2020年06月19日

河井夫妻買収容疑にも関わる安倍総理に捜査の手は及ぶのか?

昨夏の参院選で地元県議らに現金を渡し、票の取りまとめを依頼したなどとして、東京地検特捜部は公選法違反(買収)容疑で、前法相の河井克行容疑者と妻で参院議員の案里容疑者を逮捕しました。









それにしてもこの疑惑が報じられたのが昨年の秋ですから実に一年近くかけてようやくと言うかやっと逮捕されたということになります。ちょっと長くかかりましたね。今後注目すべきは検察が当事者である河井夫妻の背後関係まで洗いざらい捜査できるのかというところです。プロセスからしてこの事件は河井夫妻とその関係者だけでは起こし得ることができないのです。



溝手 安倍 確執.PNG



この事件についておさらいしてみると、遡ること昨年の7月の参院選挙において広島選挙区で立候補することが決定していた当時現職の溝手顕正候補と共に急遽同じ自民党から新人の河井案里候補を擁立することが決まりました。広島選挙区は改選数が2議席で、自民と野党系が分け合う形で議席を取ると予想されていましたから、自民候補が2人いてはどちらかが落選することになる公算が大です。



それまで5回連続で楽々当選し続けていた溝手氏は選挙戦で苦戦を強いられることになります。選挙資金も溝手陣営が1500万円なのに対して河井陣営は1億5千万という規格外の選挙資金を得ておりあからさまな待遇の違いが浮き彫りになります。これまで安倍総理に対して「首相の責任」「もう過去の人」などと度々批判していた溝手氏への私怨が込められた差別措置と言えるでしょう。







選挙では安倍総理や菅官房長官が河井案里候補への応援演説に足を運び、安倍事務所から秘書4人を動員するなど人海戦術を行い、潤沢な資金と圧倒的なバックアップを経て河井案里は当選を果たします。そして夫の克之氏は選対の指揮官としての溝手追い落としの功績が認められその年の9月に法務大臣に任命されることなります。それまで克之氏は安倍総理より首相補佐官として重用されるなど信頼も勝ち得ており、法相出世はいわば至極当然の運びであると言えるのです。





ところがその強大なバックアップが度を過ぎていたようで、1億5000万円もの巨大資金は溝手陣営の切り崩しのために地方の自民党議員への買収工作資金として平然と使われることになりました。あからさまな買収行為が今回の逮捕となった訳ですが、重ねて言いますが、この事件は河井夫妻とその関係者だけではなし得ません。官邸や安倍事務所も選管に入り込んで指揮を執っており、状況証拠からして安倍総理自らの関与は明白であり言い逃れできる訳がありません。きっちりと国民に対して説明責任を果さなければならないはずです!








河井夫妻逮捕と同日の夕方6時より安倍総理の会見が行われることとなり、当然河井夫妻逮捕に伴う自身の関与の釈明を行うものかと思いきや、河井逮捕の件は最初の1分だけでした。







自分の事務所ぐるみで関与しておきながら何ら釈明せず、遺憾と襟を正すといったこれまでの釈明動揺白々しい使いまわしの言葉を並べ立てるだけとはこの男どこまで他人事なのか?責任を果さないのはともかく、自分には一切関わりがないかのようなその振る舞いができるその神経を疑います。その後はコロナ対策の成果を強調する自画自賛振りや、この状況下でなぜか憲法改正の話が出るとか会見自体が官邸の息のかかった茶番劇でしかありませんでした。



あらゆる疑獄案件を抱える安倍政権、そして今回の河井夫妻の問題だけに絞ってもこれだけの状況証拠が揃えば辞任するのが普通なのですが、やはりサイコパスの異名を持つだけあります。このしぶとさ、あざとさ、鈍感さがあれば7年以上も政権を担えるのも頷けます。だがこのままでは国民を不幸に陥れるだけ、いつまでもこの出鱈目が通用するはずありません。安倍政権がどのような終幕を迎えるのか知りませんが、その顛末は決して幸せな形で終わることはないと断言しておきましょう。


posted by yuuponshow at 18:10| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

国民の死活問題を喰い物にして私腹を肥やす持続化給付金の中抜き疑惑

それにしてもこのアベ政権というのは次から次へと疑惑が湧き出てきますね。今度は中小企業や自営業者を対象とした持続化給付金事業を国が委託したサービスデザイン推進協議会なる会社を経由してそれを丸ごと電通やパソナに再委託する。その経由した過程で受注した769億円から749億円を差し引いた20億円分が経由会社の懐に入る中抜きが行われた疑いを持たれているのです。



おまけにこのサービスデザイン推進協議会は給付業務がなく、その再委託先の電通も社内にその実作業をする機能がないからさらに下請けに出しているそうで、サービスデザイン推進協議会も電通も中抜きではないかと指摘されているのです。おまけにこの会社は再委託した三つの法人が共同で出資して設立された会社だそうで関与した企業からの出向者であることも判明。更には設立されてから義務付けられている決算報告もなし、これではまさに中抜きが目的であり、それを見越して選定された組織と断定されても仕方がありません。



持続化給付金の流れ.PNG



この複雑怪奇な構図による影響からなのか、受取る事業者の方に多大な迷惑を掛けることに。5月1日から申請スタートした持続給付金申込をすぐに申請したものの一ヶ月経過した現時点でまだ振込されていないとの報告が多数寄せられているそうです。休業を余儀なくされ、運転資金や事業所の家賃等の維持費が滞る事業者にとっては一刻でも受取りたいはずです。問合せしたくてもコールセンターは混雑して繋がらない。遅れが生じれば事業を畳まなければならなくなる死活問題なのです。




電通とパソナと言えば、安倍政権に深く拘わる企業であることは言うまでもありません。コロナでクビを切られ路頭に迷い、閉店に追い込まれている者がいる一方で安倍政権と繋がりの深い電通やパソナ(竹中平蔵)はこれに乗じてコロナで儲けている。アベノマスクもGoTo キャンペーンも同じ構図、安倍ちゃんのお友達は優遇されているのです。世の中何と不条理なのでしょうか。







野党はこの問題についてヒアリング調査を実施するなど政府に対して徹底追及の構えですが、さすがにこのあからさまな中抜き行為は言い逃れができるはずがありません。安倍ちゃんも追求されると経産省に丸投げして逃げの一手しかありません。最初から電通を介してやればまだ言い訳ができたものをこれ深堀されればとんでもないことになりそうです。










度重なるトラブルに安倍ちゃん親衛隊も大変かと思いきや、相変わらずのアクロバティックな無理筋論で擁護し野党叩きに徹しています。







みずほ銀行に手数料で15億支払ってるから中抜きできる訳ないだろ!!!という猫アイコンの自民党工作員MI2の主張ですが、15憶円支払っても手元に5億円残ってますやん!これ中抜きには当たらないと言えるのでしょうか?そもそも決算報告のない会社に業務委託を任して、設立経路が再委託する電通とパソナが大きく絡んでいるという一部に偏った利益供与が問題になってるのですがね。









親切にそれを指摘してくれる人もいるのですが、こいつはDAPPIとは違い、都合悪いことを言われると口汚く罵って追い払おうとします。薄汚い本性が露わになる瞬間です。






20名に満たない組織でこの事業に係わる人件費が1億以上とは驚きですが、手数料の15億円も本当でしょうか?てゆうかトンネル会社経由する意味まったくないじゃないですか!こんな出鱈目がまかり通っていることが異常であると認識するべきなのですよ。







盟友の公明党からも説明責任を果たすべきと指摘されていますが、同じように指摘していた桜もいまだ説明責任を果さない安倍ちゃんにいい加減三行半を突き付けたらどうなんでしょうか?言われても絶対襟を正そうとはしませんからね。







そして国会閉会後には自民党の河井克之・案里夫妻の立件とイベントが目白押し、夫妻が立件されれば金の出所も捜査しなければならなくなり安倍総理の逮捕もあり得る事態となります。これに限らず様々な事案が目白押しなのになぜか政権が存続している安倍政権。疑惑もそうですが、自分やその周りばかりに恩恵を与え、国民に寄り添った政策には後ろ向きでは国民の信頼を得られるはずもありません。これを終焉させることこそがコロナ禍で自粛を強いられている国民にとって何よりの朗報と言えるのではないでしょうか。
posted by yuuponshow at 16:55| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

黒川辞任からアベ包囲網が急加速!政権終結も近い!?

突如として舞い込んだ黒川弘務検事長の賭け麻雀報道ですが、その経緯があまりに摩訶不思議です。コロナ禍の最中にあり感染リスクの高い中で、卓を囲んでいたのがリークされるリスクが高い産経・朝日の記者3人と、で麻雀を行ったのが産経記者宅でリークしたのも産経側、何か自らスキャンダルに飛び込んでいったような行動に見えますが、後に何度も記者連中と卓を囲んでいた常習者であることが分かり、この間ずーっとマスコミから守られていたということになります。もはやマスコミは権力監視の機能は果たすことができなくなり週刊誌などの外部機関がその役目を果たしているという構図があらわになりました。







検事庁法改正反対の圧倒的な世論の声に押され与党が断念したのがつい数日前の話です。この法改正は黒川検事長の定年延長が絡むいわば中心人物、その中心人物が瞬く間に消え去ってしまう。政治腐敗を暴いた映画「新聞記者」を彷彿させるというかそれよりも複雑で難解で驚くべき展開と言えます。



官邸の策略かはたまた想定外だったのか?そういう声が錯綜してますが、官邸の出した処分はほぼお咎め無しの訓告処分でした。退職金返還も給与返還もない激甘処分に当然世論は大反発ですが、反発覚悟で再調査を拒否したということは、黒川氏に対するこれまでの政権への貢献と口止め料込みであれば納得ですね。








しかし安倍総理や森法相への責任追及は避けられそうもなく、これまで矢面に立たされ釈明に追われてきた森まさこ法相が遂に弱音を吐いてしまうことに。辻褄合わせにもならない言い訳をさせられている森法相としては一刻も早く楽になりたいでしょうが、強く慰留とは名ばかりの恐喝脅しがあったのかも知れません。逃げ得は許されず安倍からの呪縛は逃れられない森法相に少し同情しそうです。







そして官邸は、検察庁トップの稲田検事総長に責任を擦り付け辞職を求めているとの驚くべき動きを匂わせています。検事長の任命権者であり無理やりな閣議決定で黒川検事長を延命させた内閣トップと法相の辞任を求めるのが筋なのに本当であればまったく理解に苦しみますが、河井夫妻の捜査指揮している稲田検事総長を今このタイミングで辞めさせる訳にはいかない。それでも官邸が稲田検事総長への圧力を増すのであれば検事庁法改正以上に世論の大反発を生みだすことになるでしょう。








この事件は河井夫妻だけではなく、首相官邸、すなわち安倍総理自らに拘わる疑惑も含まれており、河井夫妻逮捕となれば当然安倍総理にも捜査のメスが及ぶことになります。







そして有耶無耶にされ、コロナ禍で掻き消されていた桜を見る会問題で660人の大弁護団が安倍総理を公職選挙法と政治資金規正法で共同告発されることに。かつてこのような大規模な訴訟を起こされた総理大臣など存在していたでしょうか?黒川という官邸の守護神を失い検察総長との軋轢が生じるこのタイミングでまさに泣きっ面に蜂状態、明らかな脱法行為なのに説明責任を果さず逃げ続けた当然の代償とも言えるでしょう。



コロナ禍の収まらない中、こんなことをやってる場合か!?というアベサポの声が聞こえてきそうですが、そのコロナ対策もままならず、法をもてあそび、多くの人間に罪を着せる総理大臣など必要でしょうか?一刻も早く引きずりおろさなければならないと強く断言しておきます。




posted by yuuponshow at 18:30| Comment(2) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする