2021年10月05日

「世間は忘れる」国民を舐め切った党内人事に鉄槌を下すには総選挙しかない!!

新総裁から国会での首班指名を経て第100代目総理大臣となった岸田文雄総理ですが、総裁選候補の中でも一番バランスの取れる総裁との声も挙がっていましたし、本人曰く「人の話を聞くのが得意」だそうですから波風立てずに党運営と政権運営していくのではと期待されていました。そんな岸田総理と言うか岸田総裁が手掛けた党役員人事が大きな波紋を呼んでいます。







自民党の新幹事長に就任した甘利明氏ですが、5年前に自らが起こしたURからの口利き収賄疑惑についてこれまで何ら説明責任を果たさず、大臣辞任と時間潰しでお茶を濁し、そして頃合いを見計らって党No.2という肩書を引っさげ表舞台に復帰したのです。週刊誌がすっぱ抜いたUR疑獄問題はしっかり音声と裏付けとなる証言が残っているにも関わらず、本来ならば収賄罪で議員辞職&逮捕までしなければならない人間です。しかし甘利は説明責任を果たしたとにべもなく返答しています。







甘利のこの余裕しゃくしゃくの態度の後ろ楯は、検察の不起訴によるものだと思われますが、これまで自民党の政治とカネの疑惑を握りつぶしていたのは、自民党の番人として仕えていた黒川検事長による捜査潰しであることは疑いの余地はありません。これを握りつぶしたことは検察として万死に値する行為であり、絶対に許してはなりません。








とは言え、疑惑を再び持ち上げても今の腑抜け検察が再捜査するとは考えられず、司法が機能していない現状ではどうにもなりません。甘利だけではなく政治資金規正法に抵触する証拠隠滅を図り、ハードディスクをドリルで破壊した小渕優子など何ら説明責任を果たさず、時間稼ぎでこっそり選挙も勝って禊が済んだと涼しい顔して要職に返り咲くなど決して許してはならないのです。この舐め切った党内人事でも余裕で乗り切れると踏んでいるならば岸田内閣に怒りの鉄槌を下さなければなりません。それを下す唯一の手段は総選挙です。



岸田首相は当初11月初旬を予定としていた総選挙の日程を前倒しして10月31日に設定するなど新政権誕生直後という比較的支持率が高いご祝儀相場のうちに総選挙したいという思惑が透けて見える日程を組みました。併せて野党の足並みが揃わないうちにという思惑もあるのでしょう。ここまでは岸田新総理の筋書き通りと言えますが、果たして結果は思い通りになるのか?それを許したらこの犯罪者共がのうのうとのさばることになるのです。








自身の疑惑だけじゃなく、お仲間の疑惑も握りつぶして蓋する気満々の甘利明。有権者の皆さん、こんな輩をのうのうとのさばらせて良いんですか?こんな問題だらけの幹事長で選挙に臨むとかありえない話ですが、どうにも新総裁になったとは言え自民党という政党に変化はないよううです。こんなデタラメ政党に対して我々有権者の手で厳しい審判を下しましょう!!


世間は忘れる心配ない.PNG

posted by yuuponshow at 18:25| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。