2021年05月18日

大阪医療崩壊の諸悪の根源となった恥知らずの維新を出し続けるテレビ局に抗議の声を!

前回高橋洋一氏について取り上げましたが、内閣官房参与という立場で一万人もの犠牲者を出したコロナ禍をさざ波、笑笑と犠牲者をあざ笑うかのような表現を用いたことでその波紋は続いています。



無責任にコロナは風邪論を吹聴する輩はたくさんいますが、内閣参与という総理直属の職にありながらこの発言は各メディアでも取りあげざるを得なくなります。おまけにこんなことまでバラされて泣きっ面に蜂とはまさにこのことですね。






この男を内閣参与に任命したスガ政権の任命責任と発言の釈明を求められることになりましたが、例によってスガは高橋洋一を切ろうとはしません。スガの官房長官時代からの政策ブレーンであり、これまでの数々の不祥事でも言い逃れして不問にした前科があります。しかし思った以上に発言が大きく取り上げられたことで、スガやその周辺もやきもきしていることでしょう。


スポンサーリンク




その高橋洋一を重用しているのはスガ政権だけではありません。野党でありながら必要以上に他野党を叩き政権に阿る日本維新の会は、党の政策顧問として重用していました。政権の後ろ向きなコロナ対応同様、維新もコロナを軽視する姿勢が見受けられるのも高橋洋一の影響が少なからずあるのでしょう。




橋下 コロナ 寝とけ.PNG




テレビ番組でPCR検査抑制論を捲し立て、若者や軽症者は家で寝とけ!と声高らかに息巻いていた橋下徹でしたが、いざ自分が体調がすぐれないと即PCR検査を受けてしまうというダブスタぶりをやらかしたことで「平熱パニックおじさん」というありがたい称号を頂いたことでも有名です。



自分でこんな失態やらかしても、いまだに検査抑止論をかざす橋下徹。しかもこの男、始末が悪いことにテレビ出演の多いこと、在阪、在京テレビのコメンテーターとして呼ばれ、自論を振りかざして悪びれることなくコロナ抑止諭を展開しています。しかし大阪の感染拡大の諸悪の根源はすべてこの男と維新なのです。




2008年に橋下徹が知事になってから、大阪府や大阪市は、「行政の無駄を省く」というスローガンの元、急激に公立病院と人員を大幅に削ってきました。



総務省の統計によると2007年の大阪府の公立病院には医者と看護師は8,785人いましたが、2019年には数半分以下の4,360人と約半分にまで減らされてしまいました。他県と比べても人口に占める医療機関の割合が著しく少なくなった大阪は、新型コロナでの感染拡大による重症病床率100%を超える事態となり、入院が叶わず自宅待機を余儀なくされた感染者が死亡する事案が多発することになり、医療崩壊を招いています。



いざとなった時に備えて、病床数を確保しておかなかったことで生じた悲劇と言えますが、これは現政府も同じです。国内公共病院の病床数削減を進めており、コロナが発生した後でもその政策を止めることはしませんでした。世界各国と比べてみてください。日本の公共医療施設の数や割合の少ないこと。これが今の日本の衣装崩壊の危機に瀕することとなった最大要因と言えるでしょう。

   


      公的病院(非営利病院含む)  民間病院



日本    約20%            約80%
アメリカ  約75%            約25%
イギリス  大半             一部のみ
フランス  約67%            33%
ドイツ   約66%            約34%




話を橋下を出演させ続けているテレビ局の話に戻しますが、現状、維新と政府のスポークスマンと化してテレビに出まくっている橋下や吉村府知事に対して抗議が殺到しているとか。医療崩壊を招いた諸悪の根源に何ら問い詰めることなく自己弁護させているのですから当然と言えるでしょう。






声の大きなインフルエンサーが偏った情報を発信することで、それを過信し鵜呑みしてしまうことの恐ろしさを考えれば、こういう連中を出演させているテレビ局も同罪と言えるでしょう。テレビを見ない人ならば良いのですが、こうした恥知らずで害悪な連中を野放しにしないためにもテレビ局やスポンサー充てに抗議の声を挙げ続けることが重要です。もはや論理破錠した維新の連中の戯言など聞くに値しないからです。


posted by yuuponshow at 18:55| Comment(0) | 橋下維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

誤りを認めず愚策を突き進む自己顕示欲の塊の日本維新の会

聖火リレーが華々しくスタートしましたが、一部の自治体からは新型コロナ蔓延防止策として早々と中止を表明しています。そして第4波襲来が現実となり、関西圏の首長から中止を匂わす発言が出るなど、リレー存続が危ぶまれる状況となりました。そうなると五輪開催そのものが中止となることも懸念されることになりますが、その不穏な空気を察知した五輪組織委員会が開会式セレモニーを巡るきな臭い動きを探られた週刊誌に対して言論弾圧とも取れる行動に打って出ました。







週刊文春が何の脈絡も無く開会式演出のネタバレをしているなら組織委員会としても苦言を呈するというのは分かります。しかし記事の内容は開会式の企画・演出者を巡る不可解な交代劇を取り上げているに過ぎません。演出内容の暴露も、いつの間にか交代させられた演出家のネタパクリでは?という指摘で取り上げているので、そうでなければ否定すれば良いだけの話です。こうした不可解な流れを報じることは報道機関として当然のこと。週刊誌だけじゃなく既存のメディアも取り上げるべき疑惑なのです。それを週刊誌発売中止と回収を求めて力づくで抑え込めようとしている五輪組織委員会の姿勢は言論の自由を奪う異常行為そのものです。







週刊文春は組織委員会の要求をつっぱねました。当然です!こんな言論弾圧に負けてはならないし、許してはなりません。そもそもこうした演出を巡る不可解な動きをしなければ良いだけの話。こうした言論弾圧が世論の反発となって却ってくることを理解できないのか?オリンピック開催そのものが危ぶまれている中でこういう圧力が五輪開催をますます後退させていくことになると思われます。

スポンサーリンク




五輪開催が懸念される最大要因のコロナです。これに苦しめられる国や地方自治体の対応が注目され、その対応の拙さが見受けられるところがありました。その中で最も酷いのが大阪府知事の吉村洋文を置いて他にいないでしょう。






感染を抑えすぎたとは呆れて物が言えませんが、吉村に限らず維新の面々にありがちな言い訳です。失敗を認めず自己肯定していくことで成功していると自己暗示をかけていく。個人レベルならば良いのですが、世論を先導していく者がやれば、間違えた方向に世論誘導してしまうことになります。吉村をサポートしているのはシンパや同僚議員だけじゃありません。メディアも同罪です!







関西メディアは総じて吉村を出演させ露出させて彼の愚論を垂れ流しさせています。当然ながら批判の声が多いですが、大阪はいまだ維新の支持率は高く、吉村始め、維新関係者はメディアに出ずっぱり状態。これでは視聴者は公正な判断などできないでしょう。こうしたメディアを活用してイソジンやら雨合羽とかやってきた訳です。維新は勿論のこと、それをバックアップするメディアも害悪でしかありません。








非常事態宣言を前倒しで解除しておいて日もたたないうちに感染再拡大させて、また緊急事態宣言出すとカッコつかないから名前をいじって違うような発動措置にイメージさせたいのでしょうが、言葉遊びやっているだけで中身はほぼ同じもの。おまけにまん延防止措置を自分らが率先して国に要請したとアピールする厚かましさ。自己顕示欲は相変わらずですが、無能無策であることに変わりはありません。


吉村 マスク.PNG





感染防止させたいという意思は表れていますが、やっていることがちぐはぐ過ぎて唖然としてしまいます。十分な補償も出さず自粛要請&監視強化、対策をやってる振り目立ちたがりのパフォーマンスばかり、おまけに政権与党ではなく野党を敵と見なして攻撃を仕掛けて無能無策与党に媚を売るというコロナよりも厄介で害悪そのものです。こういうのが蔓延る世の中だから今の日本の惨状として表れているのでしょう。

posted by yuuponshow at 18:50| Comment(0) | 橋下維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月19日

与党の資質を糺すことなく野党叩きに邁進する鈴木宗男

NTTとの接待問題で武田総務大臣の虚偽答弁が発覚、さんざん「疑念を招くような」会食はしていないと何度も答弁していたのが文春砲によって暴かれることになりました。







頭に疑念を招くようなという付け足ししているのは、後で文春にすっぱ抜かれても会食していたことを誤魔化せると思ったのでしょう。ならば最初から接待はあったと素直に言えばいいのに。また答弁に立つ官僚に対して「記憶にないと言え」と指示したことも明らかになり、これも苦しい弁明です。






この男は嘘を付くと足が付くから後で言い逃れできるように巧妙な言い回しをして誤魔化そうとしたということです。しかし国務大臣とあろうものがこういうトリックで言い逃れするなんて卑劣としか言いようがありません。



武田大臣のこのような振舞は大臣としての資質に欠けるものであるし、即刻辞任すべきです。武田に限らずこのような嘘出鱈目誤魔化しが蔓延している自民党政権の異常な状況、これは口汚く罵られても当然です。ところがそんな与党の姿勢を糺すことを怠るばかりか、質疑で野党に向けて喧嘩腰で捲し立ててるのが維新の鈴木宗男です。







唐突に小西&森ゆうこ議員に突っかかる鈴木宗男の常軌を逸した行動。維新はこれまでも与党の資質を正すことはせず野党叩きに躍起でしたが、内容もあたかも官僚が体調を崩したのは小西のせいだと決めつける論拠も示さない暴論です。これは後で懲罰動議かけられても仕方ありませんが、身内の維新議員はムネオの暴走に苦言を呈するどころか一緒になって煽り立ててるのだから救いようがありません。








小西ひろゆきも森裕子も舌鋒鋭く追及しますし、特に小西議員は総務省による違法認可を明らかにするなどその質疑の手法には評価できます。与党にとって難敵ですから、与党の護衛部隊の維新もこの二人には相当憤慨したのでしょう。「嘘でもいいから・・」と突っ込みやすいところをやり玉に挙げたのはともかく武田大臣の「記憶はないと言え」にはだんまりですか?とんだダブスタ野郎ですな。でっちあげはいけませんね。委員長からも「不穏当な発言」と注意される有様で、今後然るべき処罰に課されることを願うばかりです。それに行政を歪める不正や忖度を官僚に強制させる不条理な政権運営。これに嫌気が刺し、若い官僚の辞職が絶えない事実を鑑みれば限度が超えていると言い放つべき相手はスガ政権なのですがね。






そしてムネオ自身も立場な楽な野党の席で言いたいことを言ってますが、愛知トリエンナーレを巡る大村知事リコール活動の不正署名の首謀者と噂される田中事務局長を紹介したのがムネオであることは周知の事実であり、今後の展開によってはムネオもただでは済まなくなるかもしれません。






何度も言いますが糺すべきはスガ政権であって野党ではありません。それが理解できずムネオを称賛して小西叩きに加担する政権応援団の悪態振りには反吐が出る思いですが、いつまでもこういう異常な政権運営が続く訳がありません。その時には維新もムネオも政権応援団もまとめて消え去っていただきたいものです。


posted by yuuponshow at 17:45| Comment(0) | 橋下維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする