2019年01月08日

辺野古の生体物は全部移植したと大見得をきる安倍の逃げは許されない!

年末で記事にした辺野古移転反対のホワイトハウス署名活動は締め切り間際になってどうやら20万に届いたようです。




辺野古 署名20万突破.PNG



タレントのローラが署名呼びかけをしたところ大きな反響を呼び賛否両論入り乱れる展開となりましたが、それに呼応するかのようにクイーンのギタリスト、ブライアン・メイを始めとした数多くの外国の識者も署名を呼び掛けることとなり全世界に署名運動が拡散されることとなりました。そういった点において辺野古移転阻止の署名活動は大成功と言えるでしょう。



ブライアンメイ 署名.PNG





一方、その声に耳を傾けず辺野古移転を強行する我が国の総理大臣が釈明で度々用いられている台詞が「危険の除去」です。住宅街にある世界で最も危険と言われている普天間基地の危険を除去するための移転措置と釈明していますが、辺野古の埋立地はヘドロ土壌であることと滑走路の短さが懸念されており移転に伴う普天間の返還は保障されている訳ではないので普天間の代替になるかは不透明です。




それでも方便を駆使して辺野古移転を正当化しようとする安倍総理ですが、また物議を醸すこんな発言をやらかしました。







生息する珊瑚や海洋生物を他に移す作業をしていたとは初耳ですが、これについてツイッターでは嘘つきと批判の声が殺到し、管轄する沖縄県知事が安倍の主張を否定するツイートを発することとなりました。







辺野古埋立地に生息している海洋生物は移植したのか?してないのか?ここで新たな検証問題が投げかけられることとなりましたが、実は辺野古埋立地の生息物の移設は完了しているという反政府機関紙として名高い地元・沖縄タイムスの記事ですらも取り上げているようにソースも明確にされており、一見安倍の主張は正しいようにも思えます。








ところがこれについても否定の見解が寄せられています。
















移植目的の採取は原則禁止、管轄する水産課では生息物の採捕許可は出していない、沖縄県は採捕不許可、珊瑚は死滅した。でも移植は完了した?いったいどれが本当なのでしょうか?




「辺野古のサンゴ」は本当に移植されたのか 安倍首相発言の真偽、地元に聞いた J-CASTニュース 2018/1/8(URL)


上記のネット記事によると沖縄防衛局の水産課の説明では珊瑚の移植は完了しているが、絶滅危惧種の9種類だけであり、沖縄県が埋立承認の撤回をしたことから再度埋立申請中とのことです。しかしこの記事が本当ならば埋立地にある数多くの生体物は移植せずそのまま放置しているということになります。しかもを砂浜の絶滅危惧種の一種である巻貝などを熊手ですくって移植したと軽々しく扱う信じがたい内容も書かれています。この記事内容自体が眉唾ものであり、この点を踏まえメディアがしっかり検証する必要はあると言えるでしょう。




珊瑚等の生体物は安倍総理自ら移植したと大見得をきったのですから、真偽の程をじっくり検証しなければなりませんが、上記の点を詳らかにすると安倍の方便である可能性が極めて高いです。しかしいつものように言い逃れをしながら有耶無耶にするかも知れません。しかし移設反対署名に20万人も集まり、多くの関心が寄せられ環境破壊の観点からも無視できなくなったこの問題から逃げることは許してはなりません。


posted by yuuponshow at 22:55| Comment(0) | 沖縄基地問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

署名活動を煽動したローラに勉強不足と指摘する芸能人の知識のなさ

辺野古工事の埋立反対署名運動をSNSで呼びかけたインスタグラム500万のフォロワーを抱えるタレントのローラへの批判について前回記しましたが、ローラへの批判は衰えることなくネットだけではなくテレビでも巻き起こっています。



先日日曜日に放送されたTBSのサンデージャポンでも辺野古移転署名について取り上げられていました。私の住んでる鹿児島では放送されていませんのでYOUTUBEに動画が上がっていたのを見たのですが、気になるのが否定派(ホリエモン・デーブスペクター・西川史子)が異常なほど執拗にローラを否定しまくっていたことです。



サンジャポ 西川史子.PNG



特に私が注目したのが西川史子なのですが、声を荒げてローラを非難し無責任だの勉強不足だの言いたい放題。単なる意見の食い違いだけでこれだけ噛みつくとは傍からみて異常です。タレント同士の非難合戦など珍しくありませんが、政治や外交が絡む問題でこれだけ執拗に非難するとは言論封殺しているような怒り様でしたから自民党の回し者かと勘繰りたくなります。



西川と言えばかつては安倍総理明恵夫人を一番嫌いとテレビでぶちまけていたのに明恵夫人に食事に誘われてからは態度を一変、すっかり明恵夫人に懐柔されて今では立派な自民党御用聞きタレントとして変貌を遂げました。








自民党御用聞きのDHCの番組「ニュース女子」で長くアシスタントを務めたことも異常に噛みつく原因でしょうか。それにしても勉強不足だと憤る彼女こそこの辺野古問題をお勉強しているのでしょうか?




私の意見は前回書いた通り、辺野古新基地は普天間の代替と米軍が認めておらず、着工後も引き続き普天間が使われる可能性高いこと。そして埋立の海底層がヘドロ状であり地盤改良されない限り上部に建築物を立てるなど不可能だと専門家に指摘されている。それに滑走路も短く無駄に土砂を海中に流して無駄な予算を注ぐことになるだけ。普天間の危険を除去するという大前提の根拠は国側からいまだ示されていないのを考えれば反対するしかないでしょう!!



基地反対運動に執拗に噛みつくこの連中こそ無責任であり勉強不足であり、自民党政権に反目していれば条件反射的に叩いている思考停止しているのです。対案を出せとの発言もありましたが、上記の通り移転して失敗するのが目に見えているのだから工事をストップして立ち止まるのは最善の対案です。辺野古の状況をちょっとでも「勉強」すればそんな台詞出てくるわけないのですがね。西川など己の酷い変節を恥じるべし、よくものうのうとテレビに出られるものだと驚愕します。



保守とかリベラルとかそんな括りではなくこの辺野古移転など何の正当性などない!むしろ保守こそこの問題に怒りを示して反対を訴えるべき。そんな訳で私も辺野古移転阻止を訴えて署名を呼びかけていきます。



簡単な署名です。
どうぞよろしくお願いいたします🎅

@氏名・メールアドレスを入力→「Sign Now」クリック

A届いたメールのリンク(「Confirm〜」)をクリックで完了


  ホワイトハウス辺野古移転反対署名リンク



posted by yuuponshow at 22:28| Comment(1) | 沖縄基地問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

辺野古移転阻止を訴えるローラが疎ましいアベサポの醜態ぶり

今年も残り少なくなりましたが、振り返ってみると政治経済何一つ良いことがありませんでした。国政を牛耳る政治家共が移民やら水道やら種子やら国を貶める法案をことごとく通してしまいましたし、経済を見るとGDPや実質賃金が下落、給料は上がらないのに取られるものがますます増えて更に来年には消費税増税ですよ?これで来年は明るく迎えたいという思いには至る訳がありません。



株価も年の瀬になり急激に下げてきました。日銀のETF買い増しもむなしく年初最安値を更新中です。このままでは買い込みの原資として使われる私達の年金が心配です。ここまでされて政府に怒りをぶちけない国民性にも嫌気が差しますしもはやどうにもならないのかと諦め感が漂います。




そんな中、一つの反政府活動が注目されています。前回でも書きましたが辺野古移設反対を募る署名活動に多くの賛同者が募り、現時点で15万近くまで伸びています。私も署名しましたが理由はイデオロギーなどではなく、辺野古移設のプロセスがあまりに理解不可能だからです。







海底層はぬかるんだヘドロ状態で地盤改良をしない限り上部に建築物を立てるなど不可能だと専門家に指摘されている。これで土砂を海中に埋めたころで意味がなく、無駄な予算を注ぐことになるだけ。そして普天間の危険を除去する根拠など存在しないのに日本政府は見切り発車の工事を強引に推し進める。豊洲市場が完成したから築地から豊洲に移転するといったそんな単純なものではないのです。













こういう実態を目の当たりにしたら保守勢力がこぞって反対の声を上げなければならないはずです。普天間と辺野古はリンクしていないしエビデンスも示せない。ならば一度立ち返って辺野古移設の是非を再度検証するべきだ!!ところが保守陣営からのそういった声は皆無、反基地連中と意見を共にするのが嫌なのか分かりませんが、反対の声を上げない連中こそ米国に魂を売る売国奴そのものです。


テレビニュースやワイドショー、新聞でも取り上げられるムーブメントとなった今回の署名活動。これだけ注目されることとなった理由が、多くの芸能人著名人が署名の呼びかけをしたこともそうですがその中で最も注目されたのがタレントのローラです。




ローラ 署名.PNG



テレビでの活動は勿論、インスタグラムのフォロワー500万人という圧倒的影響力を持つ彼女の力は署名活動を拡散させる大きな影響を与えたことは間違いありません。しかしこれまで政治的主張を一切してこなかった彼女がなぜ反基地の署名を訴えたのか?単なる反基地、反米というイデオロギー的なものとは違い、環境問題について熱心なようでその観点から行動したと考えられます。どちらにしても辺野古移設反対という共通の認識を示している彼女の行動は称賛されるものであり、全面的に支持していきたいと思います。



しかし自民党安倍シンパ共はローラの行動を疎ましく感じているのか、多くの著名人が辺野古移設の署名を呼び掛けているのにターゲットをローラに絞ってSNS上で批判を浴びせています。それを煽動しているのがこれまた著名な安倍シンパ連中なのです。











この連中は、上記に挙げた辺野古の問題点については一切語りません。安倍さんが決めたのだから黙って従えという姿勢なのだから一見諭すように意見しても中身空っぽ、説得力もないのです。それに官房長官は強引な工事を民意を顧みない批判について問われると反論もできずしどろもどろなのですから、この点もしっかり説明して貰わなければ納得できませんよ。







それでも移設は民主党政権が決めたとか抜かすおぽんちもいますが、移設に重大な欠陥があるならどの政権が決めようが立ち止まるのは当然でしょう。それもせず見切り発車のまま邁進する安倍政権はただ米国のご機嫌取してるだけ、国益にも国防にもまったく役に立たない辺野古移設は止めなければなりません。それでも推進するならば売国奴シンパ共々潰すしかありません。

(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:37| Comment(0) | 沖縄基地問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする