2021年11月09日

国民を分断させ主張をあっさり翻す政教分離に反する公明党の存在意義とは!?

選挙明けの内閣支持率が各メディアで発表されましたが、岸田内閣は選挙前に比べて大きく支持を伸ばしています。







確か選挙前の世論調査では、政権発足直後にも拘わらず支持率が思った程伸びなくてご祝儀相場もなかったようでしたが、むしろ総裁選で掲げていた公約をあっさり反故にするなどあまりに酷いぶれぶれが露呈されたばかりでした。にも拘わらずこの政権を支持できるなんてよっぽどお人好しの国民性なのでしょうかね。鉛筆なめなめしたメディア操作じゃないのであれば、まともな感覚ではないです。




そのぶれぶれ岸田内閣と連立政権を組むのが福祉の政党と自負する公明党なのですが、ぶれぶれ岸田政権をしっかりサポートして給付金など国民に手厚い補償政策を促してほしいところですが、その公明党が推進する政策があまり評判がよろしくないようで、猛烈な批判を浴びせられています。






18歳以下の子供を対象とした一時給付金を総選挙の公約に掲げた公明党が、その公約を実現すべく自民党へこの政策を提言し、それを丸のみした形での政策が来年初めに実施されることになりそうです。コロナ対策のための一時給付金のはずなので、本来ならば年齢問わず全国民を対象とするべきなのですが、公明党は「子育て支援策」として18歳以下を対象としているのです。



公明党 10万円給付.PNG



この公明案を丸々呑めば、当然ながら18歳以上には何ら補償されません。このコロナ禍でいったいどれくらいの人が失業したのか?仕事がなくなったのか?それを踏まえれば支給対象を制限するべきではないのですが、公明党という自称・福祉の政党はご存じないのでしょうか?もっとも自民党の主張は同じ18歳以下で所得制限を設けたい方針なので、まだ公明党のがマシなのですが。



公明党の山口代表は「大人の所得や大人の都合で子どもを分断するべきではない」と申していますが、18歳以下の子供への一律十万円給付の時点で、「子供がいるか、いないかで、大人を分断している」 という現実に気が付かないのか。子供を分断するのは問題だが大人を分断するのは問題無いと考えているのでしょうか?大学生についてはバイトできるから対象から外したと声高々に訴えていますが、こうしたことについては耳を貸さないつもりでしょうか?







福祉の政党と謳っている割にはリサーチ不足が否めない公明党。最近は自民党並の不祥事も相次いでおり、これで弱者に寄り添う政党などと謳っているのですから呆れてものが言えません。






自民党と何ら変わらない不祥事だらけの公明党。このような出所不明の告発もあながち嘘とは言い切れないのではないでしょうか。







かつては消費税反対や手厚い福祉政策を訴えていながら、自民党にべったりになってから見当違いの政策や国民を窮する政策に傾斜する公明党という政党。そもそも創価学会という支持母体があり、その信者に公明党議員への投票の働き掛けを促している時点で政教分離に反した憲法違反の政党なので何言っても説得力に欠けます。この政党をのさばらしておくことは日本に大きな禍根を残すことになるでしょう。おまけにかつて謳っていた政策をあっさり翻すことも厭わず。これ学会員の方どう考えているのでしょうか?公明党とは自民党や維新よりも存続させてはならない政党なのです。


posted by yuuponshow at 22:45| Comment(0) | 公明党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。