2020年07月14日

国民の健康や生命よりお友達の利権が大事!日本中へ新型コロナをお届けするGO TO キャンペーン開始へ

政府が国内旅行を促す消費支援策として今月22日から華々しく実施される「Go toキャンペーン」ですが、移動が活発化し、新型コロナウィルス感染拡大が懸念されることから、自治体トップから苦言と見直しを求めるコメントが相次ぎました。







全国から観光客が訪れたことで自分の自治体から感染拡大されてはたまったもんじゃないですから当然の主張であると言えます。Go to キャンペンがスタートして、 感染拡大が現実のものになれば政府はどう責任を取るのか?それともまたこういうセリフを吐き捨てるのでしょうか?



責任とらない安倍.PNG



このGo to キャンペーンについておさらいします。今回の感染症の影響により、売上等に甚⼤な打撃を被った観光・運輸業、飲⾷業、イベント・エンターテインメント事業等を対象に感染症流⾏の収束状況を⾒極めつつ⼀定期間に限定して官⺠⼀体型の需要喚起キャンペーンを実施するという名目で行われます。その予算規模は1兆7000億円という破格の金額で、コロナによる経営危機に瀕している旅行業・宿泊業にとっては渡りに舟といったイベントと言えるでしょう。



ところが収束の目途もたたず東京では感染者が連日の200人超えを始め全国各地で感染が報じられている今の状況で、Go to キャンペーンを実施すれば国内がコロナ感染拡大するのは誰でも分かること。しかも安倍政権は8月実施する予定だったこのキャンペーンを今月に前倒しで実施しようとしている。一体これに前のめりになり推進したがる原動力とは何なのでしょうか?









一般社団法人「全国旅行業協会」の会長は二階俊博氏ということであっさり答え合わせができました。この案件もアベノマスクと同様に利権を蝕むアベトモへたっぷりと還流されることになるのです。だから絶対の絶対に中止する訳にはいかないのです。自民党幹事長の利権を守るため政権一体となってGo to キャンペーンに前のめりになってます。








国民の健康や生命にかかわる問題なのに、聞く耳もたずで利権に固執していることが丸わかりです。自民党とはこのように国民の生活よりもお友達の利権が優先される政党であることがとてもよく分かるのですが、しかし感染拡大の被害者となる国民としては素直に「はいそうですか」政府の言うことに従う訳にはいかないのです。






#検察庁法改正案に抗議します のハッシュタグがムーブメントを起こし検察庁法改正が見送られたことは記憶に新しいところですが、この#GoToキャンペーンを中止してください もトレンドに乗れば政府の愚かな施策も見送りとなる可能性が出てきます。コロナによる休業補償や医療機関への補助もおざなりのままでお友達の利権だけは守ろうとする安倍政権に再び民意を突き付けて止めさせるしかありません!


それにしても不正利権まみれのこの腐れ政権は一体いつまで続くのか?安倍政権が続けばそれだけ国民は苦渋を味わうことになるのです。

posted by yuuponshow at 18:30| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。