2020年02月25日

どうなる安倍政権応援団!?界隈の迷走ぶりを陳列してみました

新コロナウィルスのお粗末というかあまりに出鱈目杜撰な政府対応がメディアでも大きく報じられることとなり、それに合わせてそれまで政権を批判していた層だけではなく、何となくと言うかやんわりと支持していた層からも批判の声が高まるようになり、更に「安倍応援団」と呼ばれる熱烈政権支持者からの批判の声も後を絶ちません。



安倍 中国人訪日歓迎.PNG



問題が発覚しても、しばらくの間は渡航制限を行うことなく中国様外国人様頼りのインバウンド政策を止めることなく観光客をどしどし受け入れ、いざ国内での感染が拡大したら、武漢の渡航歴や重篤でなければ受診できないという荒技を使って感染者の数を増やさない悪知恵を働く醜悪ぶり。これにより感染者増加は抑えられたものの他の国に比べて受診者が圧倒的に少ないことがよくわかります。








安倍総理に至ってはほんのちょっと対策会議に足を踏み入れてその後はお友達との連夜の宴会に講じていては誰だって反感を買われて当然です。










先述したように熱烈政権支持者である安倍応援団と言われる人たちの批判の声も高まりつつあります。その先鋒とも言うべきツイッターで積極的に発信しているのが百田尚樹なのですが、いまだに政権擁護している人間にも遠慮せず噛みついておりなかなかすさまじい内ゲバ状態です。








安倍の忠犬・小川榮太郎や上念司に噛みついたりと随分派手に立ち回っていますが、何と!公職選挙法に抵触する事案までバラしてしまいました。安倍応援団との軋轢はもとより官邸からも睨まれる事態に発展しそうですが本人はお構いなしのようです。しかし(公選法違反を指して)それは許そうとか言うあたり安倍応援団に相応しく常識の欠落ぶりが垣間見えて興味深いです。



上のツイートでも取り上げられている石平ははっきりと安倍支持を止めたと断言しています。







出版物などで百田とコンビを組むことの多い有本香女史は百田のように政権批判はせずむしろ擁護にまわってますが、日々政権批判が募ることでの鬱憤を晴らしたいのかクルーズ船乗客に向けて恨み節とも言える驚くべき自己責任論を振りかざしました。これ自民党議員が発言したら辞任に相当するレベルですが、安倍応援団はそれすらも理解できないようですね。








さて最後にこのブログでもたびたび取り上げている遠藤健太郎のブログを紹介します。認知度はあまり高くありませんが、人気ブログラング(政治部門)で10位圏内に位置する安倍応援団ブログでしてこちらは更に過激で安倍を死刑にせよ!と怒りを露わにしています。




遠藤健太郎オフィシャルブログ 天皇弥栄 皇紀2680年(令和2年)2月23日





無能な厚生労働省と法務省を見逃し、政府・与党一丸となって中共に魂を売り渡すにまで及んだ安倍政権のせいで、新型コロナウイルスの感染拡大を許してしまったわが国は、今上陛下御即位から初の天長節に於いて一般参賀を中止せざるを得ない状況を生み出しました。



これはもはや、敢えていいすぎてみますが刑法第七十七条の「内乱に関する罪」に当たり、責任者である安倍晋三首相を死刑、または無期禁固に処さねばなりません。とうとうこんなことを申す日がこようとは、情けない限りです。




可愛さ余って憎さ百倍という例えがありますが、期待していた分失望を感じると過激に反感を抱くことになる典型とも言えます。これもすべては安倍自身の資質の問題であり、あまりの失政ぶりを目の当たりにしたら誰でも批判に転じるのは当然のことです。それでもまだ擁護するイタい人もいるようですが。安倍ちゃん自身も早急に退陣しなければ自身に大変な災いが降りかかるのではないでしょうか?
posted by yuuponshow at 22:50| Comment(0) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

安倍政権の無策失政続きに安倍応援団識者達が遂に反旗を翻すことに!?

国会において連日続いている桜を見る会追求ですが、先日の辻本清美議員より核心的とも言える質疑により安倍総理の嘘がまた一つ明らかとなりました。







安倍政権下で行われた桜を見る会前夜祭において過去三度使用したANAインターコンチネンタルホテルにおいて、これまで安倍総理が述べていた桜を見る会前夜祭におけるホテルとのやり取りについてすべて否定する見解を文章で回答を得たことを突き付けられることとなりました。




宛名が空欄や上様など表記した領収書など発行しない。見積書や明細請求書も例外なく主催者側にきちんと発行する。会費は個人一人一人からではなく代表者から支払って貰う。政治家および政治家関連の団体であっても対応を変えることはない。これはANAコンチネンタルホテルからの正式回答であり何ら例外など認めないというお墨付きのものです。



この正式回答を受けて安倍総理は時間を置いて、安倍事務所がANAホテルから電話回答を受けたことを報告した上で、辻本氏が示した文書回答は一般論であり、例外があるような含みのある答弁を行ったものの、何とその日のうちにホテル側がマスコミを通じて首相答弁を否定することとなりました。



首相答弁は違うホテル見解.PNG



もはや弁解の余地などなく安倍総理が虚偽答弁を行ったことは明確であり言い逃れはできない・・はずなのですが、サイコパス安倍は矛盾点を指摘されても悪びれることなくこれまでの主張を繰り返すだけ。総理側からホテル側からの文章回答を要求しても拒否する有様で、ここまで突きつけられれば辞めざるを得ないのですが、堂々と開き直り居座る様は異常でありおぞましい光景としか言いようがありません。



この異常でおぞましい状況にも拘わらず安倍応援団はそれがどうした?と言わんばかりに相も変わらずの野党叩きに終始。こんなのをのさばらしている連中も安倍共々醜悪であり災害そのものであると言えるでしょう。







しかしそれまでの熱烈なシンパから足を洗いつつある言動をするこれまで政権寄りだった識者もちらほら出始めています。











いずれも国内に新型コロナウィルスを広く拡散させてしまった政府対応への批判を述べておりますが、これまで何ら否定的見解を述べることのなかっただけに何とも衝撃的と言えます。桜やIR疑獄など自分らには直接関係ない対岸の見世物でしたが、健康や生命に拘わる新型コロナの政府対応のお粗末さにはさすがに苦言を呈さない訳にはいかないということでしょう。



それにDAPPIやMi2のような素性が明らかでない無責任放言とは違って発言に責任が生じる訳ですから、下手に擁護すると自分に批判が降りかかる恐れもあります。ここ最近の安倍政権の失政があまりにお粗末過ぎるのも原因と言えます。こうした識者はツイッターのフォロワーも多く同じ政権擁護者が多いのですが、政権批判の展開にフォロワーも戸惑っている様子が伺えます。








コロナウィルスの被害が今後も拡大すれば安倍支持者も目を覚ますかも知れません。これを見る限りあまり熱心に対応しているとは言えませんからね。






あらゆる面での政府対応が杜撰で後手後手なのを目の当たりにすれば金目の繋がりでもない限り支持などできる訳ないでしょう。そんな常識的な感覚を持つ人が増えていけば安倍政権倒閣など普通に実現するのです。


posted by yuuponshow at 18:57| Comment(0) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

無見識無教養吉本芸人が幅を利かして政治を語る暗黒時代

人を笑わすことが生業であるはずのお笑い芸人が真面目な政治や事件を扱うワイドショーのコメンテーターとして出演している番組が最近増えています。というか今のワイドショーは殆どその傾向にあるようです。諸問題に見識が広く専門的知識を持つ評論家と比べて知識が深い訳ではないが、芸人ならではの視点から面白く共感できるコメントが欲しいというテレビ側の判断なのでしょうが、こういう傾向あまり好きにはなれません。




全盛期のたけしやさんま、タモリとかが真面目な顔してコメンテーターやっていたらと想像すると萎えてしまいます。今でこそこうした大御所も違う分野でコメンテーターを含めた活動の場を広げることになり、それに乗じてそこそこ名の知れた芸人がネクタイを締めて番組の進行をしたり、コメンテーターとして名を連ねたりしていますが、出てくるコメントが評論家など比べるまでもなく一般人にすら劣るレベルの低さにうんざりするばかりでテレビの劣化を感じずにはいられません。




そんな訳でテレビなど見る機会もなくなりましたが、ネットで拡散されている吉本芸人のほんこんが先の選挙でれいわ新選組と山本太郎代表の政策を酷評する動画が大きな反響を呼んでいるようです。








れいわ新選組やその代表である山本太郎は国防を語っていないと辛辣に捲し立てるほんこんですが、そもそも国防の定義すら理解していないように見受けられます。ミサイル買って戦闘機買ってドンパチやらかすことしか考えていないのでしょう。国防に最も効果があるのが自国の経済成長に尽きるのにそれすら分からず国防ガーとか本気で言ってるのならば無教養で見識の狭い芸人と言わざるを得ません。




せめてれいわの活動やら公約など詳らかに情報を習得しての批判なら分かりますが、このように国防についてもはっきりモノ申しており、ほんこんが片手間な見識だけで物を語っているかが垣間見えます。









ほんこんと言えば右寄りの言論が目立っていたこともありかつて虎ノ門ニュースにゲスト出演していたこともありましたが、こういう無教養レベルが重宝されるあたり似非保守界隈のレベルの低さが垣間見えるようです。



ほんこん 虎ノ門.PNG




よく考えてみれば山本太郎も元芸人ですが、芸人を辞めて政治家となった今では政治におけるあらゆる分野において広く深い知識を習得しており、おまけに弁も立つので片手間に政治を語っている芸人とは比べ物になりません。こういうレベルの低いタレントがメディアで無責任に発言することで歪曲された情報が拡散されることはメディアの大きな罪と言えるでしょう。せめてレベルの低いタレントを討論で対峙させることで視聴者が正しい判断を仰ぐことになるのですが下手すれば赤っ恥かいてテレビに出られなくなるから無理でしょうかね。




巷で闇営業が話題の吉本芸人ですが、何千万人もが視聴するメディアを使ってどや顔で無教養を晒し続けることの方が大問題ではないでしょうか。



posted by yuuponshow at 18:53| Comment(2) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする