2020年11月10日

コロナ禍でも大量首切りでも企業業績悪化でも株高、バブルを生みだす危険な兆候

注目のアメリカ大統領選挙はどうやらジョー・バイデンに決まりそうです。不正選挙と論われ、法廷闘争に持ち込まれる可能性もあるので確定とは言えませんが、これほど混迷を極め、禍根を残すことになる米大統領選挙となるとは思いませんでした。トランプ陣営やその支持者は諦めることなく法廷闘争での逆転再選に望みを繋ぐ気満々のようですが、今後の行方がどうなるか気になるところです。




米国内に負けじと日本のトランプ熱烈支持者も血気盛んに不正選挙と決めつけ法廷闘争での逆転勝利に望みを繋いでいますが、その顔ぶれを見ると彼らの大半は自民党を盲目的に支持する連中と被ります。疑いがあれば徹底的に調べ尽くせとの意気込みは結構なことですが、明確な違法行為である桜を見る会の前夜祭や自分の秘書団を事務所に出入りさせてガッツリ関与している河井夫妻問題、モリカケもそうですがこれらの疑惑をまるでなかったことのように振舞っているのがこの連中なのですよね。この連中の主張がいかに一貫性が無いのかがよく分かります。









この混迷極める大統領選挙の情勢とは裏腹に、株式市場に目を向けると何と年初来最高値どころか、バブル期直後の1991年以来29年ぶりの25000円まで急騰しました。




日経平均 25000円.png







それにしてもこのコロナ禍の世界景気減速傾向の最中に25000円を付けるとは何とも奇妙な現象です。日本だけではなくNYダウも史上最高値だそうで、実体経済は決して良い方向に向かっている訳ではなく、むしろ悪い指標ばかりなのに一体何が起きたのだと思わずに言われません。










一部上場企業で業績が過去最高を叩き出したところもありますが、これは株式市場にお金が集まったことによる企業資産の含み高と見るべきでです。企業業績は赤字が大半、倒産廃業が相次ぎ、大半の世帯で消費が落ち込んで積極的な消費に向かいずらい環境なのですから、この株高は実体経済と乖離した現象と見るべきです。加えて日本は金融緩和で金利を下げて金融市場にお金が流れやすい状況であり、後押しで日銀がETF買い支えもあるのでバブルと化したと見て良いでしょう。



この金融バブル、景況感が伴ったものなら良いのですが、こういう状況では歓迎されるものではありません。このまま金融市場と実体経済の乖離が続けば株式市場は歪んだ指標となり、マネーゲーム場となるのです。




いずれは実体経済に合わせた数値となるでしょうが、それはバブル崩壊を意味します。そして実体経済にも影響を来すことになります。行き過ぎた株高は必ず是正される。その上昇幅が高ければ高い程、反動がデカくなり、リーマン級の金融ショックを引き起こす危険性もあり得るのです。景気高揚を伴わない29年ぶりの株高がこの先どのような弊害をもたらすことになるのか?注視していく必要があると思います。


posted by yuuponshow at 20:05| Comment(0) | 円安株高 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。