2021年07月14日

「金融機関への働きかけ」で飲食業界を締めあげたスガ政権の命運が尽きる時

いよいよ来週から東京オリンピックが開催しますが、既に首都圏での競技会場での無観客開催が決定しています。今週より東京都は再び緊急事態宣言発令となり、コロナ感染拡大が懸念されるこんな状況の中で、果たして開催できるのか?開催したとして感染爆発するのでは?開催直前になってもいまだ中止の声が絶えないのに、そうした声に一切耳を貸さずに開催を強行しようとしているのです。







辞退国や辞退する選手もいて、来日した選手・関係者から陽性者が続出するこの状況を見るからに既に失敗と言われても仕方がない東京五輪ですが、いずれにしろ大会終了後には開催強行する日本政府とIOC&JOCには厳しい審判が下されることは避けられそうにありません。

スポンサーリンク




開催強行を決断した日本政府としては五輪成功に向け力強く内外にアピールしたいところですが、西村康稔経済再生担当大臣の不用意な発言によりそんな余裕はなくなってしまったようです。



西村やすとし やらかし.PNG



この発言により、やり玉に挙げられた飲食店業界は怒り心頭、当然です。大した補償も得られず、規制を強いられてばかりで廃業倒産が相次げば政府に対して怒りをぶつけるしかありません!!!






そもそもお酒がコロナ感染の原因であるなど全世界見渡しても聞いたことがありませんし、お酒の規制をしているところもありません。飲食業がお酒の提供を規制したことで、締め出された一部の荒くれものによる路上での飲酒が社会問題となったことから酒類規制すべしと打ち出した根拠なき対策に過ぎません。



この発言をした西村大臣について、野党はもとより与党内からも非難の声が相次いでおり、西村大臣に向けた辞任を要求する声が高まっています。しかしこの声を受けてスガ内閣は押し黙ったままです。そりゃそうです、西村大臣のこの発言は失言などではなく、スガ政権そのものの声明だったからです。






スガ政権勅命による飲食店を標的にした飲酒提供禁止令であることが判明したのです。特定の業者には手厚い利権を提供する一方で、一般国民への補償は一切行わなず恫喝して締めあげることばかり、とりわけ飲食業は根拠なき飲酒禁止令を打ち出されることとなりました。金融機関に締め付けを強制することは経済活動の自由を侵害することになるので、このやり方は基本的人権の侵害で憲法違反に抵触すると思われます。憲法違反も厭わない反社組織と化したスガ政権をこのままほおっておく訳にはゆきません。







やられっぱなしではいられない飲食店業界は自民党政権、スガ政権に対し反旗を翻すこととなり、今秋に迫る総選挙で「自公以外に投票を」というスローガンを掲げられる事態となりました。







五輪成功で支持率回復を目論んでいただけに、お粗末で根拠無きコロナ対策が禍根を残すこととなりました。政権発足以来、恫喝締め付けで統制を強いてきたツケであり、このままだと解散前に自党内からの突き上げを喰らって退陣に追い込まれかねない事態に発展しそうです。五輪成功よりもスガ政権の命運が尽きるのを目の当たりに出来れば最高なのですが。

posted by yuuponshow at 00:15| Comment(2) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月09日

鳩山元首相よりも資質は上!?初代を超えた二代目ルーピー丸川珠代

本日は2年ぶりとなる党首討論が行われましたが、まともに会話のキャッチボールができず、言語失調レベルの答弁で身内からですらかなり不安視されているスガ総理。野党党首相手に原稿なしの論戦でボロボロ状態に晒されることを期待していたのですが、生中継の入った僅か45分の中で細かく区切られた党首討論ではそうしたボロが出ることはなかったようです。






党首討論は時間内であれば自分の見解を延々述べることができます。論点を逸らして延々自論を述べて時間稼ぎをすることなどたやすい、さすがこういう悪知恵は働くものですが、どうでも良い64東京五輪の思い出話を得意気に捲し立てて大半の国民はイライラしたことでしょう。おまけに安倍前総理張りにすぐにばれるような嘘を得意気にまくしたてる始末。







こういう姑息で出鱈目なやり方が支持率低下を招くことになると思うのですがね。五輪もコロナもすべて中途半端で何とかやり過ごして乗り切るつもりなのでしょうが、このまま強行すれば目も当てられない悲惨な結果が目に見えています。

スポンサーリンク




本日クローズアップする人物は新閣僚として日々奮闘しておられる丸川珠代五輪担当相でございます。2007年の参院選で初当選した彼女はテレビ朝日アナウンサーという華やかな経歴があり、出馬の時点で他候補者と比べて人気度知名度とも秀でたことは言うまでもありません。そして丸川珠代が国会議員として注目を集めることとなったのが、民主党政権時の鳩山首相に議場で向けられた「ルーピー」というヤジでした。



丸川 ルーピ―.PNG







この時、議場は大荒れ、当時与党だった民主党からヤジを飛ばした丸川に向けられた罵倒は当然として、野党自民党からもたしなめられるなどこのヤジに否定的な見解が多かったのです。



それでもめげずにこの他にも「この愚か者めが!」「このくだらん選択をしたバカ者どもを絶対忘れん!」など随分威勢の良い担架をきって民主政権を挑発しまくっていたのです。失政がポロポロ出始めた民主政権への風当たりが強くなってきたこともあって、世間ではこのヤジを後押しする動きも見られました。



私は当時、自民推しでしたが、このパフォーマンス凄く違和感を感じました。まだ新人議員なのに一体何様なんだろうかって、それから彼女に関しては良い印象は持たなくなりました。ともかくそれを良いことに彼女は調子に乗りまくり、丸川本人だけではなく自民党も悪乗りしてこのようなTシャツを作るのでした。








親分の安倍晋三自らヤジを称賛するとは、まったくこの政党のモラルはどうなっているのでしょうか?それに安倍自身、自分に向けられたヤジにはかなり神経質になって不満をあらわにしていたのに、まったく自分勝手極まりない人間です!



そして丸川珠代は自民党が与党に返り咲いてからは着実にキャリアを積み重ね、現在は五輪担当大臣として目前に迫った五輪開催に向けて日々奮励されている訳です。ところがコロナ架という非常事態の中での五輪開催に否定的な世論の声が圧倒的の中で、五輪担当相という立場から、五輪あり気の姿勢や態度が物議を醸し、それが世論からの反発を招くこととなりました。






政府の政策に専門家の見地から提言できる分科会の会長に向けて、まるで話にならないといった見解を出していますが、国会議員や大臣とは特権階級貴族か何かと勘違いしているのでしょうか?医学的、科学的専門家の見解見地に耳を貸すこともなく鼻で笑うようなこの高飛車な態度、自民党政権はこういうのが目に付きますが、丸川はそれが一番良くあらわれています。






五輪に否定的な記事には国内だけではなく海外であろうと噛みつくこの態度、それでいて筋の通った主張に具体的な反論も示すことはできない、あまりに見苦しい立ち振る舞いとしか言いようがありません。民主政権時代に議場で一国の首相を下品な大声でルーピー呼ばわりする人間ですから、どこか普通の人とは違うのでしょう。別の地平から見てきたという言葉を恥ずかしげもなく出せるのも頷けます。







かつてルーピー呼ばわりされた鳩山元首相も、丸川大臣に苦言を呈しています。自分はルーピーでも構わないと遜る一方で、丸川本人の不遜な態度や発言をたしなめるあたり、鳩山元総理の方が人間として、大人としてできている方です。



ルーピーとは「変わった、狂った、混乱した、頭がおかしい」といった意味ですが、それは丸川本人にあてはまるのではないでしょうか?東大出らしいですが、天才となんとかは紙一重と言いますから。かつてルーピー呼ばわりしたあの方にたしなめられる無様さ。丸川は鳩山氏に次ぐ、否、むしろそれを超えるルーピーと称するに相応しい資質であると言えるでしょう。


posted by yuuponshow at 18:35| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月16日

自称保守界隈をリスペクトし、森下千里は第二の杉田水脈を目指す!?

国会では今週から本格的にNTT・東北新社の参考人質疑が行われることになりました。これに先立ち総務省は東北新社の子会社が継承している衛星放送事業の認可取り消しを発表しましたが、このタイミングではとかげの尻尾切りのように思えて仕方がありません。辻褄の合わないところまで露呈されて何ともきな臭い流れになってきました。






どちらが嘘をついているかはともかく、モリカケ桜と構図がほぼ同じに見えて仕方ありません。モリカケ桜は真の関係者を隠蔽させて有耶無耶にされたままですが、これも同様有耶無耶にするつもりなのでしょう。自民党政権が続くと同様のことがリピートされるということです。行政をゆがめる政権が続くことが本当に良いのか?国民の皆さんにはよく考えていただきたいものです。

スポンサーリンク




話はガラッと変わりまして、タレントの森下千里が自民党の宮城県連支部長に選任され、同選挙区から擁立され出馬することになりメディアやネット媒体でこのニュースが大きく取り上げられています。




元レースクイーン&タレントという肩書が巷で賛否わかれていますが、与野党含めてこれまでもタレント議員は輩出されてきましたし、本人が政治家になりたくて出馬することに意欲を示している訳ですからこれはこれで尊重したいと思います。しかし彼女がこれまで政治的主張を述べたのは今年になったつい最近からで、それまではまったく主張はありませんでした。一体彼女はどういう経緯で政治家を志すことになったのか?なぜ自民党からなのか?なぜ出生地の愛知県ではなく宮城なのか?色々と謎のある政治家転身であると言えます。


森下千里.PNG


そして大いに物議を醸しているのが、政治的主張に偏りが見受けられることです。






トランプ前大統領が人権問題に熱心だとは初耳ですが、いったいどこからそういう情報を仕入れたのでしょうか?これに突っ込みが入っており、森下氏の見識の薄さが見受けられることになりました。





そしてウィグル問題も考えてほしいと訴えているというくだり。これは右左問わず人権問題を考えることは当然のことなのですが、ウィグルと同時に人権と民主主義を蹂躙されているミャンマーにも触れてほしいところですが、ミャンマーについては触れているツイートはないのですよね。ウィグルには関心あるのにミャンマーにはあまり関心ないという自称保守界隈にありがちな偏りが見受けられるようです。






その自称保守界隈の連中をリスペクトしているのを見ると、連中に感化されてしまっているのかなという感じですね。そしてその中にはジェンダー差別発言で堂々の1位となった杉田水脈さんも入っているようです。





あの森喜朗を2位に追いやる差別発言者である杉田さん。その発言の破壊力はすさまじく自らの寄稿文によって新潮45を廃刊に追い込むほどですから恐ろしいものです。この人をリスペクトして人権問題を主張するとはなかなか理解に苦しむところではあります。





彼女が自民党に推挙されたのは和田政宗あたりの働きかけもあったのでしょう。しかしこのままでは第二の杉田水脈として祭り上げられることになりそうです。当選するかはさておき、断片的知識しか持ち合わせていないように見受けられる彼女が自称保守界隈から持ち上げられているのを見ると今後のことを考えればあまり幸せとは思えません。それによりにもよって行政を歪める嘘隠蔽改ざんがまかり通る自民党から出馬とは・・・繰り返しになりますが理解に苦しみます(^^ゞ




posted by yuuponshow at 18:55| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする