2021年01月08日

哀れ上念司さんDHC番組をすべて降板、そこは不自由な言論を強いられる場だった!

年明けからコロナ感染拡大が加速し、先日は東京都で2447人、日本全体で7570人の陽性が判明しました。一日での感染者数を大幅に超え、今日も東京は2000人を超える事態となりもはや一刻の猶予も許さない状況となりました。これを受けて政府は首都圏一都三県限定での緊急事態宣言を発令することとなりましたが、その中身を見ると本気で感染防止をしたいのか疑問符がつく内容でした。





休業などの自粛を強いられる企業やお店については、特段支援を手厚く強化する訳でもなく逆に支援が打ち切りになるという矛盾が生じています。





その緊急事態宣言の再発令について質疑する衆参の議運委員会に菅総理は欠席、国の一大事になに欠席してるんでしょうかね理解に苦しみます。そもそもやる気あれば前倒しで国会開会しているのですから、やる気がないのでしょう。国民を安心させるだけの言葉もかけられず、給付も絞りに絞って痛みを強いてばかりのこの男が今の首相であることが国民の何よりの不幸であると言えるでしょう。やる気がないなら辞めてもらうしかないし国民にとって迷惑極まりない存在でしかない!!

スポンサーリンク




話は替わりまして、安倍御用ワイドショーとして知られる虎ノ門ニュースの人気コメンテーター、そしてニュース女子の司会者として人気を博しておられた上念司さんがいずれの番組とも降板という衝撃的なニュースが飛び込んできました。




ツイートにもあるように、虎ノ門やニュース女子スポンサーであるDHCから切られたとのことです。原因は百田尚樹を中心とした虎ノ門界隈が米大統領選挙を不正選挙と決めつけ、異論を発した上念さんやKAZUYAが百田から糾弾され、そのシンパからも寄ってたかって批判や罵倒に晒されることとなり、これが尾を引く形で降ろされることとなったのです。つい先日ニュース女子で新年一発目の司会を笑顔を絶えなく振りまきながら務めたばかりなのにあっさり降板させるとは何とも無慈悲ですね。


上念さんニュース女子最後の出演.png



あちら界隈の勢力的には百田尚樹の影響力が強いようで、それにべったり寄り添う有本香女史の2トップがDHC番組のスポークスマン的な存在となっているようです。一方降板させられた上念さんは直接的な不平不満をぶちまけることはありませんが、百田に向けた辛辣なツイートをリツイートをしていました。これが上念さんなりの精一杯の抵抗なのでしょうか、あちら側の勢力図がよくわかりますね。


上念 リツイート.PNG



とはいえ、降板を決めたのはDHCです。視聴者の声があまりに多かったとの声を尊重したとのことですが、DHCは民放の忖度による偏向報道を正す為に自由な言論の場を提供すると謳っていた割にはそれとは程遠い決断と言えるのではないでしょうか。むしろ先鋭化し過ぎて民放が健全に見えるくらいです。





DHCと言えば昨年暮れに社長がサントリーに刃を向けた差別発言が記憶に新しく、こうした会社の方針が様々な軋轢が生じるのは至極当然と言えるでしょう。降板騒動の発端となった米大統領選はトランプの敗北宣言により一応の決着となりましたが、社長やこの人が幅を利かせている限り公正公平には程遠い不自由な言論を強いられることになるのでしょうね。

posted by yuuponshow at 18:08| Comment(0) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

安倍の擁護に疲れたアベサポ間で仁義なき抗争勃発

これまでお伝えした通り桜を見る会での新局面で安倍前総理が国会で嘘を付き続けていたという問題。身内である自民党や連立を組む公明党、盟友の維新創設者である橋下徹からも手厳しい声が挙がっています。







それまでのシンパが手のひらを返すような態度で、驚くべき展開ですが、これを擁護するのはさすがに無理があります。下手に庇ったら批判に晒されるのは当然、こういうシンパのためにも安倍前総理におかれては速やかに議員辞職していただきたいものです。しかしサイコパスの気がある安倍さんですから気にする素振りもなくやり過ごすことも考えられます。それならそれで河井夫妻の件やモリカケ等これまでの国会答弁を再検証して徹底追及していくだけです。菅総理も官房長官時代は前面に立って前総理をかばい続けてきたのですからただでは済みません。両者とも真相解明まで徹底追及あるのみです!!

スポンサーリンク





そんな追い詰められた安倍総理を慕う著名人たちは心中穏やかではないはずですが、どうも安倍さんの心配よりもシンパ同志での対立構造ができており、仁義なき抗争が勃発しているようです。







作家の百田尚樹がユーチューバーのKAZUYAを訴えるという何とも物騒な展開となりました。事の経緯は米大統領選のバイデン勝利の結果を受け止めようと発言したことに腹をたてた百田との間で論争に発展し、遂には裁判にまで話が及んだようです。







そして何故か有本香女史までもKAZUYAを訴えることに・・百田の盟友だからなのか一体何が何だか訳わかりませんね( ̄▽ ̄)







それにしても主張の違いからいざこざとなり裁判にまで発展するとか百田の癇癪かなりヤバイですね。敵対する勢力から散々攻撃されてきたのにその連中はスルーして虎ノ門の盟友であるKazuyaにはいざこざだけで訴えるとは、あちら界隈の絆というものはこんなもろいものだったということですね。この脅迫じみた訴訟に対して同じ虎ノ門ファミリーがたしなめるようなツイートを発しています。






名前は出さずともあの人とあの人のことを指しているのは一目瞭然ですが、上念さんらしく名前を出さず逃げ道をしっかり確保するしたたかさが伺えます。


虎ノ門.PNG



このまま虎ノ門は空中分解するのでしょうか?そうなったら・・・喜ばしいことですね。あちら界隈が互いに論争繰り広げて共倒れになれば言うことありませんから。もはや擁護すらできない状況となったアベ前総理を慕っていたアベちゃんシンパ同士の抗争ですが、アベちゃんがこうなってしまって、あちら界隈はもはや理性や論理などどうでも良くなったのでしょうね。感情あらわに見苦しい内ゲバとは哀れとしか言いようがありません。


posted by yuuponshow at 17:55| Comment(0) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

悲報、上念司さんがネットから拾ったデマ情報を拡散してしまう

前回の記事でフジテレビの平井文夫上席論説委員のデマゴークについて書きましたが、部下に謝罪させて本人は知らん顔。デマゴーク拡散の後バツが悪いのかそのことにも触れずツイッターも更新していません。しかし本人謝ることすらできないフジテレビのガバナンス非常に問題ありと言えますね。






菅政権への糾弾を逸らすためなりふり構わず学術会議の悪評を吹聴したまでは良かったが、デマはいかんですね。これにより平井はネットやメディアでコテンパンに叩かれ、国会でも問題にされる有様でした。自民応援団の姑息な論点ずらしに惑わされないようにしなければなりません。連中はデマだと分かってもしれっと拡散するから始末が悪いのです。



平井が大人しくなっても自民党工作員による論点逸らし攻勢はまだまだ続きます。それもこれまで学術会議の存在すら知らなかったような連中が、さも状況を知り尽くしているかのような振る舞いで学術会議の闇を説いているのですから失笑ものでしかありません。そんな一人である経済評論家・上念司さんがトンデモ学術論を振りかざしておりました。






DAPPIとの共同作業とも言える自民党工作員の強力なインフルエンサー2名がタッグを組んだこのツイートの内容とは、学者の標準学術評価ツールとされるスコーパスという基準で調べると国際的学者とは呼べない計測可能なのだそうです。学術知識など大抵の人は無理解でしょうから、これが学術会議選考から漏れた学者のレベルだと拡散されリツイートされたのです。


この中でスコーパスという聞きなれないワードが出てきましたが、これは世界最大級の抄録・引用文献データベースだそうで、全分野(科学・技術・医学・社会科学・人文科学)、世界5,000以上の出版社の22,000誌以上のジャーナルと90,000タイトル以上のブックを収録しているものです。そしてもう一つのワードであるH-indexは、そのスコーパスに登録されている学者の文献・論文などの被引用数や論文の引用割合を示す数値となります。要するに、今回選考拒否された学者さんたちはその数値が著しく低いか、評価すらできないレベルであると上念さんが申しておる訳です。




ところがこれに対してこの主張はデマであるというご指摘が大挙押し寄せることとなりました。







スコーパスは科学技術のためのもので、日本語や人文学研究はほぼ扱わないツールで、学者全体の評価を示すものではありません。数値が出ていなくても仕方ないと言われるものです。ドヤ顔ではしゃぐ上念さんとそれを喜び勇んでツイートするDAPPI、スコーパスは学者の指標として網羅するツールであるかのようなデマ拡散共の目論見は脆くも崩れ去ることになるのでした。



そもそも上念さんがスコーパスなど最初から知っていたのかということですが、どうやらこのアカウントの知恵を頂戴していたようです。


理系猿.png



この理系猿というアカウントが上記のツイートでスコーパスを引き合いにして国際レベルの学者とは呼べないレベルと吹聴したことで、多方面から突っ込みが入り問題となったツイートはDELETE(削除)される事態となりました。






ツイッターから情報を引っ張るのはよくあることですが、上念さん評論家と自称していながらご本人もやっていたのですか。やってもいいけどもっと情報を精査しとかないと評論家を名乗っていながらどうなのでしょうか?しかし自民御用限定とはいえ虎ノ門ニュースで拡散したことは謝るべきではないでしょうか?







あまり地上波に出ないから、それ程注目されていないだからなのでしょうか。上念司さんのデマ拡散は目に余るものがあります。






出所元もきちんと調べもせず、デマ拡散しても謝らないこんなレベルのツイートを延々の垂れ流す上念司。政治家の資質を正すのも大事ですが、こうした論評家たちの資質をも問いただすべきではないですかね。平井にしろ上念にしろ政権擁護に勤しんで色んな情報源から探り出して拡散して、デマと分かっても謝らない。平井は当然ながらたとえ地上波に及びがかからないレベルの上念でも糾弾する場を設けるべきではないですかね。







このように菅の政策に異論も出さず、なんでもかんでもすり寄るケツ舐め評論家ですが、こういうのにも今だシンパというのがいるんですよね。彼らはデマでも自分たちの主張に沿ったものならばそちらを信じてしまうのでしょう。こういう悪質インフルエンサーを駆逐しないことには正しい主張も潰されてしまうことになるのですよ。



posted by yuuponshow at 19:15| Comment(0) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする