2020年06月19日

河井夫妻買収容疑にも関わる安倍総理に捜査の手は及ぶのか?

昨夏の参院選で地元県議らに現金を渡し、票の取りまとめを依頼したなどとして、東京地検特捜部は公選法違反(買収)容疑で、前法相の河井克行容疑者と妻で参院議員の案里容疑者を逮捕しました。









それにしてもこの疑惑が報じられたのが昨年の秋ですから実に一年近くかけてようやくと言うかやっと逮捕されたということになります。ちょっと長くかかりましたね。今後注目すべきは検察が当事者である河井夫妻の背後関係まで洗いざらい捜査できるのかというところです。プロセスからしてこの事件は河井夫妻とその関係者だけでは起こし得ることができないのです。



溝手 安倍 確執.PNG



この事件についておさらいしてみると、遡ること昨年の7月の参院選挙において広島選挙区で立候補することが決定していた当時現職の溝手顕正候補と共に急遽同じ自民党から新人の河井案里候補を擁立することが決まりました。広島選挙区は改選数が2議席で、自民と野党系が分け合う形で議席を取ると予想されていましたから、自民候補が2人いてはどちらかが落選することになる公算が大です。



それまで5回連続で楽々当選し続けていた溝手氏は選挙戦で苦戦を強いられることになります。選挙資金も溝手陣営が1500万円なのに対して河井陣営は1億5千万という規格外の選挙資金を得ておりあからさまな待遇の違いが浮き彫りになります。これまで安倍総理に対して「首相の責任」「もう過去の人」などと度々批判していた溝手氏への私怨が込められた差別措置と言えるでしょう。







選挙では安倍総理や菅官房長官が河井案里候補への応援演説に足を運び、安倍事務所から秘書4人を動員するなど人海戦術を行い、潤沢な資金と圧倒的なバックアップを経て河井案里は当選を果たします。そして夫の克之氏は選対の指揮官としての溝手追い落としの功績が認められその年の9月に法務大臣に任命されることなります。それまで克之氏は安倍総理より首相補佐官として重用されるなど信頼も勝ち得ており、法相出世はいわば至極当然の運びであると言えるのです。





ところがその強大なバックアップが度を過ぎていたようで、1億5000万円もの巨大資金は溝手陣営の切り崩しのために地方の自民党議員への買収工作資金として平然と使われることになりました。あからさまな買収行為が今回の逮捕となった訳ですが、重ねて言いますが、この事件は河井夫妻とその関係者だけではなし得ません。官邸や安倍事務所も選管に入り込んで指揮を執っており、状況証拠からして安倍総理自らの関与は明白であり言い逃れできる訳がありません。きっちりと国民に対して説明責任を果さなければならないはずです!








河井夫妻逮捕と同日の夕方6時より安倍総理の会見が行われることとなり、当然河井夫妻逮捕に伴う自身の関与の釈明を行うものかと思いきや、河井逮捕の件は最初の1分だけでした。







自分の事務所ぐるみで関与しておきながら何ら釈明せず、遺憾と襟を正すといったこれまでの釈明動揺白々しい使いまわしの言葉を並べ立てるだけとはこの男どこまで他人事なのか?責任を果さないのはともかく、自分には一切関わりがないかのようなその振る舞いができるその神経を疑います。その後はコロナ対策の成果を強調する自画自賛振りや、この状況下でなぜか憲法改正の話が出るとか会見自体が官邸の息のかかった茶番劇でしかありませんでした。



あらゆる疑獄案件を抱える安倍政権、そして今回の河井夫妻の問題だけに絞ってもこれだけの状況証拠が揃えば辞任するのが普通なのですが、やはりサイコパスの異名を持つだけあります。このしぶとさ、あざとさ、鈍感さがあれば7年以上も政権を担えるのも頷けます。だがこのままでは国民を不幸に陥れるだけ、いつまでもこの出鱈目が通用するはずありません。安倍政権がどのような終幕を迎えるのか知りませんが、その顛末は決して幸せな形で終わることはないと断言しておきましょう。


posted by yuuponshow at 18:10| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。