2018年11月09日

法案の中身も知らなくとも賛成する無責任且つ白痴揃いの自民党議員

今国会の中で最重要課題として取り上げられている入管法改正案(移民法案)ですが、安倍政権は「移民ではない」と詭弁を使いゴリ押しさせようとしています。だがこの際移民だろうがそうでなかろうがこの法案を成立させる前に日本が外国人労働者を受け入れる環境でない現状を考えるべきでしょう。













日本は既に世界第四位の移民大国となっています。それなのに時給300円で雇用して使えなくなるとあっさり首切りする奴隷のような待遇を外国人労働者に課す日本企業の体質も明らかになりました。更に毎年7000人もの技能実習生が行方不明になっているにも拘わらず、その改善策も今のところなしで外国人大量受け入れなど移民受入など治安悪化や賃金低下を招く上に人道的見地から言ってもあり得ないしやってはいけません。




そして外国人労働者やその家族の健康保険の加入要件が確立されておらず、審議をする前に法案成立させるとはどう考えてもおかしいでしょう。







このような問題点が浮き彫りなのに改正を急いでゴリ押しするのは、国のためではなく自分や特定の支援者のためだけしか考えていないことが分かります。安倍政権の掲げる売国法案はTPP、水道民営化、種子法廃止など日本の国体を破壊する売国政策が目白押しです。それでも安倍を保守政治家の第一人者だと今だに信じるアホがたくさんいるのですから救いようがありません。



このような問題だらけの売国政策なのに異を唱えず、忠実に従う議員個人の資質と自民党という政党に問題があるようです。自民党議員は数だけ揃えたボンクラ共であることが分かる衝撃的なこちらの記事には驚かされました。








法案の中身を見ずに種子法廃止に賛成とは、思想信条を問いただす前に国会議員としての資質が欠落しているとしか言いようがありません。竹下亘は党の重鎮ですが、その重鎮ですらこの有様なのですから他の連中はと言えば推して知るべしです。自民党議員としてやっていくにはお上からの命令に逆らわず自分で判断することを放棄する無責任でなければならないようです。



そのトップである安倍は六年もの長期政権を築き、党での影響力が拡大し政治力が強固となり暴走しても誰も止められそうもありません。安倍政権の存続は子飼いの白痴を増やす害悪をもたらすことになるのですが、それでも安倍しかいないという声が多数ならばもはやこの国は亡国の一途を辿るしかありません。国の存亡がかかるこの事態に果たして国民が目覚めてくれるのでしょうか?


posted by yuuponshow at 18:40| Comment(0) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

国民は消費税も移民も賛成多数!マスコミの悪質極まりない印象操作

ようやく開会した臨時国会において今国会での最注目事項である入管法改正(移民政策)ですが代表質問において与野党問わず質問が相次ぎました。単純労働者にも対象枠を広げもはや移民政策であることは疑いの余地などないのにも拘わらず安倍総理は「移民ではない」と顔を曇らすことなく平然と言い放ちました。



安倍 移民ではない.PNG



移民でないと涼しい顔をして嘘を付くことができるこの男は常人では考えられない神経の持ち主であると言えます。FTAもTAGなどという造語を用いて国民を平気で欺いているのですから嘘を付いたという罪悪感などないのかも知れません。そうでなければ白痴です。この詭弁はさすがに安倍応援団と言われている連中も入管法改正を実質移民政策であるとの声が聞かれます。




それでも安倍ちゃんの発言をそのまま鵜呑みにする安倍応援団も存在します。自民党に入って安倍ちゃんのケツ持ちと化した和田政宗は自身のブログで安倍ちゃんに同調した内容の記事を書き綴っていますが、案の定、ツイートには反発の声が多数を占めており移民政策の誤魔化しは失敗となった模様です。和田も安倍ちゃんの懐に入ってよっぽどいい思いをしているのか知りませんが、却って反発を強くさせるあたり和田は戦略性もなく頭はあまりよくないようですね(笑)








しかし定義の誤魔化しができないなら捏造した世論調査で誤魔化そうと考えたのか今週日経新聞の世論調査が発表されましたが、その調査結果が物議を醸しています。








2019年10月予定の消費増税は賛成47%、反対46%、外国人労働者の受け入れ拡大は賛成54%、反対の37%を大幅に上回るという驚愕の結果となりました。国民が嫌がる二つの政策が賛成が上回るとか捏造であると信じたいですが、もし本当にそうならば日本人というのは国の根幹を揺るがす売国策でも従順に従うという救いようのない国民性としか言いようがありません。



日経は経団連の息が掛かっている特種なマスコミですからそういう鉛筆なめなめくらい余裕でやるでしょう。先述した移民と消費税の是非を問う調査結果を真に受ける情弱をたくさん生み出し「仕方がない」と諦めさせるというか納得させる戦術で安倍政権をサポートしているのです。政権もそうですがそれにベッタリの財界とマスコミの腐敗も酷いもんです。こういう連中が国益を損ない堕落させているのです。



森友の公文書改ざんと加計の愛媛県文章との食い違いが明らかとなり、本来ならばこれで責任閣僚が退任に追い込まれ政権崩壊へと繋がるはずなのに、責任閣僚は辞めることなく引き続き改造内閣でも選任されているこの状況はマスコミの疑惑報道不足が一つの要因とも言えます。政治に関心のない国民性もあるので報道されなければ疑惑は払拭されたと勘違いするのでしょう。ここまでは完全に官邸のペースで事が運んでいるのです。



しかしこんなふざけた連中をいつまでも野放しにしておく訳にはいきません!安倍政権が続けば国民は幸せにはならない。安倍政権の危険性を認識した私たちが広く拡散することです。詭弁を使い国民を欺く安倍政権を許してはならないし絶対に逃げ得させない!!!



posted by yuuponshow at 18:35| Comment(0) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

移民反対でも安倍支持という詭弁は思考力を失ったカルト信者の台詞である

消費税増税、TPP、日韓合意、種子法廃止など日本を切り売りする売国政策を次々打ち出してきた安倍政権。これらの売国政策に失望して支持を辞めた人もたくさんいたことでしょう。そして日本人として看過できない新たな売国を安倍政権が打ち出してきました。日本人を舐めてるのかこの政権は!?(−−〆)







政府は「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太の方針)の原案で新たな在留資格を設けることを明記し、外国人労働者受入拡大を認める方針を示しました。対象を実質的に単純労働者の領域にも拡大し、50万人超の受け入れ増が見込まれることになります。日本は外国人実習制度の拡大により今や世界第4位の移民国となっている訳ですが、その順位が更に上がりそうですね。


移民受入世界比推移.PNG

外国人労働者基準.PNG



新たに受入れる外国人労働者の審査基準として「技能や日本語能力」の試験を受けることになるのですが、試験といってもコミュニケーションが取れれば良いという程度のものですから難しいものではありません。それにしても一応、保守という看板を掲げてきた安倍政権が保守層の期待に背いてよくやってくれたもんです。ところが当の安倍総理はこの単純労働者受入を移民ではないとうそぶいているのですから驚きです。国連の定義では12ヶ月以上在留して働くのは広い意味で移民とされてるのですが、これも閣議決定で覆すのでしょうかね。




現行の高度外国人実習制度も実習生の過酷な労働実態や失踪など問題山積でマスコミでも取り上げられています。これで単純労働者を受け入れると外国人を取り巻く社会問題が拡大することは必至ですし、安い労働賃金者が増えることで日本全体の賃金が抑えられデフレ・経済停滞を招くことになります。




もはや似非保守どころか売国奴であることを隠さなくなった安倍政権ですが、それでもまだ支持する人がいるのでしょうか?いるとしたら彼らも安倍や自民党と同じ売国奴であることに疑いの余地はありません。今回の外国人の単純労働者受入拡大について都合良くアクロバティック擁護しているツイートはさすがに見つかりませんでしたが、その一方でこういう意見が目立ちました。



「安倍政権支持だけど移民政策には反対です!」



こんなことを平気で述べるあたり、今置かれた立場が理解できていないのでしょうか。国の根幹を壊す移民政策なんぞ一番やってはいけないのに、それでも支持し続けるのは保守でもリベラルでもなく安倍真理教という邪教に陶酔する思考力を失ったカルト信者そのものです。ここで目を覚まさなければもはや安倍と共に朽ち果てて頂くしかありません。


posted by yuuponshow at 18:00| Comment(0) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする