2021年03月12日

小泉進次郎の国民負担を強いる愚策連発が自民党政権にとどめを刺すか!?

違法接待問題の追及はこの自民党元総務大臣を務めた野田聖子・高市早苗元総務大臣にも及ぶことになりました。それにしても次から次に打ち出の小づちのように出てきます。






週明け15日にはNTT社長の参考人招致も決定しており、この問題更にヒートアップしていくことは間違いありません。菅総理自身や息子だけではなく自民党を巻き込んだ大スキャンダルとして後世に語り継がれることなりそうですが、スガ総理の命運尽きる日は果たしていつ来るのか?早いところ訪れて国民に希望を与えて貰いたいものです。

スポンサーリンク




疑惑満載の自民党政権、ただでさえ不評を買うことばかりなのですが、新たな国民負担策を設ける愚策が閣議決定されました。






環境対策としてレジ袋有料化に続く第2弾が、コンビニのスプーンやフォーク、ホテルのアメニティーなどの使い捨てプラスチック商品の有料化を盛り込んだプラスチック新法案です。小泉新次郎環境大臣「これからは無料でスプーンが出てこなくなる。レジ袋有料化の発展版だ」と息巻いています。




これを実施することで昨年7月に実施されたレジ袋有料化同様、利用客は実質増税となり、負担増がかさむことになります。具体的な事例としてはお弁当やデザートについてくるプラスチックのスプーンやフォークが一本あたり〇円といったように別料金として設定されることになるでしょう。下手すればお箸や弁当容器にまで拡大解釈されて別料金になるかも知れません。こんな事になったらほんとお手上げですね。何も買えなくなってしまう。



そもそも前回のレジ袋有料化で環境改善としての観点で効果があったのか?を検証しなければなりませんが、そうした効果の是非についてはご本人も述べているように愚策の見直しは考えていないようです。






施行されて半年あまりで分かったことはレジ袋有料化したところでレジ袋はゴミ袋として活用されるから別にゴミ袋を購入するため結果的には減らないし、コロナ蔓延化の中、衛生的にも問題があり、感染拡大が懸念されます。そして万引きや消費抑制に繋がるといったように小売店の売上や業績はマイナス効果しか現れていません。






希代稀に見る愚策ですが、そんな不満の声など耳を貸さず次なる国民負担を強いる小泉新次郎環境大臣、4代続けての国会議員家系ですから庶民の気持ちなどお分かりにならないのですね。ポエムを詠むイジられキャラならまだ害はありませんが、無能の働きものですから国民生活に大きな支障が来すことは避けられません。









反政府アカウントだけではなく保守層や政権寄りのアカウントなど全方位から絶賛酷評罵倒を浴びせられる小泉新次郎。血筋も良く、マスコミからもてはやされ、ウケのいいコメントを発するのでお茶の間の評判は良いこともあり、次の総理大臣に必ず上位ノミネートされていましたが、さすがにこの愚策で一般層からも突き放されるのではないかなと思います。こんなのを選挙で圧勝させてはいかんですよ!







あらゆる負担増がかさみ国民負担率は諸外国においてもトップクラス、それでいて国民への福祉還元は低水準、国民虐めにも程がある自民党政権に将来への希望を見出せる訳がありません。小泉はこれまで自民党の人寄せパンダ的役割を担ってきましたが、政権に入って矢面に出て馬脚をあらわし、人気取りに使えなくなったことでもはや自民党政権の終焉が近づきつつあるのかなと感じます。

posted by yuuponshow at 19:14| Comment(0) | 増税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

国内増税2800億円搾り取って海外へ3300億円バラまく不条理の国ニッポン

日本人に無慈悲な増税を課す安倍政権、2018年税制改正において「森林環境税」と「国際観光旅客税」という新税が導入されることとなりました。唐突に発表されたこの新税の目的は名前の通りですが、消費税や所得税などと合わせて二重に課されるという悪質極まりないものです。


2018税制改正.jpg



そして新税だけではなく増税もされます。たばこも一本当たり3円増税され一箱60円の増税となります。2010年民主党政権で100円もの増税が課されましたが、それ以来の大幅増税となります。所得税を見ると年収850万円以上の世帯が増税の対象となりますが、それ以下の世帯には減税はされず貧困層が恩恵を受けることはありません。そして2年後には10%の消費税増税も滞りなく行われることになりますからこれで消費が伸びるなんてあり得ません。



試算によると上記の税制改正により総額2800億円もの増税となります。企業には手厚く個人からは搾り取るだけ搾り取る。GDPの六割が個人消費と言われているのに、この国の政治家は自国の景気を停滞させたいようで次から次へと国民を窮する増税には殺意すら抱かせてくれます。



そしていつものように途上国へのバラ撒きは忘れていません。その総額3300億円だそうです。


安倍 3300億円ばらまき.png



海外への医療支援という名目ですが、言わずもがな外面をよく見せたいがためのバラ撒きです。海外にバラ撒く前に国内の医療に金だせよ言いたいところですが、これでは国内の増税分にプラスした額を海外へバラまいてるようなもんです。出所が違うと反論があるかも知れませんが生活保護費まで削減されているのにこの状況おかしいでしょう!!



社会保険 悪用.png


選挙に勝って増税あり気の自民党ですが、その考えは党全体に浸透しているようで、増税反対のこころ党から鞍替えした和田まさむね君も自国への批判逸らしに躍起です。自党の政策に異論をぶつけず批判逸らしとは身も心も自民党に捧げているようですね。






大勝させ信任を得たとうそぶく自公政権は更に血税をむしり取ることに躍起になるでしょう。経済や景気よりも既得権益を守り外面を良くすることしか考えていません。この国を崩壊に導くのは紛れもなく自民党政権でありその自民党に票を投じた有権者なのです!!!




(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:07| Comment(0) | 増税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

安倍政権信任=血税を更にむしり取られることを国民は認識せよ!!

2019年10月に消費税が10%に増税されます。これはどんなことがあっても決して変更はないと安倍総理が言いきっているので間違いないでしょう。2年後私たちはこれまでにない厳しい摂取を強いられることになります。


安倍 消費税予定通り10%へ.jpg



そして今週発表された日本の税収がバブル期並みの水準になったという報道は私たちの将来厳しい摂取を暗示させるものです。






景気回復を実感させるようなニュースですが、果たして手放しで喜んでいいものでしょうか?下のグラフを見ると分かりますが、(画像が身にくい場合にはクリックすると拡大画面になります)最も税収の高かった1990年(平成2年)の税収と今年度2017年の税収の内訳を比べてみると


税収 推移.png



1990年(バブル)        
所得税:26.0兆
法人税:18.4兆
消費税: 4.6兆


2017年
所得税:17.9兆(-8.1)
法人税:12.4兆(-6)
消費税:17.1兆(+12.5)





御覧のように所得税・法人税が大幅に減っているのに税収がバブル期並みということは、消費税を中心とした間接税の負担増により収入に対して国民の負担が増しているということが読み取れます。おまけに所得控除も毎年のように改悪して引き下げるなど絞るだけ搾り取ってしまおうという意図が見てとれます。


これでは景気の高揚感など感じられる訳もないでしょう。安倍政権と役人は日本国民からいかにして幅広く血税をせしめるかを企てているのです。税収が増えたから景気が良くなったのではなく、給料が上がらないのに国民負担率が増したということを国民は認識するべきです。



安倍政権になって消費税以外による新税の制定が加速化しています。



国民負担は5300億円 安倍政権「増税ラッシュ」のデタラメ NIKKAN GENDAI
(URL)



取りやすいところから幅広くかすめ取ろうとするあざとい政権です。社会保障の拡充や子育て支援と言いながら国民負担は増すばかり、その一方で外国には大盤振る舞いをしているのを見ると本当に腹だたしい思いです。上に記した森林環境税とか意味が分かりませんが、中国の森林事業に年100億円も拠出していることをご存知の方はいらっしゃるでしょうか?







こんなふざけたことをしても選挙で勝たせてしまっている国民性にも非常に問題があると言えるでしょう。



日本から摂取した金を中国にバラ撒く。これが日本の現状なのです。日本人ももう少し賢くなって安倍政権の売国政策を厳しく糾弾するべきではないでしょうか!!!



(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 22:47| Comment(0) | 増税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする