2020年07月03日

コロナ拡散して景気停滞させる安倍政権を終わらせることが何よりの景気対策

東京都知事選の投開票が週末に迫るこの時に東京都内のコロナ感染者数が約2ヶ月ぶりの100人を超えてしまいました。







ちなみに私の地元鹿児島市の繁華街でも昨日飲食店でクラスター感染が発生してしまいました。自宅から僅か300メートルの距離のところで、街も少し活気が戻ってきたのに水を刺された格好です。クラスター発生は県内初なので地元は衝撃を受けており緊急事態宣言発動時よりも深刻な状況と言えます。




この状況下でありながら、わが日本国の政府は勝手にコロナを終息させて、人の移動を生み出す総額1.7兆円という巨額の予算をつけたGo To キャンペーンを8月より実施します。今やるべき支援もせずに明後日の方向を向いた現実逃避の政策を打ち出すこの政府は国民を挑発しているとしか思えません。






国民は旅行や観光に行く余裕などなく、今日や明日の生活のことで精一杯。自粛要請で給料を減らされるのはまだ良い方で、解雇され職を失う人間が溢れている現状を鑑みれば明らかに予算の使われ方が間違っていますね。






諸外国では消費税減税策に乗り出して経済を回そうと必死なのに、日本は既得権益を守りたくてそっちには手を付けたくないようです。しかも消費税増税に伴う消費喚起策として導入されたものの売上拡大にあまり効果のなかった最大5%還元のキャッシュレス決済も6月末をもって終了となりました。







せっかくポイント還元のための対応レジなどの設備をお店側が金かけて導入したのに、一年も経たずこれでお終いとかわざわざ導入したお店側もそうだし、利用客も恩恵が終わり消費は冷え込むことになるでしょう。それに代わる経済テコ入れ策が出てくるのかと思いきや、その逆にレジ袋の有料化で更に景気悪化を進める有様です。






ゴミ袋を有料化すれば、自前で用意する人が増えるのは当たり前のこと。自前の雑菌だらけのエコバックからコロナが拡散されたらと思うと目も当てられません。このタイミングで実質増税とコロナ拡散を同時に行おうとする安倍政権は確実に日本を転覆に向かわせようとしているように映ります。



日本モデル 安倍.PNG




国民の消費を抑制し、景気停滞に導く安倍政権、これも国民が八年も政権運営を担わせてきたツケであると言えるでしょう。そして新型コロナという未曾有の大惨事に直面すると対策もしない面倒臭くて国会も開かない。たまに出てきてコロナを抑制したと方便を垂れて自画自賛する安倍政権をいつまでのさばらせておくのでしょうか?それを引きずり下ろすことこそが何よりの景気対策であると言えるのではないでしょうか。

posted by yuuponshow at 18:30| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。