2020年09月22日

橋下徹と百田尚樹の壮絶内輪揉めで都構想消滅が確実に!?

安倍前総理が、およそ7年ぶりとなる靖国神社への参拝を行いました。英霊に退任の報告とのことですが、保守層や支持層へ向けたアピールのためであることは丸わかりです。







これにアベ応援団から称賛の声が挙がってますが、総理在任中にやらないで退任後すぐにとは明らかに靖国参拝を外交カード・政治カードと認識していたということです。英霊にうんたらとか言ってますが、政治外交と天稟にかけるそういう認識だったということですよ。それよりもまずは己の不祥事の後始末と説明責任をしっかり果たせと言いたいですね。こんな飛ぶ鳥跡を濁しまくる人間に感謝したところでされる側もいい迷惑ですよ。ツイッターにわざわざ参拝しましたよ的なアピールは靖国を利用しているようで不快でしかありませんね。





100日で崩壊する政権 コロナ禍日本、安倍政権の軌跡 [ ぼうごなつこ ]

価格:1,430円
(2020/9/20 09:01時点)
感想(0件)








テレビに目を向けると自民に媚びを売るようなコメンテーターが菅新政権のPRに躍起のようですが、その中で最も目立っているのが元大阪府知事・市長を歴任した橋下徹です。毎日のように登場し、政権擁護、たまに苦言を呈するふりしながら結局は菅政権を持ち上げるという何とも見ていて不快に映るのは私だけではないと思います。そうした声が広がったのかツイッターのハッシュタグではこのようなものがトレンドとして浮上しました。









そんな橋下のもう一つの顔が今大阪都構想成立を実現させるための維新スポークスマンであることは申し上げるまでもありません。メディアを使って自分を売り込み大衆を洗脳したいところなのでしょう。そういう意味においてこういう偏った主張をする人間を重宝するメディアの責任は非常に大きいと言えます。



橋下.jpg





そんなテレビから引っ張りだこの橋下ですが、思わぬ人物と対立したことで、都構想が頓挫しかねない状況に発展しました。







作家の百田尚樹が自民党政権の媚中政策を批判したところ、これに喰ってかかってきたという構図です。それにしてもあまりに汚い言葉で、しかも相手は一回り上の年齢なのにマウントを取ることに必死で敬う気の欠片もありません。これに対して百田は売り言葉に買い言葉にはせず罵倒合戦をさせぬよう、論点をきちんと精査した上で反論始めました。この点は大人の対応をとった百田のが一枚上でした。






あまりの傍若無人な振る舞いをする橋下に百田の盟友である有本香女史も参戦。罵り合いがヒートアップしていくことになります。









この両雄の罵り合いは間違いなく橋下不利になると捉えています。百田や有本、橋本徹は支持層が被っています。この論争も内輪揉めと捉えている人も多いでしょう。ところが橋下は維新という看板を背負っており、言論人であり政党の看板を背負っていることを考えれば維新が進めている大阪都構想の住民投票の結果に悪影響が及ぶことは避けられないでしょう。







維新応援を公言していた百田尚樹にこのように言われることもそうですが、終始チンピラ風情の口調でマウントを取ろうとする悪態ぶりが祟って橋下への風当たりは強くなる一方です。大阪都構想を扇動するスポークスマンがこの様ですから賛成派が切り崩されることになれば良い展開となりそうです。住民投票まで約一ヶ月となりましたが、このチンピラスポークスマンの振る舞いが維新にとって大きな影を落とすことになりそうです。

posted by yuuponshow at 18:08| Comment(0) | 橋下維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。