2021年02月16日

別人格では済まなくなった菅総理自らに突き刺さる愚息の贈収賄疑獄

森喜朗後のオリンピック組織委員会会長の後任人事はいまだに決まらず、決定までのプロセスも示されずどのような形で推挙されるのか不明のままとなっています。






とある美しきジャーナリストが「森さんは無報酬だった」と声高らかに擁護していましたが、こういう事が明らかとなり、権力利権まみれとバレてしまっては立つ瀬もありませんね。後任人事が誰になるかは分かりませんが、少なくとも森喜朗の息のかかった人選だけは避けなければならないでしょう。


スポンサーリンク




こうした森喜朗を巡る組織委員会の人事も注目ですが、国政を司る菅総理の方にも注目です。総理の息子である菅正剛氏が東北新社の子会社で取締役の立場でありながら総務省幹部との接待や贈答品を提供したことが問題となり国会で連日追及されています。






東北新社の子会社が運営するCSチャンネルの「囲碁・将棋チャンネル」がハイビジョン未対応なのに総務省より事業認定されたことがやり玉に挙がってますが、ハイビジョン未対応で認可されたのが「囲碁・将棋チャンネル」だけでしたから贈収賄疑惑が報じられた後でこうしたことが明るみになればやはりそういうことかと勘繰ってしまうのは当然と言えるでしょう。


スガ 別人格.PNG


息子の仕出かした疑惑に対し、菅総理は「別人格」と自身へ向けられた追及に厳しくけん制してみせましたが、果たして別人格で済ませることができるのでしょうか?







上記のツイートにあるように息子・正剛氏は菅総理が総務大臣時代に大臣秘書官として仕えており、総務省幹部は当然ながら正剛氏の存在を知らない訳がない。その正剛氏から接待を受け、その席で便宜を持ちかけられたら背後にある父親の影がチラついて断ることなどできないでしょうね。この問題、息子だけではなく父親・菅義偉総理自身にも道義的責任と息子の管理責任も伴うことになります。直接的な関与も無いとは言い切れませんし、東北新社から献金まで受けているのだからこれでは別人格などと言い逃れしても世間は納得しないでしょうね。







今回の疑惑、モリカケと似通った案件でもあり、秘書の責任にして自分は知らなかったと言い張る前総理の安倍晋三とまったく同じ構図です。安倍はいまだに領収書や見積書も出さず説明責任を果たしていないことから菅総理も右に倣えですっとぼけで通すでしょう。それでも愚息は可愛いから絶対に国会招致はさせない!利権と汚職にまみれたスガ政権の真骨頂とも言うべき事案ですが、国民もいい加減にこういうのが我が国の宰相であることに憤りを示さないといけませんよ。



posted by yuuponshow at 18:05| Comment(0) | 菅義偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。