2021年06月24日

赤木ファイルは安倍関与には繋がらない!アベサポと当事者による渾身の反撃

森友学園の公文書改ざん事件における一つのカギを握ると言われる赤木ファイルが遂に公開されました。赤木ファイルは自殺した近畿財務局職員である故・赤木俊夫氏が決算文書の改ざんをした経緯を記したものであり、その概要は500ページを超える量になります。犯罪行為である公文書改ざんを強要され、慚愧に堪えない思いで改ざんに着手せざるを得なかった赤木氏の無念をあらわした手記にはどのようなことが記されていたのでしょうか。







報道でも明らかなように改ざんした中には安倍晋三当時の総理大臣夫人の「安倍明恵」氏の名前が記載されており、それが最初に削除したとされています。「私や妻がかかわっていたら総理も議員も辞める!」と言い切った直後だけに安倍前総理にとっては明恵夫人の関与は非常に拙いものでした。いの一番に削除に着手したのはそのセリフの影響が大であることは間違いないでしょう。公文書改ざんは刑法155条の〈公文書偽造罪〉と刑法156条の〈虚偽公文書作成罪〉に該当する極めて重大な犯罪行為です。省庁のエリート揃う中でうっかり改ざんに手を染めるなどあり得ません。組織ぐるみ、そして上役である政治家からの指南は極めて高いものであると言えるでしょう。



私と妻がかかわっていたら・・・.PNG




そして推して知るべしと言うべきか、責任者である当時の佐川理財局長をはじめとする幹部連中は大した処罰も受けずお咎めなし、佐川氏はその後。国税庁長官に出世するなど、犯罪に手を染めた官僚としては異例の出世となりました。こうした人事を着手したのは時の政権であり、政権にとっては佐川氏へ感謝を込めた出世人事と推察されるのは至極当然であると言えます。



ということで私は政権の関与が極めて高いという結論に至りましたが、それを裏付けるかのような政府の姿勢があらわになりました。







再調査はしないし、審議にも応じない。真相解明に後ろ向き、消極的、もう我々が関与しましたと言ってるようなもんで分かりやすいです。そして提出したファイルはお決まりの黒塗り尽くしで、抜かれた箇所があるのではと推測され原告からファイル原本の再開示を求められるなど、溝は深いです。この赤木ファイルに関しては政治家からの関与は記されていないようですが、赤木氏がそこまで追い詰められ、佐川を改ざんに突き動かした最大要因は、強大な指南役がいたからに他なりません。

スポンサーリンク




さて、一方の政権側である自民党ネットサポーターズはこの赤木ファイルについてどう感じたのか?SNSで拾ったアベ応援団の切実な声をご覧ください。









という事で、あらゆる反安倍さんに絡んで、安倍さんは関与していない、野党ガ―とのたまわっております。背景とか経緯とか敗訴とか無視して明確な証拠がないことを言いことに言いたい放題いってます。そして国会議員もどきの足立クンも悪乗りしてこのようなことを呟いています。







そして、そして、森友問題をかき回す張本人も参入してきました。







御用新聞記者の論説を利用して得意げに関与を否定するアベ前総理。呟きの後に(秘書アップ)とわざわざ注釈してるように、いざ突っ込まれたらいつもの如くヒショガー!!!で逃げるつもりでしょうが、論点を逸らした卑怯なやり口です。赤木氏は改ざんに関与してはいるが、学園と交渉した当事者ではないということ。この点からして全容を知らない赤木氏の手記を利用して自分の関与はまったくないと言い張っているのです。



土地取引における経緯も問題ですが、ここで取り上げているのは改ざんの指示があったか無かったかということです。何ならこのツイート通りに国会で釈明してみてはどうか?後ろ向きなご自身や政権幹部の姿勢がこの問題を長引かせていることの自覚もないようで、これが8年にもわたって我が国の宰相であったとは嘆かわしい思いです。これだけではなく桜を見る会、河井問題、何一つ説明も証拠も示さない、どう見積もっても安倍晋三がしっかり絡んでいるとしか思えません。


posted by yuuponshow at 11:03| Comment(2) | 森友加計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

安倍さん擁護のために親を蔑む日本一の親不孝者籠池佳茂

先週の週刊文春記事で公文書改ざんに着手し、その後、自死した近畿財務局職員の赤木氏の衝撃的な手記が掲載されたことで森友疑獄事件が再び国会で取り上げられることとなりました。







追求される側の安倍総理は手記を読み「胸が痛む」と言いながら野党が求めた再調査に応じることなく拒否しているのですが、これに赤木氏の奥様が怒りを露わに心情を打ち明けています。


「安倍首相らは調査される側で、再調査しないと発言する立場ではない」


まさしく正論であり、今の安倍政権の在り方を的確に表現しています。司法も検察も人事権を掌握されてしまい安倍政権を追求することが困難である以上、外部機関に調査を委ねるしかありませんし、そもそも主犯格の安倍を通じて再調査を求めることがおかしな話なのです。



しかし森友疑獄事件における新たなキーマンの登場で、再調査を拒み続けることが世論からの反発を招く事態に発展しかねない安倍政権。それでも政権擁護する奇特な人間はいまだ数多く存在しており、こういう連中が真相解明の邪魔をし、民主主義を破壊し尽くす手助けをしているのです。その中の一人が森友事件の当事者である籠池夫妻の長男である籠池佳茂です。


籠池佳茂 アカウント.PNG



プロフィールにあるように森友学園騒動は朝日の捏造報道であり、総理夫妻に責任はなく、左翼に洗脳された両親を救いたいと反アベに向けての憎悪剥き出しで戦う気概がとても良く伝わります。ツイートを見てみると森友関連のものを中心に反アベ界隈への挑発批判で溢れかえっております。













ご覧のように随分と攻撃的なツイートばかりで、おまけに真相解明のため私を国会に呼んでくれとまで息巻いています。しかし森友の真相を知っているのであればまずは自分のツイートで詳らかにぶち上げてから国会招致してくれとアピールすれば良いのですがね。こんな戯言に呼応した著名なアベシンパも佳茂氏を国会へ!とツイートする痛々しさぶりです。









安倍界隈としては尻尾切りしたはずの籠池の身内を取り込んだことで籠池家を分断させることができるし、籠池夫妻へのダメージにもなるしメリットは大きいでしょうね。ところが不肖の息子佳茂に意外な人物が反応し、反論してきました。









文春で赤木氏の手記を記事にまとめあげた元NHK記者の相澤冬樹氏が佳茂のことを論って記事で批判していますが、驚くべきは親から借りた900万円もの大金を使い込んで知らんぷりしているということです。本当ならとんでもないクズですが、この記事を佳茂のツイートに相澤氏がぶら下げても一切反応してないことからどうやら本当のようです。







相澤氏から思わぬ反撃を受けた籠池愚息ですが、これに反応できないあたり無能を晒しているようなもんです。息巻いて反アベに対峙する姿勢が好感されアベ界隈から持ち上げられたもののメッキが剥がれてしまいましたね。職も辞して命をかけた手記を託された記者と憶測だけで薄っぺらい擁護を続ける愚息とでは言葉の重みが違います。この愚息はご両親が洗脳されていると嘯いてますが、憑依したように安倍擁護する愚息こそ洗脳されていると言えるでしょう。



さん付けのアベと籠池と呼び捨てにするプラカードを見ればわかるように親に対する愛情も配慮も欠落し蔑む、おまけに親から借りた900万円を使い込んで知らんぷりとは籠池佳茂はまさに日本一の親不孝者であると言えるでしょうね。

posted by yuuponshow at 19:24| Comment(0) | 森友加計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

自死した近畿財務局元職員の手記が公表されたことでの安倍サポの対抗策とは

メディアで取り上げられて三年が経過した森友学園問題、当事者である籠池夫妻の有罪判決や自殺者まで出しながら官僚や関係閣僚はなぜか不起訴処分となり処分も軽微なものとなり、到底納得できない何とも有耶無耶な感じのまま終息に向かうと思いきや、今週衝撃的なスクープ記事が飛び出しました。







二年前に公文書改ざんに係わったことが原因で自死された赤木元近畿財務局職員の遺族の方が遺書の公開と共に、国と佐川元理財局長を相手取って民事訴訟を行うと弁護士を通じて記者会見を行いました。






遺書には上司であり、改ざんを指令したと言われる佐川元理財局長を始め、財務省職員6人の実名が書かれているなど非常に生々しい内容が記されています。こうした経緯を見ると赤木氏のご遺族の悲痛とも言える決意と覚悟、そして赤木氏を無下もなく切り捨てようとした国と近畿財務局への怒りが垣間見えるようです。対して近畿財務局を管轄する財務省のトップ麻生太郎、そして国のトップ安倍晋三は「再調査はしない」と再度無下もなく切り捨てようとしています。






心が痛むとか言いながら全容解明はしたくないそうで、いかにこの男の言葉が軽々しく心が通っていないかがお分かりいただけるでしょう。責任者を処分せず逆に出世させている背景を見れば全容解明などやったら自身の関与が明らかになるからと捉えられても仕方がありません。犯罪者に自浄作用や全容解明をと突き付けてもまったく出る訳もなく期待できないので、追求する側としてはマスコミとご遺族・その関係者と連携しながら追求するしかないようですね。




この衝撃的手記の発表で安倍サポーターズの面々としても穏やかではないのでしょうが、それでも我らが安倍ちゃんを守りたい!とアベサポーターズの対抗策をここでいくつか取り上げていきたいと思います。













とまぁこんな感じで突っ込みにも悪びれることなく「手記には安倍夫妻の名前はない!佐川が独断でやった文句あっか!」というアベサポ従来の主張を変えてはいません。手記に安倍夫妻の名前がないことを良いことに安倍ちゃんには問題なしを強調したかったのでしょう。しかし改ざん前の公文書には安倍明恵夫人の名前がしっかり記載されていたのにまったく関係ないとか言い切るこの無知ぶりには驚かされます。



別のアベサポのツイートを見ると安倍御用雑誌のHanadaに寄稿するアベサポブロガーの藤原かずえとかが、何と野党が職員を殺したなどと妄想を膨らませています。







下のツイートのアカウントSachiさんは私と相互フォローなのですが一度も絡んだことがなく昔、安倍支持者寄りのツイートをしたことが気に入られたのかフォローされてこちらもフォローしたと記憶してます。しかし両人ともこんな無茶ぶりなツイートするあたり冷静さを欠いて感情的になってしまったのか知りませんがいかに今回の手記公表と告発が衝撃的だったかが分かりますね。



感情的になり手記を取り上げた記者のツイートに思わずコロナに感染して死ねとリプしているものもいます。こういう糞ガキ低レベルのことしか吐けなくなったアベサポの惨めなことと言ったらないですね。








別のアベサポを見てみると本筋を逸らして、野党議員の居眠らしき動画を論っています。何が何でも本筋を誤魔化したい有耶無耶にしたいという親玉アベちゃんと同じ手法を使うあたりとても忠実な忠犬ぶりが非常に滑稽に映ります。








という訳でアベサポーターズの手記を公開されたことによる狼狽ぶりというか醜態ぶりの反応をあらわしたツイートの数々をご覧いただきましたが、この親玉からしてこの駒といったところですかね。疑惑隠しに躍起のアベサポですが、次から次に疑惑が噴出する安倍ちゃん擁護に大変そうですが、こんなのを守り続けて何が日本のために良くなるのかそれを自問してみると良いのですがね。それでもこんなのをここまで守り通しているのだから考えが改まりそうもなさそうですが(^^ゞ

posted by yuuponshow at 18:10| Comment(0) | 森友加計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする