2020年06月02日

ネットで言いがかりをつけ著名人に絡む連中に絡んでみた

検察庁法改正反対を掲げ、ハッシュタグで広く拡散され大規模な抗議活動へと発展し、遂には政府が法改正を先送りにさせ事実上断念させたことは多くのメディアで取り上げられるなど社会問題となりました。ところがその余波とも言うべきかこの運動に加担した芸能人相手に批判リプを投げかける動きが活発化しています。ネット対策として予算を付けて担ぎ出された自民党工作員でしょうか?また芸能人だけではなく、反政府をスタンスをとる著名人にも野党にも容赦なく襲い掛かっています。このように襲撃を予告する不届きな輩の先導もあり不穏な空気が蔓延しているのです。







実際に検察庁法や種苗法改正反対を訴えた芸能人のアカウントにはこぞって批判リプがぶら下がる状況です。きゃりーぱみゅぱみゅのアカウントに大量の批判コメがぶら下がったのは以前の記事で掲載した 嘘を吐き続ける安倍政権を守るために誹謗中傷も厭わない自民党工作員 にもあるように連中はしつこく食い下がります。




検察庁法や種苗法など問題提起している著名な専門家は数多くいますが、不思議とそちらには絡んでいるのはあまり見かけません。要するに素性の知れている知識がそれほど明るくない芸能人なら突っ込みやすいという浅はかな考えなのでしょう。







種苗法改正に反対した柴咲コウに対して寄せられる大量の誹謗中傷に業を煮やし、彼女自ら法的措置を検討するとのコメント文を掲載したところ更に火に油を注ぐこととなり大炎上となりました。あまりの誹謗中傷に見かねた人が通報したのですが、またこれにも絡んでくる始末です。






高尚ぶって糞のような知識をひけらかしマウントを取りたがる偉そうなアカウントの多いこと。こういうの虫唾が走るんで絡んであげました。









やり取りの全容はあまりに長いので割愛しますが、自分に矛先が向かうことに敏感なようであっさり引っ込みました。種苗法など一般人にはなかなか浸透していない問題点など議論するのは多いに結構ですが、ルールを守れない奴はきっちり糾弾してご退場して頂かないといけませんね。









そしてもう一つ取り上げますが、こちらは立憲民主党候補者の鎌田桂輔氏の発したツイートです。








自民党工作員デマアカウントの黒崎深がツイッターで呼びかけた室井佑月のテレビ出演の抗議するというものを暴力と一刀両断したものですが、このツイートにあるアカウントから突っ込みのリプが送られてきたことで鎌田氏のツイートが炎上することとなりました。







フォロワー3万となかなかの先導力のあるアカウント青識亜論(せいしき・あろん)@dokuninjin_blue というアカウントから
室生も被害者ならナイナイの岡村も被害者じゃないか!との論を持ち出し回答を求めてきたのですが、背景も本質も違うこの案件を並べ立てること自体おかしな話です。高尚ぶって乗り込んできた論客とやらとそれに悪乗りした批判リプによって炎上を起こすこととなりましたが、鎌田氏もこの言いがかりの嵐に負けることなく丁寧に応対しています。なかなか律儀な方ですね(笑)









しかし大量の批判リプに一々対応するなど物理的に不可能なので微力ながらこの私もこの批判リプをぶら下げていたアカウントjavac Japan.java
@javacjapan
に一言物申しておくことにしました。











フォロワー数10に満たない雑魚アカですが、高尚ぶってマウント取ろうとしているところが笑えます。あなたは一貫性がない!政治家としてどうなんだ!と鎌田氏に詰め寄ってたのですが、アベ総理は一貫性はあるの?嘘つきじゃないの?と私が突っ込みを入れた訳です。思わぬ突っ込みにこのアカウントはぐだぐだ状態となりました。この後やり取りが続いたのですが、このアカウントは面白いことを抜かしてました。










自民党は信念を貫ける!政治思想がなければ政治を語ってはいけない!嘘をついたかどうかなど恐ろしく低次元の話!さすが誹謗中傷リプを投げかける糞アカです。一貫性とか信念とか語るレベルもない素性が如実にあらわれて興味深いやり取りでした。こういう知性も教養もないチンピラがネットで徘徊しているからネットの匿名性の是非を問われることになるのです。匿名で安全性があることを逆手にとって誹謗中傷を仕掛ける、これは昨今の芸能人や著名人への誹謗中傷にあらわれているのだと言えるでしょう。不幸な出来事もありましたし、こういう無理筋であたり散らすアカウントを見かけたら徹底的に注意していきたいと思っています。

posted by yuuponshow at 18:54| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。