2015年09月18日

外国人受入れは移民ではないと欺く安倍政権が更なる労働者条件を緩和

安保法案審議が注目を集めていますが、それを後目に安倍政権の移民政策が着々と進められようとしています。

日本 移民受け入れ条件緩和

今日、日本の法務省は、移民に関する新しい5か年計画作成を終えた。この計画は、非熟練労働者を含めた外国人の受け入れ拡大を規定するものだ。




法務省では2020年の東京オリンピックにおける準備に伴い、日本国内の労働力不足を懸念して非熟練労働者を含めた外国人受入れの拡大を行うと規定しようとしています。

非熟練労働者とは知識、技術、能力などの観点で熟練していない労働者のことでいわゆる単純労働者ですが、こうした労働者を日本側が受け入れることにより懸念されるのが地域の治安悪化やビザ執行による不法滞在の問題が生じる可能性があります。また安い賃金で外国人を受け入れることで賃金低下や失業率の拡大を招く恐れもあります。

日本の労働者人口は減少傾向にありますが、人口減少問題に対策も講じず税金だけ上げる政策ばかりやっては、消費意欲もなくなり結婚して子供を産もうという気になれません。消費税について社会保障問題を先送りせず子孫にツケを残してはならないとうそぶいて増税を訴えていますが、それならば外遊先で何の見返りも考えず50兆円ものバラまきなどしてる場合ではないはずだ!!言ってることとやってることが矛盾している安倍政権に限らずこれまでの自民党政権の責任は極めて大きく、人が足りないからと安易に外国人労働者の受入れ促進など許してはなりません。


昨年6月に自公政権において高度な技能を持つ外国人の日本定住を促進する改正出入国管理・難民認定法が成立しましたが、この法案は移民を促進するものだとして批判の声が挙がりました。これに対して自民党工作員は外国人受入れは高度人材に限定したもので、移民とはまったく違うものだと反論していました。しかし私も昨年、このブログで解説していますが、高度人材とは名ばかりで単純労働者である外国人の受入れ枠を拡大させておりその受入れ人数も増えているのが現状なのです。

2014/06/12 入管法改正法案が可決、同時に外国人労働者受入れ拡大へ!


今回単純労働者である非熟練労働者の拡大を行うことが規定に盛り込まれており、なりふり構わず移民推進が推し進められる恐れがあります。昨年の改正出入国管理・難民認定法は蟻の一穴であり、ここからじわりと穴が拡大し歯止めがかからなくなることも。外国人受入れ=移民ではないとうそぶる安倍政権ですがもはや騙されてはなりません。

このブログで取り上げているfuzita2015クンも必死こいて移民政策はデマなんてまとめつくってましたね。
こんな稚拙なまとめつくっても後で信愛なる安倍ちゃんが覆してくれるのだから間抜けとしか言いようがありません。



安倍総理は移民受入推進というデマ



安倍総理は移民受入推進というデマ A





以前、国会において「多様な経験、技術を持った海外の人材に日本で能力を発揮してもらうもの」という位置づけで、外国人労働者受入れに関して決して移民受け入れを考えているわけではないと示した安倍総理ですが、単純労働者の受入れ拡大となればこの言葉が偽りであることになります。

そしてタイミングが悪いことに先日、熊谷市でペルー人による子供2人を含む6人が殺害されるという残虐な事件が起きてしまいました。


このペルー人の入国経緯が明らかではありませんが、警察が身柄を抑えながらみすみす逃して数日間にかけて6人もの尊い犠牲者を出すという大惨事となりました。地域住民に逃走犯が逃亡したという注意喚起もなかったようで明らかに警察の大失態と言えます。こんな様ではこれから外国人労働者が大量に入ってくると更なる悲劇もあり得ます。当然ながらこの犯人は高度人材などと言えるような人間ではなく、これまでの外国人受入れの基準がいかに緩慢であったかがよく分かります。安保法制も大事でしょうが、こうした警察の失態をなくすべく国内の犯罪撲滅に努めるのが先ではないでしょうか。

abe takajin.png

移民反対と欺いて着々と素性が明らかにされていない外国人を流入させている自民党政権、彼らの言うことなどもはや信用に置けないことは間違いありません。










posted by yuuponshow at 22:25| Comment(1) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

ブログ開設から一年、移民法案で中国移民者が確実に増えている現実

入管特例法改正案が可決されたのが2014年5月、あれから一年経ち、果たして状況はどうなっているのか気になるところですが、チャンネル桜の番組内の関岡英之氏のコラムで詳細が明らかになりました。



安倍政権になってから規制緩和が進んだ「外国人高度人材ポ-イント制度」。その結果、日本における在留外国人数で一大勢力を築いたのは、やはり中-国人であり、その爆発的増加傾向は他を圧倒するばかりである。彼らに許された帯同者な-どを含め、日本社会に根を張りつつある「事実上の移民」に対して、安倍総理の説明責任-を追及していきます。(※チャンネル桜動画解説分より引用)



安倍政権の売国政策とも言うべき出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律と称した移民法案、安倍やその周辺はこれは移民ではないと断言していましたが、この状況を見る限りそんな悠長な事など言えるはずがありません。入管法改正案によりその影響力を行使させた昨年の高度人材受入れの中国人が一年間で3.8倍増、中国人の永住者が一年間で二万人増とまんまとこの緩和策を利用して中国人が大挙押し寄せているのです。」

この改正案が施工なれる前にその影響に不安の声が多くありましたが「安倍さんだから大丈夫、ヨーロッパのようにはならないよ」と安倍シンパが唱えていました。一年経ってどうなったかと言えば緩和策の恩恵に預かった外国勢力が日本へ侵入しやすくなり円安も進み、土地や企業を買収しやすい環境になっていると言えます。

関岡コラム.png

状況がまずくなったら安倍シンパや自民党工作員が使うであろう詭弁が、「これは民主政権で法案が可決されたものだ」と言うに決まっています。そう、確かに法案を通したのは民主の野田政権です。民主の売国振りも酷いですが、今は自民政権です。政権交代した時に売国政策を一掃すれば良かったのにそれをしなかった!売国を推進させる改正案を通すのでさえ躊躇せず更に外国人労働者の条件を緩和させておきながら民主に責任を擦り付けようと欺いているのです。



私がこのブログを開設するきっかけとなったのがちょうど一年前、木洩れ陽@backdoor16と言うアカウントとのtwitterでのやり取りでした。




こいつは移民法案ではないとし、入管法改正法案反対勢力に突っかかり私に対しても挑発的なメンションを@fuzita2015と共に飛ばしてきました。













fuzita2015に関しては散々このブログで取り上げているので説明するまでもないですが、キチガイが付く程の安倍シンパです。木洩れ陽@backdoor16とのやり取りでリプライを送っていた事で安倍政策に難癖付ける私を退治!?するため二人して誹謗中傷してきましたが、それに業を煮やした私はこのバカ共の悪行をブログで書き綴る事にしました。

今こいつ(木洩れ陽@backdoor16)のツイートを見ると政治的主張はせず意味不明な脳内解析のつぶやきをしています。己がいかに無知で無様だったのか自己分析でもしているのでしょうか。所詮安倍シンパなどこんな木偶の坊揃いのロクでなしなのです。安倍のやる政策にケチを付ける奴は反日勢力と唱え欺いてきたこいつら自民党工作員共の罪は非常に大きいと言えます。
posted by yuuponshow at 15:00| Comment(0) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

外国人介護士受入れによる移民政策拡大

法務省は、日本で介護福祉士の国家資格を取得した外国人が、そのまま日本の介護の現場で長期間、働けるよう法整備する方針を固め、来年度から「外国人技能実習制度」でも技能を学ぶ実習生として介護人材を受け入れる方針のようで、人材不足を外国人人材で補う狙いのようです。

外国人介護士に在留資格…「5年以内」で検討  読売新聞 2月2日(月)17時59分配信

高度人材外国人の現在の在留資格条件である経営者や医師、弁護士らを対象とした「投資・経営」「法律・会計業務」「医療」などいずれも専門的・技術的な高度人材との位置付けのもので16種類あります。今回は、出入国管理・難民認定法(入管難民法)改正案は介護福祉士も高度人材の一つとして認定することになりそうです。

介護報酬が来年度より2.27%引き下げが決定したことによりますます介護業界の人材難が懸念されることからこういった外国人労働者受入政策に転換するのは目に見えていましたが、今後30万人もの人材不足が懸念されている人材難の介護業界をターゲットにして、ここに外国人を流入させるというあからさまな方法であると言えるでしょう。



国会での予算委員会での介護報酬引下げ問題について介護職員の給与を上げると嘯いていますが、山井議員の質問をはぐらかしてばかり全体の介護業界待遇改善の見通しに楽観的な見方だと言えます。介護報酬引き下げは職員の育成や待遇にも悪影響されることになり、更なる人材不足に陥ることに繋がります。



また二番目の動画では介護職員の外国人労働者受入れについての質疑応答ですが、こちらも質問をはぐらかし問題なしとして政策を進めようとしています。日本人の人材確保のための待遇改善もせず、あまりに短絡的な政策であり、安い賃金で雇用出来る外国人労働者の受入れにより介護業界の賃金は却って下がることになるのです。外国人労働者受入れ拡大は移民問題が取だたされているドイツなど欧州のような二の舞になります。更に今問題とされているテロリストが介護士と偽り侵入してくる可能性もあるのです。

政府は今のところ条件をつけていますが、将来この条件が更に緩和されなし崩しにされることもあり得ます。日本語を覚えて介護の資格を取ってしまえば、日本で永住することが可能となるのです。日本で働くことが非常に容易になった今回の高度人材の介護枠追加は日本への移民を受入れしやすくなった政策であると言えるでしょう。

国内の産業を衰退させあからさまな移民受入れを推し進めようとする安倍自民党政権、これでもまだこの政権を支持出来るのでしょうか?













posted by yuuponshow at 17:15| Comment(0) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする