2020年03月13日

黒川検事長定年延長工作の被害者か?精神破壊した森まさこ法相

新型コロナ・ウィルスをきっかけに実体経済の伴わなかった資産バブルの崩壊が始まりました。NYダウは連日4桁下落を繰り返し、日経も2万円を大幅に割り込む16000円台に到達、もはや底の見えない崖真っ逆さまの状況となりました。それにしても先月まで24000円付近を付けていた株価がまさか一月経たない状況でこのようになるとは、リーマンクラスかそれ以上になりかねない世界経済の凋落ぶりをまざまざと見せつけられました。


日経17000円割れ.PNG



株価の下落で懸念されるのが、株式投資に大量にぶち込まれた私たちの年金資金です。従来の運用割合で通してきたならともかく2倍に運用割合を増やしたことで年金資金の損益分岐点は19000円台にまで上昇しているので、現時点で大損害を被っているわけです。その損害額は株価16000円水準で4兆円と言われており日銀は債務超過に陥る危機に直面しているのです。この先更に掘り進むのか分かりませんが、年金を増やしたことによる損失拡大は明らかに日銀と政府の失策なのだからこの点きっちり検証しなければならないでしょう。





経済コロナと国内問題が深刻な状況にある中、わが日本が法治国家としての権威失墜が如実にあらわれたのが黒川検事正の定年延長に絡んだ日本政府によるあからさまな人事介入です。安倍政権による強引な閣議決定が違法であると指摘されている中で、矢面に立って政府側の答弁にあたっているのが森まさこ法務大臣なのですが、山尾しおり議員の質疑おける森大臣の答弁が波紋を呼んでいます。








「検察官が職場放棄して逃げた」「囚人を理由なく釈放して逃がした」という森まさこ法相の答弁がニュースでも取りざたされることになりました。黒川検事長定年延長に関連する答弁内容が二転三転するなど錯乱状態に陥るような答弁に終始している森大臣ですが、この震災時の検察官の行動を持ち出したくだりは黒川検事正の定年延長とはまったく関連ないのに自ら持ち出したことが発端となったもの、黒川定年延長を推し進めるため自ら墓穴を掘ったことになるのです。一応この答弁内容については震災直後に実際にメディアで取り上げられ森自身も国会質疑で当時の法相(平岡秀夫)に問い正しています。








しかし災害時の必要措置を逃がしたと捉えるなど一部事実誤認もあります。こういうことをまったく関係ない国会答弁で持ち出すなど常軌を逸しているとしか思えません。国会を混乱させ質疑を止めてしまうことになり、更には答弁だけではなく奇行まで起こすことに。








先の衆院国会でも森法相の不信任決議案を野党側から突き付けられたばかりなのにもはや政権側の答弁者として不適格であると言わざるを得ません。しかし任命権者の安倍総理は厳重注意処分だけに留め、引き続き法相としての任にあたらせるようです。そりゃそうでしょう、こんな不条理な閣議決定事項を無理強いの答弁で安倍政権を守ってきた森法相を止めさせるなどできる訳がないですからね。



世間から総バッシング状態となった森まさこ法相ですが、元々は東北大法学部卒の人権派弁護士です。自民党が野党時代に国会質疑でちょくちょく質疑に立って感情あらわにして民主党政権を糾弾していたことを思い出します。更に福島出身ということもあり被災者対策支援に積極的に働きかけをしていましたから私から見てあまり悪い印象はなかったのですね。



それが検察法を捻じ曲げて違法行為をごり押しさせているのですから驚くべき変わりようです。人権弁護士としての心を無くしたのか?安倍総理の指令に逆らえずに仕方なく違法行為に加担したのか?後者であればまだ救われますが、いずれにしろこの件で森まさこの政治生命はもとより法律家として致命傷となることは避けられません。








まともな人が違法行為も厭わない権力に囲われることで人格が壊れてしまった典型的な例とも言えますが、良心の呵責を感じるのであれば今すぐ大臣も国会議員も辞めることです。画面を通じて見る表情は感情がなく憑依したかのように操られているように見える、それは森法相だけではなく自民党全体にも言えることですが。こんな政権がいまだに存続していることがこの国の闇と言えるでしょう。

posted by yuuponshow at 18:28| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

コロナ対策ではなくコロナ批判対策で言論弾圧に躍起の安倍政権

「ここ一、二週間が瀬戸際となる」日本政府が繰り返し見解として述べてきた新型コロナ・ウィルス問題はその期間が過ぎても収束の目途も立たず日本の実体経済の深刻度が高まる中、痺れを切らしたかのように株価大暴落を引き起こす事態となりました。









この大暴落はコロナが引き金となったことが一つの要因ですが、日本も米国も実態経済に伴わない株価高騰が終焉を迎えてバブルが弾けたことが最大要因と思われます。剥離した株価はいつか暴落するものであり、コロナはそのきっかけを作っただけに過ぎません。国がやるべきことは株価を意図的に吊り上げるのではなく国民の生命財産を守ることを優先すべき。それをして来なかった安倍政権のツケが今訪れたと言えるでしょう。








しかしこの株価暴落により株価操作につぎ込まれた私たちの年金資金がすべて溶かされてしまう危機に直面することとなりました。株価が7000円台から24000円まで上がったのは景気ではなく株価につぎ込む年金資金を増やしたことによるもの。これが溶けてしまえば現在の年金受給者は勿論のこと、将来私たちが受け取る年金に大きな影響が出ることは避けられません。感染症に責任を擦り付けることはできず、責任の所在は年金額を増やして株価を釣り上げてきた安倍政権にあるのです!!



安倍政権としてはコロナの鎮静化と合わせてこうした金融危機もあり問題が積算されるばかり、対応の後手後手だったこともあり批判を展開している一部のメディア監視対策に必死です。










3月5日の羽鳥慎一モーニングショーにおいてコメンテーターが述べていた見解を内閣官房国際感染症対策調整室@Kanboukansenのアカウントが長々と否定するツイートを書いていますが良識ある方々から早々に突っ込みが入ってきました。








現行の特措法で十分なのにわざわざ法改正してやってる感出しているのは見え見え、これまで閣議決定で無茶苦茶な法解釈してきたのにわざわざ法改正する理由はそうとしか思えません。そして異を唱えるメディアに対しては事実関係の誤りの指摘と言論を封鎖しようとする。安倍政権の体制をよくあらわした一連の流れであると言えます。








異論に噛みつくのは国内メディアだけではなく海外も同様で体制維持のために忙しいことですが、これもこれまでの現状を鑑みれば批判されるのは当然のこと。政府はメディアの論評に一々反論するよりも批判を真摯に受けてよりよい方針に改善させなければならないのですがね。








政権批判を潰そうと弾圧を企てる政権中枢も酷いもんですが、それを支持するネトサポにも困ったもんです。デマと決めつけメディア潰しに加担しているのですから。










しかしモーニングショーでは政府筋からの批判を検証し、事実と違っていたのが政府側であると言い返されました。デマでもなんでもなく政府に煽られた無様なネトサポでした。







コロナ対策ではなくコロナ批判対策に躍起の安倍政権。本当に収束させるのであればこの政権が終わることが何よりの方策であると思うのですがね。
posted by yuuponshow at 18:30| Comment(2) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

自民党も持て余す!?国難・災害レベルの安倍総理による傍若無人の振る舞い

国会会期を消化していく過程で次々と異常行動が露わになる安倍晋三総理大臣。数々の疑惑には一切答えずそれを追求する野党の質疑者に逆切れとも取れる傍若無人の振る舞いが如実に露われることとなりました。








辻本清美議員の指摘を罵詈雑言と決めつけ「意味のない質問だよ」とテレビの音声で聞き取れる程大声でヤジを放った安倍総理、これにより議会は一時国会空転となる騒然となりました。次の質疑者からそのことについて問いただされても僕は悪くないと出来損ないの悪ガキのように開き直る始末、憲政史上最低最悪の宰相と呼ばれて久しいですが、ここまでくると国難・災害レベルと言っても過言ではありませんね。



そもそも腐った鯛の例えを用いたのは政府のこれまでの隠蔽捏造改ざんがまかり通った惨状を嘆いたものであり、それを問いただし叱咤するのは野党議員として当然であります。これが罵詈雑言に聞こえるならば政治家としての資格などなくとっとと辞めるべき!そもそも辻元にヤジる前に真相解明のため証拠提出などに毅然と応じることが一般的・常識的な対応なのです。それがこんな惨めな振る舞いを国会の場でテレビの前で曝け出したのはよっぽど痛いとこ突かれたのでしょう。見苦しいの一言です。



そんな惨状にもめげず安倍ちゃんの野党に対峙する姿勢に呼応したアベサポ・ネトサポ連中がそうだそうだ!!と言わんばかりに安倍ヤジの正当性主張に躍起ですが、その頑張りも空しく政府与党はアベちゃんのヤジを行き過ぎた行為と認め、来週の集中審議において謝罪を含めた釈明に応じることとなりました。







自民党工作員のリーダー的存在のDappiくん、野党が悪口しか言っていないかのように意図的に捏造していますが、動画がしっかり残っている以上無駄な悪あがきなのですがね。しかし下っ端はリーダーの言うことは絶対服従なのか盲目なのか知りませんが、反論にだっぴのスクショを堂々と貼り付けるという嘲笑レベルの行為に及ぶ始末です。ダッピのスクショがどんな映像証拠よりも上回るし論破できるとお考えなのでしょうかこれで反論できると信じてるなら救いようがありませんね(笑)








これも同じようなもんですが、重ね重ね申し上げますが大変奇特な連中です。








こうした動きとは裏腹に与党自民党はこの親分の傍若無人振りには困り果てているようで、野党の要求を呑む形で最終的には謝罪に追い込まれる形となりました。自ら主張したり反アベツイートにリプ返したりとヤジの正当性主張に躍起のネットサポーターズでしたが、当の安倍ちゃんは事実上非を認め白旗を上げる形となりました。






自党に促されて渋々謝罪に応じることになったものの口惜しさのあまり怒りが収まらないアベちゃんは矛先を共産党に向け、今でも暴力革命を行っている組織であると挑発するなど事を荒立ててしまうことに。これにもアベサポさんは狂喜乱舞で正論と賞賛の声を挙げていますが、ヤジの件も収束してない段階で新たな火種を焚きつけて野党は大反発、来週からの集中審議でどう取り繕うことができるのか?








これでもまだ支持する連中がいるのならば変な菌に感染しているとしか言わざるを得ませんね。新型コロナ・ウィルスにも匹敵する国難であり災害と言える安倍総理には一刻も早く退陣願いたいものです。
posted by yuuponshow at 17:50| Comment(2) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする