2018年07月06日

政府への苦言を言わない言えない自民党支持者

本日、オウム真理教教祖の松本智津夫始め教団関係者7人が死刑執行されました。地下鉄サリン事件から23年、坂本堤弁護士一家殺害事件から30年近くとなり、リアルタイムでオウム事件を目の当たりにしてきた者として時の流れを感じずにはいられません。テレビやネットでもこの話題で持ち切りでしたが、この一連の流れの中で気になったのことが一つあります。オウムの大幹部として広報をしていた上祐史浩氏がオウム死刑囚執行を受けての記者会見をしたのですが、記者からの質問は殆どなく上祐氏がたんたんと会見するだけという何ともお粗末なものでした。








この記者会見について資質と器量のない記者の体たらく振りにテレビのワイドショーコメンテーターから辛辣に酷評されていましたが、まったく同意です。記者の年齢が若く当時の情景を体感していないこともあるのかも知れませんが、こんな腑抜けた連中など記者として失格です。世間が聞きたい知りたいことを伝えようと言う気概がないのであれば自分は記者には向いていないと自覚して配置転換を上司に進言するべきでしょうな。今日のオウム関連の中で一番胸糞悪いものを見せつけられました。






ただこれが今置かれている日本の現状を象徴しているのかも知れません。安倍政権により売国政策や公文書改ざん隠蔽破棄など興味もなくただ「他に誰もいないから」という理由だけで安倍を自民党を受入てしまう日本人が数多くいるのですから、仕方がないと片付けて諦めてしまう日本人の気質の弱さが記者会見における記者連中を見てそう感じました。




このマスコミの劣化が今の安倍政権を延命させている要因と言えるでしょう。モリカケの初動の時は各局こぞって取り上げてきましたが、ここ最近は魂を抜かれたかのように沈黙している状態。モリカケは公文書改ざんの発覚後と、加計理事長のコソ泥のように隙を狙った限定記者会見以降では本質が大きく異なります。ここで追及しないでいつやるのか!?こんな体たらくのメディアやマスコミを見ればネットに影響力を奪われても仕方がありません。




そのネットでは広報活動に長けている自民党サポーターズやその取り巻き連中が優勢の状況です。動画配信やブログランキングでも上位を占め、政権に近い著述家やジャーナリストが出す書籍は売上上位にランクインしています。政権支持率も50%以上出ている調査もあるようにネットでの広報活動が功を奏して政権安泰となっているのです。しかし連中は安倍政権の売国政策には目を瞑って安倍政権を称賛しているのですから始末が悪いのです。彼らは安倍政権が存続すれば良いのであって日本がどうなろうと構わないのです、こんな連中のプロパガンダ工作に騙されてはいけません!!











このアカウントさんの言う通りであり、支持している自民党が誤った政策を行っていれば糺していくよう促していくべきなのですが、このツイートにぶら下がって反論している連中はその点には触れず野党の方が悪い、頼りないと主旨を曲解しているのです。
















妄信的に自民党を安倍を支持できるならば何も申しますまい。そういうのは死んでも治らないのだから一生支持してれば良いのです。自民党支持者でも自民党の政策について苦言を呈したいのに何も言えない人間に頼りないと言っているのです。反論している連中は妄信的な安倍支持者ですからあんたらには聞いていないのに言い返さなければ気が済まないのでしょう。しかし反論するということはそういう自覚が少なからず抱いているのでしょうね。




物を言えない言わない日本人の気質が現状の安倍政権であり、有権者一人一人の責任は大です。自民党支持者に言いたいのが別に野党に票を投じなくても良いから地元の国会議員や県議市議会議員に意見したりネットで苦言を呈したりすることですね。これは自民党支持者でなくともできますからその声が広がればだいぶ変わってくると思いますよ。それをやらずに野党叩きして憂さ晴らししても生活は決して良くならないのですから。



(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 17:45| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

安倍倒閣の近道は自民党工作員アカウントの正体を暴き潰すこと!

野党による審議拒否により国会が空転してからというものの、政権支持派と反政権派による罵倒合戦が繰り広げられています。


「公文書改ざんなど日報隠蔽、セクハラなど与党は説明責任を一切果たしておらず、これらの責任者への処遇についても曖昧なままで審議できる環境が整っていない。国会を正常化させる責任は政府、与党にある」




「審議拒否は国民への冒涜、怠慢、税金の無駄、職場放棄する野党に問題がある」



野党6党の審議拒否については、ネットはもとよりメディアでもズル休みなどと称して伝えられており、やや政権支持側が押し気味のようです。









このようにデカデカとズル休みと乗っけられては経緯に疎い国民もそうなのかなと信じ込んでしまいそうですが、そもそも安倍政権は野党の追及に何一つ答えていないゼロ回答という舐めきった態度を取っている与党の姿勢が原因の発端なのです。



政権もそうですが、自民党内からも説明責任を果たさないという声を挙げ問いただすことなく野党へ責任転嫁したりする始末。









そしてそういう与党の不誠実な対応にも拘わらず審議がスムーズに進行すると嘲笑っている政権支持者たち。こいつら裁量労働制のデータ改ざんが明らかになったのにデタラメな情報を元に審議可決する流れが正しいと思っているのでしょうか?










財務省の不祥事における対応の甘さとハニートラップと決めつけテレビ朝日女性記者へのセカンドレイプ発言を仕出かした麻生太郎など本来であれば辞任に追い込まれて当然なのですが、政権の中枢として政権を支える麻生が辞任となると屋台骨が崩れる懸念からそれができない安倍政権、こうした官僚や閣僚の不始末を抱える安倍政権への批判は当然です。しかし思ったようには世間が動かない。



理由は野党の支持の弱さに尽きます。活動がやや左翼的プロパガンダ傾向が強く、思想信条が国民の支持が受け入れにくさせていることは猛省するべきです。昨年の総選挙序盤にあった小池旋風のような風があれば良いのですがそんな風頼りでは心もとないですし、民主党政権のような体たらくを目の当たりにしては自民党のがマシかなと感じてしまう人が増えるのは必然であると言えます。国民を欺くような再合併などしていては支持拡大などあり得ません。





政権交代よりもキャスティングボードを握るといった地道に支持を増やすことに尽力すれば道は開けてくるのではないかと思います。野党連携やマスコミなど外部との接触を図るなどして時には与党勢力を切り崩すための接触を図るなどしたたかさがあればデタラメ安倍政権などすぐに崩壊するでしょう。そういう点で今の安倍政権は国内においてしたたかさを発揮しており、それを潰すくらいの活動が求められます。







自民党が力を入れているのがマスコミ対策よりもSNSやyoutubeなどのネット対策です。自民党政権というか安倍政権を持ち上げ、それを批判する勢力(野党・マスコミ・著名人)を叩く名もなき戦士をたくさん送り込むことで世論誘導が形成しやすくなりますが、ここにきて自民党ネットサポーターとして悪名高きツイッターアカウントのDAPPIがネット上でクローズアップされています。







DAPPIに関しては拙ブログで度々取り上げていてそれなりに反響はありました。そして今回取り上げたこのまとめ記事の影響力は大きく、正体不明のアカウントにしては予想外の反響があるようです。平日の朝8時から21時までのシフト制を敷いていて複数による組織的な活動をしていると分析されたことでDAPPIのアカウントに多くの出勤ご苦労様です(笑)という嫌がらせのぶらさがりツイートが確認できます。












香山リカセンセまでリスペクトされています(笑)






印象操作をして時にはデマを使ってまで安倍政権を持ち上げ野党や批判的なマスコミ著名人を叩くDAPPIを始めとする正体不明の自民党ネットサポーターズですが、これでは印象操作活動がやりづらくなるでしょう。そろそろこういう連中にも痛い目に遭わせなければならないのでどんどんやってほしいです。Mi2やアノニマスポストといったアカウントも切りとりした動画編集や投稿間隔などDAPPIと似ておりこれらも業者臭さ満載です。


Mi2.PNGアノニマスポスト.PNG




フォロワーも多くツイート数の多いアカウントは逐一チェックして丸裸にすることで、その組織力や資金源はどこからくるのかを精査すればこの連中を一網打尽に出来るでしょう。いずれにしても綻びが目立つようになりそう長くない安倍政権を必死で支えるこの名もなき連中もいずれは失業するでしょうが、潰すのであれば早ければ早いに越したことはありません。




posted by yuuponshow at 22:22| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

反安倍勢力の追撃スクープに必死で対抗するネットサポーターズの空虚な論点ずらし

本日、朝日新聞が一面で取り上げた加計学園のスクープ記事。モリカケに関してはここ一月に渡ってネタに尽きない状況ですが、今回もまた凄いのをぶっこんできました。

朝日4.10スクープ.PNG


この記事によると、2015年4月、愛媛県や今治市の職員、学園幹部が柳瀬唯夫首相秘書官(当時)らと面会した際に愛媛県が作成したとされる記録文書が存在し、柳瀬氏が面会で「本件は、首相案件」と述べたと記されています。


これが事実であれば昨年7月25日の参院予算委員会で、この面会について「私の記憶する限りはお会いしていない」と複数回、答弁していたのは虚偽だったことになる訳です。


柳瀬首相秘書官 会っていない.PNG
柳瀬首相秘書官 首相案件.PNG



柳瀬首相秘書官については国会の場において再び真偽のほどを明らかにしていただくのが当然なのですが、真偽を明らかにするのは柳瀬氏だけではありません。安倍総理も国会の場でこんなことを言っていました。


安倍 1月20日 初めて知った.PNG




首相秘書官が自治体や学園関係者と2015年の時点で会っていたのであれば当然総理も知っているはずなので昨年1月に特区申請を初めて知ったというのは整合性が取れなくなる訳です。柳瀬元秘書官だけでも問題ですが、安倍総理も絡んでくるとなるとさすがに官邸も否定せざるを得ない状況で、本日の朝日記事について菅官房長官は承知をしていない発言はあり得ないとコメントしています。






二の矢、三の矢と飛び出す朝日スクープですが、他のメディアも追随する形を見せており話題が尽きない状況です。省庁による文書改ざんや隠蔽などあらゆる省庁で発覚しボディーブローのように政権へのダメージが蓄積されているようですが、首相秘書官や総理大臣まで嘘をついていたとなるともはや言い逃れはできません。



この話題の核心は首相案件よりも首相が嘘をついているか否かということです。安倍支持者もこのように強がって論点ずらしに必死ですが、彼らの必死の抵抗が哀れに見えてなりません。








国家戦略特区だから首相案件だとか言ってるひがくぼきみおですが、文章をよく読むとこの時点では国家戦略特区と確定していないのにそう言いきっちゃってるのはヌケてるのかワザとなのかどちらなんでしょうか(笑)






そして安倍擁護派にとって光明となるかも知れない反撃の材料が、江田憲司のリーク元を晒したというこのツイートです。





これ前回の記事でも取り上げましたが、自民ネットサポーターが躍起になって江田のアカウントにぶら下がったりして騒ぎ立ててます。しかしこれ江田が情報を精査しないままツイートしたと言って謝罪すれば終わる話です。確かにリークが事実であれば機密違反となり罰せられることになりますし、迂闊なツイートですが、この手のリークって昔も今もありましたから悪質な犯罪行為とは思いません。



それより知らないうちに情報隠蔽により物事が隠されてしまうことの方が問題だと思うのですけどね。国益を損ねる改ざん隠蔽が明らかになった以上、安倍政権の元では事態の収拾は厳しく退陣は避けられない状況であることに変わりはありません。


posted by yuuponshow at 17:16| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする