2021年01月29日

最低レベルに陥るまで国民への支援はしない美しい自助の国ニッポン

今週から予算委員会が始まりましたが、スガ政権におかれては緊急事態下にあるという緊迫感は微塵もなく、答弁も覇気なく官僚がつくった作文をボソボソと読んでいるだけという相変わらずの酷いものです。その上で国民感情を逆撫でする発言も飛び出しました。ワイドショーなどで取り上げられるなど大きな波紋を呼ぶこととなりました。







この答弁の元となったのが、定額給付金を含む全国民に向けた支援金は貧困層も含めて今後一切支給しないと述べた政府の方針を受けてのものでした。ならば国民を見殺しにするのか!?という野党の追及に生活保護というワードを思いつきで発したと思われます。このスガ総理は相変わらず自助なる言葉を使いたがりますが、コロナウィルス感染拡大による経済崩壊が進んでいるなかで、今は自助だけではどうにもならない事態にまで陥っているのにまだこんなことを平然と言ってのけているのだから恐ろしいです。







水際対策とやらでことごとく申請を却下している手続窓口、また受給資格があっても扶養紹介で身内に申請が知られてしまうのを嫌がって申請しようとしない人もいる。それらの問題点をスガにぶつけても現場の判断とか言って逃げまわる始末、スガが生活保護という言葉を使ったのは言い逃れのための詭弁でしかないということがまるわかりです。



生活保護 片山さつき.PNG



自民党の先生は生活保護は生きるか死ぬか瀬戸際の人間だけが貰うものだと断言しています。ならば仕事がなくなっても貯金を切り崩して周囲の援助が見込めないギリギリの人しか受給資格はないということなのです。国家非常事態に陥っている国民に向けて、最低レベルギリギリの状態に追い込まれるまでは支給しないということを言っているのですよ。保護基準まで引き下げてよくも言えたものです。






こんな国は他にはありません。いずれにしろ緊急危機時において国民に支給しないと言い切る自民党政権には託す訳にはいきません。これで政治に関心のない人でも危機感目覚めたことでしょう。これで目覚めなければ考える能力のない家畜同然です。







金は取るが出さないと公言しているスガ政権は国民を守ることはしないし、逆に生命の危機に追いやることしかしないこの政権を倒閣するしか生き残る道はありません。


posted by yuuponshow at 17:15| Comment(0) | 菅義偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。