なアカウントが上記の渡邉のツイートをエゴサーチした形で次々と反論したことで大炎上に晒されることになります。









「乞食」「韓国」というワードもしっかり組み込まれたチャンネル桜での発言とまったく同じ内容ですが、大炎上に晒されて辟易したのかこのようなことを呟き反論リプを次々とブロックしていきました。お困りで必死で哀れなのはお前だろ(笑)







それにしてもこの男、三ヶ月前の乞食発言で懲りたと思ったのに今になって何で同じこと呟いちゃったんでしょうか?この乞食発言は桜の共演者からも不評を買っているのですが、やっぱり安倍ちゃん命だから呟かずにはいられなかったのでしょうかね。






アベノマスクなんぞ国民からリクエストされた訳でもなくリサーチした訳でもなく、良かれと思って送り付けて不評を買った代物ですから批判されて当然です。何から何までズレまくりの失政ばかり続けて救える命も救えない安倍政権。それに感謝しろとかよく言えたものです。






俺は何度も国民のために救済策を述べていると嘯く渡邉の姿は、今まさに国民に寄り添うと言いながら批判をかわすために雲隠れしている安倍ちゃんそのものと言えるのではないでしょうか。



posted by yuuponshow at 16:35| Comment(0) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

ビジネス保守界で名を馳せている上念司さん、支持層を大幅に失いかねない挑発行為をやらかしてしまう

公選法違反容疑での河井夫妻逮捕を受け、新証言が続々報じられていますが、いつしか本丸である安倍総理へ繋がるリークが流れてくるのも時間の問題かと思われていた矢先に何と現金を受け取った市議さんが顔名前出した上で証言してくれました。







自民党の地方議員が安倍首相が買収にかかわったという驚くべき証言です。安倍首相の名前を出してでも現ナマ買収を敢行した河井元法相を突き動かす動機は背後による指令しかあり得ません。これまでの相次ぐ不祥事疑惑でも政権中枢に影響が及ばないよう調整してきたのが、ここに来て脇の甘さを露呈するとは、政権の締め付けが行き届かなくなった証とも言えるでしょう。1億5000万もの法外な選挙資金や安倍事務所秘書の選挙介入など状況証拠からして安倍首相の関与は間違いありません。もはやこれで関与していないと無理強いに言い張れるのは下にある自民党工作員くらいのものと言えるでしょう。








安倍を愛する彼らには大変酷ですが、これまだ新しい証言出てきますよ。安倍首相にかかわるあらゆる疑獄案件の中でも、これほど証言や物証が噴出する案件はありません。おまけに検察が捜査に着手しているのだから河井夫妻だけを締め上げてシャンシャンでは済む訳がありません。おまけに安倍首相や官邸にかかわる新証言が続々と噴出しており、もはや健全な政権運営はできない状態となっています。一体いつ辞めるのか否、一刻も早く辞めさせないかん状況ですよ。









そんな出鱈目三昧し放題の安倍首相を応援している人もいまだ存在しているから驚きです。自称・経済評論家であらせられる上念司先生もそのお一人ですが、この上念先生が虎ノ門ニュース出演時にとある人物から思わぬ攻撃を仕掛けられることとなりました。







日本第一党党首であり、東京都知事選に出馬中の桜井誠候補が街宣車で乗り付け上念先生への抗議活動を開始したことで一時放送が中断となってしまう妨害行為を仕掛けられたのです。とんだ言いがかりでさぞ大変だったでしょうが、どうやらこの講義街宣の原因を作ったのが上念先生ご本人であることが分かったのです。







上念先生がツイッターで桜井誠に向けての見解というか罵詈雑言を並べ立てて挑発していたところ、桜井側が乗り込んで抗議すると予告があったようです。すると上念先生も番組内で「いつでも来い返り討ちにする!」としたもんだから火に油を注ぐこととなり今回の騒動に至った訳です。それにしても虎ノ門ニュースも桜井抗議をこれ見よがしと言わんばかりに桜井誠に関する動画やフリップなど用意周到したところを見ると利用する気満々でしたね。番組内で散々桜井誠は出せないと言っていたのに。



上念先生.PNG




しかしこの放送回での上念先生への反発がより強まることとなり、上念先生のツイッターアカウントには批判リプが殺到することとなりました。そしてその批判は放送した虎ノ門ニュースにも向けられることに。フリップで使った記事が、これまで偏向報道と散々非難してきた朝日・毎日・神奈川新聞のものであり、都合の良いところを切り抜いて番組で使われたのでは他メディアに偏向報道などと高尚ぶる資格などありませんね。出演者からも苦言を呈されています。







おまけに動画の所有者から勝手に使われたと抗議され所有者に無断で使用していたことが明らかとなりました。報道番組と名乗りながら無断で動画を拝借したとなれば虎ノ門ニュースという番組自体の信頼性にも関わる重大な問題となりそうです。








それに上念先生、桜井誠のことをとやかく言う前に出演者との不協和音を何とかしないといけないんじゃないですか?パヨク叩きで商売やっていたのに、同業者から嫌われては食い扶持を減らすことに繋がりかねませんよ。








ズバズバと歯に衣着せぬ言動でビジネス保守界に参上した上念司さんですが、今回のいざこざが祟ってそれまで支持してきた層からの反発を買うこととなりました。桜井誠に粘着している暇があったら国体を破壊し尽くす安倍総理に一言二言苦言を呈すれば良いのですが、安倍ちゃんのお友達が経営している加計学園の客員教授やってるようじゃ無理ですかね。左からはもとより右から絶賛叩かれまくりの上念司先生、安倍政権同様、その太鼓持ちも失態を重ねやがて消えゆく運命となるのでしょうか。




posted by yuuponshow at 23:05| Comment(2) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする