2020年11月13日

突如表舞台に現れた安倍前総理に説明責任を果たしていただきましょう!

新型コロナウィルスの感染拡大が世界各国で猛威を振るう中、日本もこれまでの一日の感染者数が過去最多を更新するなど深刻な状況となっています。ところが我が国の政府はそうした危機感などまったく耳を貸さず、はんこや携帯通話料など明後日を向いたような政策に躍起となっています。今日本が直面しているコロナや経済対策も口では言うものの具体的な指示もなく、むしろコロナ感染拡大を助長させることばかり、コロナ拡大すれば経済にも影響するのに一体この国はどうなっちゃってるんでしょうか!?







感染拡大すればどこの国でも人間の移動を制限するのが当然の対応です。ところが政府はGotoトラベルを来年5月まで延長決定することで国内への移動を斡旋する真逆の行為をやっているのです。政府分科会や医師会などは幾度も警鐘を鳴らしているのに見直す考えはないと明言しています。多少の感染拡大しても経済を回すという判断がこうした措置となったのでしょう。まったく恐ろしいことです。









この無能政府にもはや信頼など置ける訳がありません。学術会議問題では相変わらず説明せず無理やりな言い逃れをして、矛盾を突き付けられて墓穴を掘るの有様ですから菅内閣が国家運営を担えるなど最初っから無理だったのです。安倍前政権がやらかした新型コロナの不手際不始末までもそのまま継承していることを国民はもっと深刻に受け止めるべきです。



そのやらかしでいたたまれなくなり持病を口実に総理辞任した安倍晋三前総理ですが、ここに来て持病とやらが回復したのか?動きがやたらと活発化しています。











議連会長を始め、フィクサー気取りで解散時期のご忠告、自分のやった政策の自画自賛ですか、潰瘍性大腸炎と公言している難病を抱えて政治判断ができないから総理の職を辞任したはずなのに、おいしいお寿司を食べながら随分と精力的な活動と強気な発言でありますね。菅退陣後の三期目を狙っているとの声もありますが、あんな形で辞めておいてまたお願いしますとはなる訳ありえないのですがね。アベサポ以外は。



それに安倍前総理にはきちんと説明していただかなければならないことが山ほどあるのです!モリカケ桜、黒川検事長定年延長、河井夫妻公選法違反、そのほかにもまだまだありますよね。あーついでにご自身が辞職した理由の潰瘍性大腸炎の診断書も出して貰いましょうか。これらの説明責任をきちんと果たしていただきましょうか。



責任とらない安倍.PNG



世間が忘れかけていたと見計らって表舞台に出てきたのでしょうが、この男は刑務所にぶち込まれても当然の所業を犯しているのです。出てきたならばきっちり詰めて追及してあげないといけませんね。



posted by yuuponshow at 22:20| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。