2021年10月08日

再活動は厳しい!?自民党工作員の希望の星Dappiのツイートが止まる

発足したばかりの岸田内閣ですが、党人事で傷物の甘利明を幹事長に据えたことで発足直後の政権支持率は思ったほど伸びておらず、ご祝儀のつかない厳しい評価となりました。







甘利だけじゃなく、小渕、高木と傷物面子で固めている自民党執行部ですが、閣僚も有能な人材が揃ってます。







前デジタル大臣の平井卓也と同じですが、こちらはお金を払わなかったと正直に答えているだけまだまともかな?(笑)いずれにしろ収賄容疑に問われる案件ですから、逃げずにきちんと説明していただかないといけませんね。

スポンサーリンク




どうにも先行きが思いやられる岸田政権ですが、それをサポートする側も由々しき事態に!?自民党をサポートする支持者のツイッターアカウントの素性が暴かれてしまうという事態となりました。




DAPPI.png
自民党工作員のDAPPI




かねてより民主党系や左翼系議員に向けデマや悪質な印象操作ツイートを頻繁に発し、自民党工作員としてその活躍が知れ渡る存在となっていたDappi@dappi2019でしたが、立憲の小西ひろゆき議員が名誉棄損としてDAPPIの情報開示を裁判所に求めたところそれが認められたようで、名前は伏せてますがDappiが法人企業であることが明らかとなりました。



そもそも小西議員が情報開示を裁判所に提起するきっかけとなったのが下のツイートであると言われています。一個人の野党攻撃であれば見過ごしていたかも知れませんが、フォロワー16万で政治家や著名人からもリスペクトされる程の影響力ですから攻撃される側としても見過ごせなくなります。






平日の朝から夕方までのツイートが目立ち、会社形態の組織アカウントでは?と勘繰られていたのですが、どうやらその通りとみて間違いなさそうです。個人であるか法人であるか?これ実に重要でして、法人だとどこからかお金が流れて工作活動していた可能性が高いからです。







この法人の詳細も気になりますが、そこにお金を流していた組織とは一体どこなのか?これ突き止めたらとんでもないことになりそうですね。何せ国会議員でしか知りえない情報をもっていたことも暴かれてましたからね。





かつて内閣情報調査室に対してDAPPIの情報開示を求めたところ完全否定ではなく、存否すら明らかに示せなかった苦しい回答をせざるを得ない対応でしたが、ここまでの状況からして答え合わせできたように思えます。







野党攻撃する一方で、自民党(主に安倍やそれに近い人物・維新など)ageの世論誘導を行ってきた法人Dappi、最近の動向はというと10月1日のスガ本人の退陣の挨拶ツイートをリツイートして以降、何ら発信していません。組織内全員が有給休暇に入ったのか?スガ辞任をもって組織を解散したのか?定かでありませんが、小西議員に素性を含めた情報を握られている以上、再活動は厳しいのではないでしょうか?



裁判の行方にもよりますが、法人Dappiの活動運営は厳しくなることは避けられません。逆にDappiのデマ印象操作で散々煮え湯を飲まされてきた者からすればしてやったりざまあ見ろってところでしょう。しかしここで終了ではありません。ここに資金を流し込んだ組織の内幕を明らかにする必要があります。もし政府関係機関であれば我々の税金から工作活動を流していたことになり由々しき大問題です。Dappiの正体だけではなく背後関係しっかり暴くしかありません!!




posted by yuuponshow at 11:30| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。