2020年11月17日

トランプ攻撃は許さない!一部自民党シンパが豹変して内ゲバに発展か!?

アメリカ大統領選挙はいまだ決着してはいませんが、ここまでの情勢ではジョー・バイデン氏の圧倒的有利は変わりません。投票日から報じられてきた選挙違反の不正行為の現場の様子や不審な投票結果をネットで取り上げられたりしていますが、それがデマとの検証もせず、さも不正行為あり気であったと声高高に拡散している状況です。



アノニマスポスト デマ.png





投票日から日がたつに連れ、こうしたデマ拡散もファクトチェックされたことでようやく静観する動きが見受けられる兆しがありますが、それでも過激な連中は多少のデマでもいいからバイデンを貶めの活用としていまだにデマ拡散が過ぎて、ツイッターからの警告を受ける有様です。








不正選挙を否定するつもりはありませんが、全米をまたにかける組織的な不正を統制するなど無理な話であり、仮にそれで一つや二つの州の票がひっくり返ったところで300票を超えるバイデンをトランプが逆転するなど厳しい状況であることに変わりはないのです。トランプとしては法廷闘争に持ち込む気満々ですから気の済むまでやったらよろし。しかし親トランプがいたずらに煽り立てて対立構造を湧き立たせるような行為は慎むべきです。




選挙権がないのに日本人の中からもバイデンへの誹謗中傷や名誉棄損はもちろんのこと、その支援者や自分たちへの異論に対しても敵意をみなぎらせて攻撃を仕掛ける有様です。その親トランプとはこれまで自民党を応援してきた連中と被るは周知の通りなのですが、どうも情勢が思わしくないと見たのか、一部がここは冷静になろうと呼び掛けたところ、思わぬ大火傷を負うことになってしまったようです。







どうも自分たちのことを否定されているように感じたのか?同志と見ていたKAZUYAからのツイートが逆鱗に触れることとなったようです。










KAZUYAくん哀れ。自分の食い扶持に嫌われてしまったことを気にして以降これに関してのつぶやきを止めると宣言してしまうのでした。






この冷静になろうと言い出したKAZUYAの他に石平や上念司先生までも大統領選に少し冷めてきたといったところでしょうか。しかし散々こういう過激な連中を先導してフェイクデマを拡散してきたのだから因果応報とも言えますがね。






ビジウヨ言論人だけではなく自民党の重鎮と呼ばれる人たちにも容赦なく突っかかっています。








スガ総理のバイデン祝辞&電話会談のときでもそうでしたが、子飼いの自民党ネットサポーターズが親トランプと化したことで、自民党重鎮ですらも容赦なく突っかかるとはもはや制御不能な状態に陥っているようにも見えます。下手にバイデン推しとかしたら可愛さ余って憎さ100倍で襲撃されそうな感じです。どうせなら最近元気になってきたアベちゃんにバイデン推しさせてみてはどうでしょうか?ネトサポ連中アベちゃんなら大人しく引っ込んでくれるのか、はたまた逆襲されるのか反応を見てみたい気はあります(笑)



どちらが勝っても日本が恩恵に預かることはまずありません。大国の属国として無理難題を押し付けられ、兵器や余った農作物を買わされるだけなのですから。特にトランプにのめり込んでいる日本人に言いたいですね。彼らがもう少し日本の問題点に目を向ければ良いのですが、こんな有様なのだから今のスガのような政権がはびこってしまうのでしょうね。

posted by yuuponshow at 16:55| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。