2021年03月02日

本性が垣間見えたぶら下がり会見が仇となるか?稀に見るキレ芸披露の菅総理

メディアと国会質疑に晒され世間から大いに注目を集めた山田真貴子内閣報道官でしたが、矢面に立たされてのバッシングに耐えられなくなり、入院措置を取られ今週始めの国会質疑直前に辞任の運びとなりました。






一躍時の人となった山田広報官でしたが、世間からのバッシングはご本人相当堪えたのでしょうか?こうした形でスポットライトを浴び続けるのは耐え難いものだったのでしょう。しかし贈収賄や隠ぺい工作をやらかした自民党のお偉い方は議員辞職することなく今でも涼しい顔して続けているのですから7万円の接待で注目を集め、バッシングを浴びせられる山田広報官が不憫に思えてしまいます。

スポンサーリンク




その山田広報官辞任の前後で物議を醸したのが菅総理のぶらさがり会見でした。緊急事態宣言解除に伴う重要な会見のはずなのになぜか通常会見ではなくぶら下がり会見にした菅総理。どうやら内閣記者会からの要請を拒否していたことも分かり、この不遜な態度が現れた形でのぶら下がりとなったようです。





子飼いの広報官に辞められてしまったことによる腹いせもあるのでしょうか、質問する記者に一々逆切れして当たりちらす不遜な態度のスガ総理。これまでの総理大臣の記者会見の中でも、これほど逆切れする姿を見ることはないので衝撃的に思いますが、これが本性ということでしょう。しかもスガ総理はこれにとどまらず公共放送出演でのアナウンサーからの質問に逆切れし、人事に介入するなど恐怖の強権振りも有名です。






しかしこうしたキレ芸が余すことなく報じられることで政権支持率にも影響することになるのですが、もはや体裁を繕う余裕すらも無くなったということでしょうか。もはや日本の顔としての資質も尊厳もなし、強権を振りかざし国民を恫喝して権力の座に留まろうとする見苦しさ、長男の問題も明らかに監督責任が伴うのに別人格として逃げる卑怯者、ある意味、歴史上名を残す宰相となるでしょう。


スガ 別人格.PNG


スガ総理におかれましては今月末あたりにブチ切れ逆切れ辞任会見で締めくくっていただければと思います。この後世に残るぶら下がり逆切れ会見、非常にインパクトがあり笑わせてもらいましたが、もうこういう茶番は結構です。大半の国民はそう思っていますよ。

posted by yuuponshow at 19:00| Comment(0) | 菅義偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。