2021年06月15日

スガ総理の成果を強調する日本のメディアは過保護の親そのもの

イギリスで開催されたG7サミットは無事、閉幕しました。2年ぶりに各国首脳が対面する形で開催されたG7でしたが、我が国のスガ総理に対して国内からは冷ややかな評価がされています。







上の集合写真なんか最も象徴していますが、スガ総理が誰とも話せずポツンと寂しそうに佇んでいる様子です。初参加、英語を話せないなど色々理由を言われており、同情する人もいるようですが、そもそも同情する人たちはスガが最初から総理に相応しいと思っていたのでしょうか?おせじにもコミュニケーション能力など感じられないし、国民の声を聞かない、困窮しているものの声も聞かない、8割が反対するオリンピックもまともな説明もせず強引に進めようとして政権に対する不満は募るばかりです。





そんなスガ総理ですが、ツイッターではG7サミットでリードスピーカーとして主導したと自身の成果を誇らしげに強調しています。








英語どころか普段のたどたどしい日本語でどうしてリードスピーカーできるのか大変謎ですが、これに日本のメディアもまるで忖度したかのような着色した形で成果として報道したようです。







そしてスガ政権の命運を掛けた東京五輪、このG7サミットで協力呼びかけ全首脳が賛同したと日本メディアが報じました。







これが本当であれば、東京五輪絶対推進のスガ総理にとってはこれ以上ない成果であり、政権にとっても追い風となることは間違いないのですが、どうやら感染対策を万全にした条件付きで実施することを支持するとのことです。この辺りスガ政権&国内の報道と大きな隔たりがあると言わざるを得ないでしょう。







それに会議ではスガ総理の発言はなかったとのことで、これでどうやってリードスピーカーしたり主導できるのか摩訶不思議です。








ということで国内向けには成果が出たと強調しているスガ&国内マスコミでしたが、海外からの視点では印象が薄いようです。恫喝と餌で手なずけた日本メディアの情けさなといったらありませんが、このままスガの駒にされては報道の自由度ランキングはダダ下がりすることになるでしょう。そもそも日本には中止の決定権がないと言いながら、主要国に五輪の賛同を得る働きかけをするって大きな矛盾じゃありませんか?スガの総理の資質もそうですが、こんなのにご機嫌伺いして忖度する日本のマスコミは本当に腐りきっています。







上のツイートなんかまさに言い得て妙です。腐りきった政権とメディアには国民からしてますます信用が置けなくなることは間違いありません。

posted by yuuponshow at 23:30| Comment(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。