2020年05月08日

庶民への給付よりも政府批判対策のが大事!安倍政権によるネット工作活動

新型コロナウイルスへの日本政府の対応について国内はもとより海外から批判が相次いでいます。記事の主な内容はPCR検査数の少なさに対するもので実際にはもっと感染が広がっているのではないか?これについては異論を挟む余地などありません。政府はオリンピックの影響で初動が遅れた上に検査を渋っていることは間違いありません。統計と称して検査を絞ることを肯定する輩もいますが、感染源が特定されない感染例が多発しては今後の対策も解決も見出せません。批判されてしかるべきです。









そして我々の税金24億円もの大金を予算計上して対策に充てるとのことですが、そんな無駄金使わなくともやるべき事をやれば良いだけのこと、そしてぶれることなく信念を持った強い発信力があればそんなお金など使う必要もないのですがね。今はコロナ禍という非常事態であり生活資金に窮している国民のために一刻も早く給付金を届けなければならないはず、こんな外面を保つための費用に充てる必要性などまったくないはずです。




この外面を保つための工作活動費用はいったいどこに流れているのでしょうか?







5月6日に行われた安倍総理と山中伸弥也教授との対談がニコ生で配信されたのですが、安倍総理への批判コメが大量に寄せられることになりましたが、慌てたニコ生運営側が批判コメをことごとく削除されたのでは?とネットで話題となっています。








これについてニコ生側はツイッター短時間に何万件もの荒らし行為が散見されたとのことで削除したと見解を出しています。








荒らし行為が行われていたのは本当のようで、先日公表されたアベノマスク発注業者の名前をもじったアカウントが大量投稿していたようです。これに反アベ側も相当騙されたようで、リツイートしたり「言論統制」とニコ動運営を批判したことでアベサポ・ネトサポよりいじられることとなりました。



ここでふと思ったのが、こういう荒らし行為誰得なんだろうか?荒らし行為なんて当然運営側よりアカウントBANされてしまう訳だし、個人でやるメリットがありません。そうなると犯人は組織となるのですが、組織だとますます反アベとしてのメリットを感じませんよね。ただでさえ批判コメも増えているのに、それすらも掻き消す手段を取っているということはコメ欄を荒らしで埋めるためアベ側と運営が結託して自作自演していた・・・と考えられなくもないのです。それを反アベがあげつらったらデマに騙されてやんの(笑)と揶揄できる。これほど効率の良いネット対策はないのではないでしょうか?



昔から政権側との癒着が噂されるニコ動ですからそれくらいの知恵働かせることも考慮しておくべきでしょうね。まずは情報を鵜呑みにせずきちんと精査した上で発信することです。



一方でツイッターでも政権批判のトレンドハッシュタグの削除やそれに関連するアカウントの凍結が見受けられます。









トレンド削除はあからさまな情報操作ですからツイッター運営側に要請した政権による工作活動と断言して良いでしょう。今や情報収集や発信源として最も活用しているツイッターですからそこへの資金流入は相当あるのではないかと考えられます。そしてフォロワーの少ないアカウントのネット工作員によるB層向けのサブリミナル効果ともいうべきアベ賞賛コメの発信も数多く散見されます。







上のリプによるとこの大量コピペは実は「コピペ遊び」なんだそうですが、その割には政権擁護のコピペが多く見受けられるのは気のせいですかね?そして政権に寄り添った方針のもあります。単なる遊びにしては随分と動員かけて巧妙にやっているようですが。








生活に窮した国民に給付金を届けるよりも、自分の体裁を保つのが大事な安倍政権。自分の意向に沿って賞賛してくれる人に惜しみなくお金を注ぎたくなる気持ちは分かりますが、この非常事態に日常生活もままならない状況が続けば政権倒閣への動きが活発化していくことになるでしょう。
posted by yuuponshow at 19:03| Comment(2) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

わが日本国始まって以来の天下の愚策アベノマスクで国民に危機感が芽生えるのか!?

コロナウィルスの終息が今だ見えない中、日本政府が国内全世帯を対象とする初の緊急支援策を実施すると発表しました。








これが発表されたとき安倍ちゃんが国民に向けてエイプリルフールジョークで暗い世相を吹き飛ばして和ませようとしているのかと思いましたが、エイプリルフールでもなく本当に実現しそうです。さすが安倍総理!私たち下々の者では考えようがない発想力をお持ちです(呆)




このマスク2枚は安倍シンパからしても衝撃的だったようで安倍とメシ友の百田尚樹もツイートで怒りをあらわにしています。









普段は安倍擁護タブロイド紙として名高い夕刊フジもさすがにマスク2枚では庇いきれなかったようです。逆に安倍政権に向けてゲンダイ並みの怒りに満ち溢れた一面記事をぶちあげてしまいました。






この愚策に世界からもお笑いのネタとして取り上げられているようです。海外では笑い話で済みますが、当事者である日本人からすればたまったもんじゃありません。おまけに布マスクは推奨しないというWTOの見解まで紹介されてて大変恥ずかしい思いです。








まじめな話、全世帯に配布するための郵送料は200億円にのぼる試算だそうで、その費用と手間暇考えたらこんな余計なことはせずにマスクが枯渇している市場に行き渡るようそちらに予算を充てるべきです。それに郵送だと全国800万戸と言われる空き家に配られることになり大量の無駄を生み出すことになり早急に見直すべきなのです。それにしても「マスク2枚」が本当に実現したらコロナ収束後も天下の愚策として安倍政権共々永遠に語り継がれることでしょう。



しかしこのような愚策でも百田のように怒りをあらわすことなくマスク2枚配布を大変ありがたがっている重症の安倍シンパさんもいるようです。









もの分かりが良すぎるというか、マスク2枚ををありがたがるって安倍ちゃんシンパの鏡のような方々ばかりですね。せひともこのまま一生安倍ちゃんに詐取されまくってください。その一方でこういう主張もあるようです。








マスク2枚に捉われすぎ!政府は今後も経済追加対策を真剣に考えているんだ!と言いたいのでしょう。しかし初っ端がマスク2枚というしょっぱい支援で期待などできる訳ありません。現に効果が期待できる消費税減税は徹底否定されてますからね。頼みの現金支給も所得減少の世帯対象とのことで手厚い経済支援は果てしなく厳しいものになりそうです。








他国と比べてもあまりに国民をバカにされた施策ばかりで暴動起こされても仕方ありません。しかしこの愚策をありがたがる危機感も切迫感もない安倍シンパを始めとした民度の低い国民性では手厚い支援など今後もあり得ません。思考力発想力皆無のアベシンパはともかくこのアベノマスクという天下の愚策を発表した現実を踏まえてもっと声を挙げていかなければどうしようもありません。


posted by yuuponshow at 18:00| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

志村けんさん安倍政権の不手際・無能さによりコロナの犠牲に

新型コロナ・ウィルスの猛威が全世界に晒され多くの命が失われましたが、日本でも衝撃的なニュースが列島を駆け巡りました。若男女誰でも知っているお笑い界の大御所、志村けんさんがコロナによって命を落としました。







志村さんが倦怠感を訴えたのが今月17日、発熱と呼吸困難を訴えたのが19日、翌日に緊急搬送され重度の肺炎と診断され意識不明となり23日にはコロナ感染が発覚、症状が出て僅か10日あまりでこのような結末を迎えるとは誰が想像できたでしょうか。遺体は遺族と顔を合わせることもできずお別れすることもできない。火葬場にも同行できない。骨も拾うことができない。これがコロナの恐ろしさなのだと改めて痛感しました。



日本で蔓延している今、決して他人事ではない、対岸の火事でもない、自分の身に降りかかってくるものだと認識しておくべきです。志村さんのような国民的タレントがコロナに晒され亡くなってしまったことは大変衝撃的ですが、身近な存在のタレントが亡くなったことで自分や家族、友人にも降りかかってくるものだと思い知ったのではないでしょうか。決して甘くみてはならず、これまで以上に自粛してコロナ収束のために一人一人が努力していくことが大事なのです。



その一方で、我が国の政府対応を見るとあまりに酷いとしか言いようがありません。志村さんの例を出しても分かるように発熱と呼吸困難が出てすぐに検査を受けていれば助かったかも知れません。しかし政府はコロナ対策で国民に対しどのような伝達をしてきたのでしょうか。






何の根拠も確信もない4日ルールが世間に浸透し、それを実直に守った結果助かる命を多く失うことに繋がります。志村さんの場合まさにこれにあてはまってしまい、少なくとも19日の症状があらわれた時点で検査していれば助かったかも知れません。たらればを言えばキリがありませんが、このような結末は回避できたのではないかと思うと残念でなりません。



この4日ルールを推進してきた国の責任は極めて重く、しっかり責任の所在を明らかにした上で責任を取ってもらわなければならない。それは国と同時に医療崩壊と称してPCR検査を受けるなと叫び続けた安倍政権応援団も同罪です。











中にはこのように政府政策を支持しつつ、PCR検査増加は医療崩壊に繋がると検査抑制を訴える仲田洋美という女医がいます。上記の医療崩壊ガーを操る親玉のようで、自らも有名無名を問わずあらゆる反アベ界隈のツイッターリプに絡みついて毒吐いたりして、アベ界隈の文化人放送局に出演したりと最近大活躍のようです。極めつけは下にある安倍ガンバレーにあるように安倍シンパの中でも強烈なキャラクターのようです。コロナ問題発覚から急成長中した今後要チェックのアベサポですね。









安倍政権の問題は上記のようなイカれたアベサポを抱えていることもそうですが、肝心のコロナ対策はと言えば初動段階の時にインバウンド目当てに大量の外国人の誘致しようと積極的にPRしていたことから分かるようにあまりに酷いものでした。


安倍 中国人訪日歓迎.PNG



厚生労働大臣のこの言葉はコロナ感染を拡大させる最大要因となりました。クルーズ船から国内にウィルス拡散させた最大の功労者となったのです。






初動段階での対応もそうですが、その後の対応はご存じの通り、感染対策も経済対策もすべて後手後手であまりに酷いとしか言いようがありません。それどころか感染症に対応する病床を大量に削減し、一定割合を削減した医療機関には補助金を出すなど病床削減に積極的なことです。明らかにコロナ対策に逆行していることなのですが、指示を出したまま止めようとはしていないのです。






明日から新年度ですが、国は新年度に合わせて日本国内の人事異動を凍結していません。国内移動の制限を推奨している中でなぜこのような民族大移動を凍結しないのでしょうか。






この体たらくですからコロナ拡散は今後も抑えられそうもありません。日本人は安倍政権の不手際・無能さをもっと認識しておくべきではないでしょうか。始めの対応の拙さが今の惨状を生み出しているのです。むしろコロナ拡散させるための人口減を画策しているのかと勘繰りたくもなります。国民の皆さんこのまま安倍政権に委ねて良いとお考えですか?間違いなく日本は亡国となり果ててしまうのですよ。




posted by yuuponshow at 23:45| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする