2020年06月30日

政府に都合の悪くなった専門家会議を一新させて更なる情報隠蔽を図る安倍政権

新型コロナウィルスの緊急事態宣言を解除した安倍総理が記者会見を開いて、世界に類を見ない厳しい解除基準を定めて僅か一か月半でほぼ収束させたことは日本モデルの力を示した!と自画自賛したのが先月の5月25日のことです。



日本モデル 安倍.PNG





ところが、一月経過した現状のコロナ感染者数の推移をみると緊急事態宣言発動前よりも増えてしまっている状況です。僅か1ヶ月半で収束させた日本モデルとやらが聞いて呆れます。そもそも検査の拡大もせず現状把握もできてないのに解除とか狂ってるとしか思えません。







宣言解除直近では感染者数はピーク時よりも大幅に減り、一桁の日もありましたが、相変わらず感染経路不明者が多く、検査者数も公表していない状況でしたから政府がいくら収束したと言っても信用できる訳がありません。その政府のコロナ対策における方向性や対策などを協議して、発令の参考とする重要な専門家会議がなぜか解散することになりました。







報道によると緊急事態宣言を早期に切り上げてオリンピックなど経済活動を優先させたい政府と、解除に慎重論を唱えていた専門家と言ったようにいくつかの意見の食い違いが生じたことで疎ましくなった専門家を政府が切ったという経緯のようです。それにしてもいまだ収束おらず、感染者が再増加しているこの時期に解散とは政府の混迷の様が垣間見えるようです。







政府の意見に一々反発し、意見の対立を煽る不届きな専門家など問答無用に切り捨ててやると言いたげな政府の非道な対応ですが、これまでの安倍政権のコロナ対応など見ても都合が悪くなると専門家に責任を押し付けてばかりでした。発熱しても4日間は待機しろと言う謎のルールを押し付けて問題が発生すると、国民や医療関係者が勝手に誤解した等言って方便を垂れて逃げを打っていましたからね。当初は専門家会議で意見が出たと政府が言ってましたが「4日ルール」に科学的根拠がないと専門家会議から異論が噴出したことも後で分かりました。







専門家会議への風当たりが強いときもありましたが、彼らはコロナ収束のための知恵を出し、可能な範囲で最善の方策を提言していました。それを都合よく利用してきたのは政府であり、都合が悪くなると責任を押し付けていたのです。そんな専門家会議も突然解散となった訳ですが、専門家メンバーに解散のことを知らせないとはの配慮も気遣いもなく使い捨てのように扱われて何とも胸糞悪いですね。









今後新たに組成される分科会とやらが、どのようなメンバーとなるのか知りませんが、少なくとも安倍政権の意を汲むメンバーで組成されることは間違いないでしょう。そうなると締め付けがより厳しくなり政権にとって都合の良い情報しか出てこないし、当然議事録なんぞありません。問題点を正しく改善する自浄作用もなく、つまりは国民のためではなく政府のための分科会にしか成り得ません。安倍政権に関しては色んな問題が紛糾してますが、私たちの生活と健康に直接拘わるコロナ問題をこんな隠蔽政府に委ねることに恐怖を感じてなりません。支持とか不支持とか問う前に人の生き死にが係った問題であることを我々は認識しなければなりません。

posted by yuuponshow at 18:00| Comment(0) | 新型コロナ・ウィルス問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。