2016年10月24日

自民党の補完勢力である民進党を潰さずして日本再生なし

東京と福岡の衆院補欠選では自民候補が圧勝しました。共に自民の牙城が高く鉄板の地域でしたから仕方がありませんが、目を引くのが野党側の対応のまずさです。先の参院選で民進・共産・社民・生活の4党が野党共闘を掲げて挑みましたが、野党第一党の民進党は支持母体の連合が共産との共闘に嫌悪感を示しており他の野党からの推薦要望を断ったり、新潟の知事選では野党推薦候補を支持せずに自主投票にするなど連携もちぐはぐ、党首の二重国籍問題もあり党全体が完全に浮足立っているといったところでしょうか。


蓮舫 野田.jpg


そんな歯がゆい野党連合支持者はその憂さ晴らしというべきか民進執行部への批判が相次いでいます。







野党連合の一翼である小沢一郎からも民進党は解散すべき!とダメ出しされるなど共闘相手からもそっぽを向かれる有様です。






そしてせっかくの自民への追及すべき材料であった白紙領収書も民進党の幹事長である野田佳彦元総理までもがやっていたことも発覚し、これでは野党連合一丸となっての追及など無理です。その野田は総理時代に消費税増税法案を可決させた張本人であり、重要職務である幹事長に抜擢するとは民進党は国民を挑発しているとしか思えません。今質疑が行われているTPP法案も民主党が発端となったことからも分かるように、自民党を攻めているふりをして実は自民党の最大の補完勢力であると言えるのです。






これではますます自民の牙城は安泰。もちろん民進党以外の他の野党が素晴らしいなどとは言えない現状です。しかし自民が推し進めている売国法案を阻止するためにはどうしても現勢力で頑張って抵抗して貰わなければならない。そしていずれは国民の信任を得られる政党が誕生して自民党に代わって政権を担ってほしい。そんな夢のようなことが果たして近い未来に起こり得るのでしょうか?しかしそうならなければ日本の未来はない・・・

(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 23:50| Comment(0) | 旧・民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

白紙領収書を追及できない野党第一党・民進党にはいち早く国政からの退場を願う

自民党内で慣習となっていた白紙領収書問題、ネットを中心に騒動となりそれに新聞メディアが続く形で辛辣に批判されることとなりその波紋が広がっています。

領収書白紙 何事か?.jpg


発行者と受取人が結託すれば裏金作りの温床になりかねず、こんな事が認められては不正行為を容認したも同じです。自民党閣僚が次々と「問題ない」と発言するとはあまりにモラルの欠落した政権であると言えます。

しかしメディアで取り上げられたことで事を荒立てたくない自民党執行部がここにきてトーンダウンし、白紙領収書については使用を控えるとしていますが不正については絶対に認めようとはしません。




自民党政権転覆とも言える好材料でありこれで一気に責め立てて政権のモラルの欠如を国民し知らしめる絶好の機会でありながら野党第一党の民進党はこれまでの予算委員会においては他の野党よりも多く質疑に立ちながら白紙領収書については一切言及していません。





情けないことに民進党も同類ということです。これでは質問時間が多くとも白紙領収書について追及などできる訳がありません。そして民進党と言えば代表である蓮舫の二重国籍問題もいまだ解決していないのです。









白紙領収書を追及しているのは国会では共産党だけ、稲田や自民閣僚の説明は明らかに苦しく、一突きすれば一気に崩れ落ちそうなのに民進党のトップがこの様ですから見ていて苦々しく思います。国会質疑も以前の発言について言った言わないのくだらぬ応酬ばかり、審議を度々止める茶番をやったところで自民党政権には何ら影響はありませんし、言説の揚げ足取りばかりでは民進党に対して嫌悪感が増すばかりです。


自分のところがスキャンダルを抱えたままでは不正追及など無理でしょう。しかも与党側から野党第一党のトップである蓮舫への二重国籍について突き詰められるとは前代未聞です。


蓮舫 証明.jpg


自民党政権打倒の近道は民進党の解散解党が望ましいです。せっかくのチャンスなのに自民党政権にダメージを与えられないとはあまりに無様。これではますます自民党の肥やしになるだけ。こんなのが野党第一党なのだから自民党は安泰となってしまうのです(-_-;)

(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 23:07| Comment(0) | 旧・民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

自民党歓喜!蓮舫民主党代表でますます自民党の支持率UP

本日9月15日、民進党党代表選挙が行われ蓮舫氏が他候補を大きく引き離す大圧勝で民進党代表となりました。しかしこの代表選の結果は民進党にとって後々、非常に厳しい洗礼を受けることになるのではないでしょうか。

れんほう 新代表.png



蓮舫議員の二重国籍問題が発覚して、本人の釈明が二転三転したこと。そして台湾国籍は抜けておらず台湾のパスポートを所持していたことも明らかになりました。 当初「二重国籍のことを聞かれて意味が分からない」と述べたり、 「(二重国籍について)言及する者は法的処置で訴える」など徹底抗戦の構えでしたが、結果的には追求側が正しかったことになりました。



二重国籍に関しては諸外国では国会議員も辞職に追い込まれるなどの事例もありますが、日本においてはこれまで前例がないので果たしてどういう措置となるのか分かりません。しかも蓮舫議員は国会議員として初出馬した2004年に日本に帰化とされている部分が虚偽となり公職選挙法に抵触する可能性もあります。このままでは党代表どころか議員辞職レベルの不始末であると言えます。


さらに問題なのが蓮舫はいまだ日本と台湾の二重国籍者であること。まだ台湾国籍のある日本の国会議員でしかもそれが党代表となるのですから前代未聞の事態となるのです。





しかしこれらについても自浄能力もない蓮舫や民進党議員はともかく擁護している連中がこれらの批判について人種差別とすり替えて反論していることに衝撃を受けました。本当にどうしようもない連中です。











そしてもう一つの問題が蓮舫氏が釈明として述べていたこの発言。

蓮舫「少し法律的な話になりますが、(日本と中華民国が断交した)1972年以降、私の国籍は形式上「中国」になっています。仮に中国の国内法では外国籍を取得した者は自動的に喪失をしているので、二重国籍にはなりません。」






台湾は国ではないから自分の帰属は中国になる。そのため日本国籍を取得した段階で中国の国籍を喪失しているから二重国籍ではないと言い放ちましたが、それなのになぜ今ごろ台湾国籍離脱申請をしているのでしょうか?ともかくこの蓮舫発言が台湾国民の逆鱗に触れる形となり、日台関係に悪影響を及ぼしています。



自身の不手際ばかりか外交問題にまで発展しかねない事態となり、更に蓮舫の台湾=中国という発言が台湾当局の怒りを買って台湾が蓮舫の国籍離脱を認めなかったらどうなるのでしょうか?



そこに追撃とも言える法務省の新たな見解が発表されています。国籍法違反と踏み込んだ発言ですからただ事では済みそうもありませんね。

法務省は15日、民進党の蓮舫新代表のいわゆる“二重国籍”問題に関連して、一般論として日本国籍取得後も台湾籍を残していた場合、 二重国籍状態が生じ国籍法違反に当たる可能性があるとの見解を明らかにした。


二重国籍”国籍法違反の可能性も〜法務省 日本テレビ系(NNN) 9月15日(木)15時35分配信 (URL)





日本の法律では外国人の選挙権や政治資金提供などの政治活動が制限されているのに台湾国籍のある蓮舫が堂々と国政政党の代表となるのはどう考えても整合性が取れません。こんな異常事態を冒した野党第一党では自民党は安泰となるので大歓迎でしょう。こんな体たらくでは自民党支持率アップに貢献するだけです。国政に携わりながら自分達についておかしいとも思わない民進党とその代表の蓮舫、日本が健全になるためにはこの連中が一人残らず消えることです。



(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 23:55| Comment(0) | 旧・民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする