2021年02月12日

森擁護で浮足立ってしまった美しきジャーナリスト有本香女史

女性蔑視発言で騒動の渦中にあった森喜朗五輪組織委員会会長でしたが、後任選考にはJリーグ初代チェアマンの川淵三郎氏で森氏自ら選定し、自身は相談役として残り、権限はそのままと、人を小馬鹿にしたような肩書のすげ替えで批判を逸らし事態を収拾させようとしていたようです。



もっと若い人.PNG



しかしこれでは却って火に油を注ぐことになりかねませんし、こういう人事を平気で行おうとしたことで組織委員会の闇が曝け出す形となりました。さすがに政府与党もこの人事では整合性が取れないと判断したのか人事に介入する形となり、一転会長人事は振り出しとなりました。






蔑視発言も含めて、こうした世論の反感を買うような無神経な対応ぶりは森喜朗の資質であると言えますが、こういうのがかつての総理大臣であり、五輪組織委員会会長という重責を担っていたとはまったく日本人として嘆かわしい思いです。


スポンサーリンク




それでも森を庇う自称保守界隈は、印象操作だ!切り取りだ!とSNS上で騒ぎ立てこのようなハッシュタグで森喜朗を激励する運動を展開しています。






中でもこの #森喜朗さんありがとう というツイッタータグの発起人である有本香女史は、普段から森と親交もあることからネットだけにとどまらず新聞誌面でも森批判に憤る形で擁護論を展開しています。





有本女史については前回でも取り上げましたが、擁護論が更にヒートアップしているようで、森喜朗の総理時代の失態として語り継がれる20年前に起きたえひめ丸と米潜水船との衝突事故を引き合いに出し批判する江川紹子氏のツイートに血気盛んに勇んで乗り込み噛みついています。





しかしちょっと調子に乗り過ぎたのか、エビデンスを示さず突っかかってきたのでこれに江川氏が反論することになりました。








この反撃に有本女史は意気消沈となり無様に遁走となってしまいました。お友達のピンチに居てもたってもいられなくなったのでしょうが、浮足立ってしまいましたね。危機管理の専門家とやらは一体誰なのか?大変気になるところです。森氏への対応への「批判」はすべてメディアによるミスリードと印象操作したかったのでしょうが、助太刀が却って森喜朗を追い込む形になったのは惨めとしか言いようがありません。







遁走の後、政府より後任人事を一蹴されたことの恨みつらみを吐く有本女史、もはや自民党にも見放された有本香女史率いる森擁護一派に明日はあるのでしょうか?印象操作・切り取りでは済まなくなったあからさまな人事着手により森株は更に急落。それでも森擁護できるのでしょうか?並みの神経ではできませんね。

posted by yuuponshow at 18:45| Comment(0) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。