2020年09月15日

野党共闘は大丈夫か?新国民民主党の動向に注目

大手メディアだけが大いに盛り上がった出来レースの自民党総裁選は菅義偉が新総裁となり、後日首班指名を受けて内閣総理大臣となることが確実となりました。気になる党や閣僚人事も二階、麻生が引き続き重要ポストに留まるそうで、安倍禅譲政権の名に違わぬ代わり映えの無い顔ぶれとなりそうです。



総理としての資質はこれから見定めなければなりませんが、これまでの官房長官時代の言動や振る舞いを鑑みれば決して国民への期待を抱かせるものではないと思っておいた方が良いと思います。安倍応援団や自民党シンパは安倍同様、菅の持ち上げに躍起ですが、一体何を期待できるのか売国してくれるのが楽しくて仕方ないのでしょうか?








そしてこの総裁選では異例の動きがあり、菅陣営が根回しして2位争いをしている岸田に票をまわしたことが報じられています。



岸田に票をまわす.PNG




石破に浮上のきっかけを一寸たりとも与えたくない。そういう安倍禅譲総裁の思いが伝わるような動きですが、こうなるともはや選挙の体を成していませんね。傍から見てるとここまで徹底的に石破を叩き潰す行為は異常であり、自民党の負の側面が垣間見えるような思いです。しかしこうした動きが報じられることは菅にとっても自民党にとってもイメージダウンであり、この先の政権運営の危うさを感じずにはいられません。






こうした強権政治も厭わない自民党政権に対して、野党の動向を見てみると、野党第一党の立憲民主党は国民民主の合流組を入れて衆参150名に迫る大所帯となりました。しかし党人事を見ると代わり映えもなく自民のことを言えたものではありません。政権支持率の通り期待の無さを表しています。







あれだけデタラメな自民党が安定政権を築け続けていたのは旧・民主党勢力が野党第一党にとどまっていることも一因に挙げられるでしょう。旧民主党政権時代の総括もなく、おまけに当時の執行部がそのまま中心に居座っているようじゃ与党に脅威など与えられる訳がありません。消費税減税や廃止もあまり乗り気ではないようで、人は増えたけどどうにもやる気が見えず自民党の互助会的な雰囲気は否めません。




一方、合流立憲に議員を多く奪われ、少数勢力となった新・国民民主党は党首は玉木代表がそのまま留まることになりました。僅か15人の少数政党となりましたが、消費税減税や反緊縮、積極的な財政出動と言った経済政策は新・立憲党とは棲み分けができた形で政党としての色が打ち出せたように思います。勢力は小さくなりましたが、こうした党の方針を見ると国民民主党の方が魅力的に映ります。




しかし国民民主党側にも懸念材料があります。野党連合を拒否して自公や維新と連携を図る可能性です。実際に玉木代表の新党発足の挨拶ツイートにぶらさがるリプを見ると、立憲と協力すべきでないとのコメントが数多く散見されているのです。













上のリプ主連中は立憲との対立を煽って何がしたいのでしょうか?まずは国民民主党の経済政策を実現させるために、真逆の政策を推し進める巨大与党を倒さなければならないことくらい誰でも分かることでしょう。単体でやっていくには少数すぎてまず無理です!立憲も自民と同じようなもんですが、まずは自民党政権を倒すため一致協力に徹することが大事なのです。分党によって議員やサポーター間で対立を生んだことは弊害でしたが、しかしそれでは自民党政権は倒せない。わだかまりはあるでしょうが、棲み分けできてすっきりしたところで、来るべき総選挙に向けて野党連合としての選挙協力をすべきであるし必要不可欠なのです。




先ほど申し上げた維新や自公との連携の可能性ですが、これは少なからず否定はできません。党内では立憲はもとより共産党との連携に否定的な空気がありますから。この点のわだかまりを大人の対応で抑えて、舵取りを誤らずれいわ新選組との共闘や野党連合というアイテムを上手に利用すれば躍進する可能性は極めて高いと言えます。新・国民民主党が埋もれるか躍進するかは今後の行動次第であると言えるでしょう。
posted by yuuponshow at 18:54| Comment(0) | 旧・民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

減税ではなく先延ばしでお茶を濁す自民党二軍の立憲民主党

本日より臨時国会が召集され2か月半の論戦の火ぶたがきって落とされることになります。国会が開くのが随分久しぶりに感じますが、問題は山積です。自民党議員の不祥事や災害対策の杜撰な対応、関電の多額の金品授受問題、そして最も許しがたいのが国民生活を困窮に導く消費税増税を断行したことです。この国の政治を厳しく糺していかなければなりませんが、我が国の総理大臣は悪びれることなくこのようなことをぶちまけています。









消費者心理の改善とかどうやって確認したのでしょうか?この男の言動理にかなっておらずサイコパスレベルと言わざるを得ません。








国民への配慮は一切なく、自分の都合の良い解釈ばかりでは増税による悪影響を今後総括しそうもありません。そして助言をするサポートも炭素税導入を促すとかあまりに酷い!これじゃ消費税は上げない公約は果たす代わりに他の摂取方法で万遍なく搾り取る気のようです。




安倍 炭素税前向き.jpg



そのくせ、増税による国民負担額を上回る6兆6000億円もの景気対策予算が使われるとは支離滅裂です。こんな多額の対策費用が必要ならば増税などするべきではない!お金の使われ方が非常に拙くこの政権によって大きな無駄が生じてしまうことは避けられそうもありません。10%で当分上げないと嘯く安倍政権ですが、既にこの増税の影響により休廃業を余儀なくされた零細企業が後を絶ちません。少なくとも5%まで引き下げる運動を展開し、減税を推進する政党に政権を担って貰うしかありません。










国民の痛みに耳を貸さない自公政権と対峙するべき野党の第一党が立憲民主党なのですが、この政党も消費税増税法案成立の立役者だった野田佳彦元総理を統一会派に招き入れており減税には消極的です。野田だけではありません、当時閣僚だった岡田克也や安住淳も増税推進派であり、民主政権で増税表明した菅直人は立憲顧問であるし、党首の枝野も官房長官を務めていたことから見ても分かるように増税派がズラリと脇を固めているのです。










そのためれいわの山本太郎代表や共産党が掲げる消費税5%減税の統一法案にも乗らず、野党の足並みは乱れたまま、旧態依然の民主幹部がいる立憲が野党第一党のままでは安倍政権を利するだけです。



党も党なら立憲サポーターも党の法則に従えと言わんばかりに増税を容認する構えのようで、減税を強く推挙する立憲の石垣のり子議員へ向けて間違えた消費税容認論をぶつけています。










ここぞとばかりに不満分子を叩けと言わんばかりの総攻撃を仕掛けていますが言ってることが支離滅裂、そして増税には黙って従え!これが野党第一党のサポーター連中の一致した見解のようです。まだ自民サポのがマシに思えるくらいですからこれでは政権交代など永遠に出来ないでしょうね。



こんな調子で自公と同じ歩調で消費税を容認するようならば与党の対抗軸になる必要性はあり得ませんし、どうぞ自公とくっついて頂いてください。こんな野党など国民にとって不必要だし要らない!







旧民主党に所属していた議員の中にもこのように危機感を抱いて消費税減税を掲げるれいわとの連携を取るグループも存在しています。反自民の受け皿にならない自民党二軍の立憲民主党など野党第一党にとどまることは国民にとって不幸であり救われません。れいわとの連携が出来ないならば立憲など消滅して然るべきなのです!!!
posted by yuuponshow at 22:43| Comment(0) | 旧・民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

野党第一党が立憲民主党では自民党の脅威とはならない理由

年の瀬12月となり国会も閉幕した中で、政党支持率の世論調査が各メディアにおいて発表されましたが、各報道機関とも自民党が支持を集め、次いで発足したばかりの立憲民主党が支持を集めました。


政党支持率.JPG


増税・緊縮路線で国民の生活を困窮させている自民党政権がこんなに高いはずない!と思われる方も多いでしょうが、そこは置いといて問題は二番目に支持を集めた立憲民主党です。



先の総選挙で小池百合子率いる希望の党が立ち上がり、支持率ジリ貧の民進党議員全員が希望の党への合流を希望したものの思想信条・政策の違いから排除されたメンバーが募って立ち上げた政党が立憲民主党でした。希望から排除されたことで有権者の支持というか同情票が集まりその結果、希望よりも多い当選者数と総投票数を獲得し、野党第一党に躍り出ることとなりました。



政党として掲げている脱原発・安保反対はこれまでの民進党や連携する共産・社民らの野党連合と同じですが、民進党右派がいなくなったことでそれがより鮮明に強調されたと言えます。それでもこれだけ支持が上がるとは驚きでした。しかし(衆院の)野党第一党となった立憲民主党が自民党に対抗勢力となれるかと言えば・・残念ながらできません。



菅政権イコール立憲民主党.JPG



立憲のこのメンツを見ていただくと分かるように民主党時代の菅政権閣僚が軒を連ねています。彼らは民主党の政権交代時に国民の期待を一身に受けながら議論すらしないと言い切った消費税増税をぶち上げてしまったのです。民主党政権については散々悪政と語られることがありますが、その中で最も一番許せないのは消費税増税です。これがなかったら幾分マシな評価を得られていたのにとんでもなく余計な事を仕出かしてくれました。



増税反対派の小沢一郎一派を追放してまで、自公との三党合意により将来の消費税増税への道筋を付けてしまった罪は非常に大きいものです。排除から同情を集めた立憲民主党ですが、少なくとも消費税増税を唱え、増税こそ景気回復の手段とうそぶいていた最高責任者の菅直人元総理は排除しておくべきでした。








そして反差別を謳いながらチンピラを囲っている悪名高き有田ヨシフまでも立憲入りすると言われています。政党として人気のある方に鞍替えしたい気持ちは分かりますが、こんなの入れたら支持悪化するのにね(笑)








看板を替えたものの立憲民主党は旧民主党時代の膿の集まりと言えます。こういうのが野党第一党になるというのは有権者の見識の無さを表しているのでしょうか。先の総選挙でも消費税については(現状では)先送りと、消費税そのものを否定していないし、増税容認とみなしても仕方がありません。自公と結託するため切り捨てられた小沢残党勢力は立憲の勢力が信用ならないと覚えています。もし立憲が政権を取っても有権者は簡単に裏切られることを肝に銘じた方がいいですよ。







立憲だろうが民進だろうが自民党の脅威にはなりません。脅威となるのはまともな経済政策を掲げる政党です。まともな経済政策とは何か?少なくとも国民を貶めるような消費税増税や社会保障の削減など国民を疲弊するような政策をしない政党のことを言うのです!!

(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 22:38| Comment(0) | 旧・民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする