2020年10月27日

アベ→スガのデタラメ政治を容認するわが国の深刻な問題

首班指名から一月半後にようやく所信表明を行った菅総理大臣ですが、ほとんどは首相指名から間を空けずに実施されており1カ月以上の「先送り」は異例です。しかも今はコロナ禍により医療・経済対策を打ち立てるべき時で悠長に空白期間を設ける余裕などないはずなのですがね。その間に外遊して金をばら撒いたかと思えば、学術会議での指名拒否の学術会議法を無視する法律無視行為をやらかし混乱させるなど前代未聞の政権と言えるでしょうね。そしてようやくの所信表明となったわけですが、内容について各メディアから散々な評価が下されております。







温室効果ガスやらPCRの一日20万件の検査確保など大風呂敷を広げるのも良いのですが、具体的な手段については触れず、ただ良さそうな政策を並べ立て喋っているだけのようで、いまいち内容が伝わりにくいものでした。おまけにアベノミクスの継承とか、これでは自分の主体性なく取り組んでますと主張しているようなものですね。さらには各メディアからは言葉の意味や漢字の読み間違いについてもいくつか指摘される有様です。







随分と先が思いやられる所信表明でしたが、野党との国会論戦ではどのように対峙していくのでしょうか。非常に楽しみになってきました。



では国会論戦の始まる前に、学術会議を巡る政権擁護側による悪質な印象操作手法をこのブログで検証してきましたが、今回その「締め」という形でとあるブログを取り上げたいと思います。このブログでも度々取り上げている政治ブログランキングで一位を長らく堅持している「正しい歴史認識・国益重視外交・核武装実現」です。

画像クリックで一番下のやり取りのある記事に飛びます↓
正しいガースー.png



上の記事の切り抜きは本日のものですが、ここ最近の記事は学術会議案件でほぼ占められています。学術会議など一般的には興味を持たれないですし、もっと他の話題にシフトしても良さそうなものですが、ブログ主のコヒー氏は菅政権への逆風を抑え込みたい一心なのか政権擁護ア〜ンド学術会議批判を延々と書き綴っています。上の写真では、あまり見かけないような勇ましく腕を組んでるかっこいい感じの菅総理の写真を掲載しています。擁護するならこういう印象操作も大事ですからね。




松宮孝明「菅総理はヒトラーのような独裁者になろうとしているのか」・日本学術会議こそが憲法違反 (10/25)

日弁連「学問の自由に対する脅威」!日本学術会議問題で声明・北村晴男「共産党のような主張ばかり」 (10/24)

韓国「福島汚染水放流なら提訴」!韓国は日本の130倍放流!日本学術会議も処理水を汚染水と呼ぶ (10/21)

視聴者88%「軍事研究すべき」・日本学術会議の声明は国民世論と真逆!橋下「サンモニなら真逆」 (10/19)

学術会議、資料として赤旗(共産党の機関紙・新聞ではない)を配布!6人除外を最初に報じたのも赤旗 (10/18)

日本学術会議元会長「悪質なデマ」と否定!軍事転用狙う支那「千人計画」との関わりや協力覚書は事実 (10/17)

櫻井よしこ「防衛大学の卒業生は大学院進学を断り、人民解放軍の軍人は大学院に入れて国費で教える」 (10/16)

玉川徹「学術会議なくせばいい民間にすればいいと言っている人、アカデミアに対する尊敬はあるのか」 (10/15)

「任命できない人が複数」公安出身の杉田和博官房副長官が菅首相に報告・首相が決意・日本学術会議 (10/14)

日本学術会議「中国の軍事研究協力ない!千人計画関係ない」・福田敏男や土井正男が千人計画に参加 (10/13)

河野「日本学術会議を行政改革の観点から見る」→菅「会議の在り方がよい方向に進むようなら歓迎」 (10/12)

松宮孝明「学者と学術会議をなめ、こけにした!この介入を押し返さないと、歯止めがきかなくなる」 (10/11)

レジ袋有料化、復興増税、日本学術会議の提唱だった!日本の軍事研究はダメ!支那の軍事研究は良い! (10/10)

自民党、学術会議の「非政府組織化」議論も・PT座長に塩谷立(保守派)・菅政権の行政改革の事例に (10/08)

学術会議こそ学問の自由を守れ!「日本学術会議幹部が北大総長室に押しかけ優れた研究を辞退させた」(10/07)

掛谷英紀「日本学術会議は学者の全人代!学者の国会ではない」・菅首相「総合的、俯瞰的活動を確保」(10/06)

反日!日本学術会議を解体しろ!日本の安全保障への協力を禁じ、支那の軍事「千人計画」に積極的協力 (10/03)




ご覧のように今月はほぼ学術会議関連で占められているわけです。記事の内容についてはここで取り上げるとキリがないので割愛しますが、ネットで拾い上げてきた信ぴょう性に疑問を持たざるを得ない眉唾ものの内容です。千人計画とかごみ袋とか後でデマゴーグだと検証されたものばかりです。これが長らくブログランキング一位に君臨しているのですからどうしようもありません。


私もここのコメント欄にご忠告としてコメントをちょくちょく残していますが、ここの常連さんたちはコメントの中身には触れずに二度と書くなと脅迫される次第です(怖)


ところが今回は珍しく私のコメント内容に言いがかりをつけてきました。議論を戦わせるのは望むところなので勇んで参戦しましたが、以下がそのやり取りなのでご覧ください。



学術会議ネタで菅総理を擁護するコヒー君の検討をお祈りいたします

久しぶりにコメントを書こうと思ったら、私の述べたいことを常連のewkefc氏や11:35の名無し氏が述べてくれているので、敢えて申すこともありません。日本学術会議法というれっきとした法律もあり、それを国会が是認している。それを踏まえて任命拒否では民主主義を根底から否定するやり方であり到底容認できるものではないというのが大勢の見方です。



にも拘わらず違憲や違法とは到底思えないと主張するコヒーくんやそれに拍手喝采する取り巻きさんたちの飛躍しすぎた論理には頭が下がる思いです。菅総理も相変わらず学術会議の任命拒否について説明できないし、推薦名簿も見ていないという苦笑レベルの見解を述べています。おまけに自著で述べた「政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で議事録は最も基本的な資料です。その作成を怠ったことは国民への背信行為」との自論について知らぬ存ぜぬとは・・やはり公文書改ざんを指揮した人間は恥も外聞もないのでしょうね。毎日のように学術会議ネタを書き続けて菅総理を擁護するのもなかなか大変でしょうが、アベ政権の禅譲内閣ですから無理くりして擁護するしかないのでしょう。まー健闘をお祈りします。

2020/10/25(日) 23:10:36 | URL | yuuponshow



>2020/10/25(日) 23:10:36 | URL | yuuponshow

>菅総理も相変わらず学術会議の任命拒否について説明できないし

ポンコツだと説明しても良いんですか?
拒否された6名や御家族が肩身の狭い思いをしなければならなくなりませんか?
菅総理がせっかく「見てない」と、言葉を濁してくれているんですから、その方が良くないですか?

2020/10/25(日) 23:32:10 | URL | 若葉



若葉くんへ

>ポンコツだと説明しても良いんですか?拒否された6名や御家族が肩身の狭い思いをしなければならなくなりませんか?菅総理がせっかく「見てない」と、言葉を濁してくれているんですから、その方が良くないですか?


あの〜法律無視するなプロセス無視するなって話なのに何でそういう論理が飛躍した言い逃れされるんですか?何なら否決された6人のご家族が肩身が狭くなる逸話とやらをぜひともおっしゃってくれませんか?若葉くん
2020/10/26(月) 08:36:46 | URL | yuuponshow



>2020/10/26(月) 08:36:46 | URL | yuuponshow

>あの〜法律無視するなプロセス無視するなって話なのに

説明不足だったかもですが、拒否された6名は公安案件のようなので、法律の上の憲法に抵触のではと思いますが。
2020/10/26(月) 09:33:23 | URL | 若葉



9:33の若葉くんへ

>説明不足だったかもですが、拒否された6名は公安案件のようなので、法律の上の憲法に抵触のではと思いますが。


はああああいいいっ!!何と驚くべき情報が飛び出ました!これについてのエビデンスを是非とも示してください。まさか妄想でこんな大それたこと言えるわけはないですよね若葉くん?
2020/10/26(月) 22:36:56 | URL | yuuponshow




任命拒否6名は公安案件というどこにもエビデンスが見当たらない情報を堂々と言い放つ常連さんにはズッコケそうになりました。普段からデマゴーグに乗せられている連中だからこういうことを平気で言えるのでしょうね。この若葉という常連だけがぶっ飛んでるだけなのか。。でも他の連中も異論者には脅して追い出そうとしているしやっぱ同じお仲間なのでしょうね。



このように言ったもん勝ちで通して後でデマとバレても言い逃れしたり無視したりする連中が大勢を占める状況というのは健全とは言えないですよね。これもアベ→スガのデタラメ政治を容認してきたわが国の深刻な問題であると言えるでしょう。

posted by yuuponshow at 16:00| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。