2020年05月29日

安倍御用芸能人では風は吹かず、つるの剛士の思わぬ誤算

黒川弘務元検事長の処分決定の経緯が安倍総理と森法相の説明で食い違う問題は前回冒頭で触れましたが、さすがに森法相に安倍主張の丸呑は無理だったようで、国会質疑にて森法相が安倍総理の指示であったことを認めました。稲田検事総長のコメントと併せてもはや言い逃れはできない、安倍の嘘がまた一つ明らかとなりました。







安倍総理の嘘は今に始まったことではありませんが、今回のについても言えることですが嘘も雑になってきましたね。巧妙に辻褄合わせをしていた以前とは違い単なる思いつきで言い逃れしようとしている。だから子分や官僚に無理が生じて誤魔化しきれなくなっている。この政権に係わりを持つだけでも相当リスキーであると言えるでしょうね。森さんには早く安倍の呪縛から逃れて楽になって貰いたいものです。








そんな安倍政権への批判は日に日に募るばかりなのですが、とある芸能人がツイッターで安倍総理お疲れ様と呼びかける運動を起こしていました。







芸能人がこぞって検察庁法改正に反対の声をハッシュタグで発してから劣勢を強いられることとなった安倍政権に追い風と言わんばかりに俳優のつるの武士氏が安倍総理にご苦労さまを皆で呼びかけようとツイートで発したのです。この呼びかけはに賛否両論のリプが寄せられることとなりましたが、つるのの巧妙なところは文中に元民主党で震災当時官房長官を務めた枝野幸男の名前を出していること。野党も称えつつ安倍さんを称えましょうと呼びかけていること。今はいがみ合っている時じゃない、皆で力を合わせてこの難局を乗り切ろうよという一見中立なようですが、政策批判した芸能人に釘を刺している訳です。







ところが震災当時にこのようなツイートを発したことを掘られてしまい、その公平中立を装う戦略に暗雲が漂うことに。有名人だったら過去ツイ掘られることもありますから用心しといた方が良かったですね。あたふたし出したつるのは逆切れとも言うべきこんな驚くべきリプを返しています。













それなりに対処を取らせてもらうとか、過去の不祥事を論うとか応戦したことで、みんなで仲良くやろうよという雰囲気ではなくなりました。そもそも現政権が真摯にコロナ対策に取り組んでくれれば良かったのに、検察庁法改正や種苗法改正とか関係ないことをこっそり推し進める火事場泥棒みたいなことやっているのですからね。マスクも給付金もいまだ届かず、そして持続化給付金はトンネル業者を介していたという報道も流れて驚きを禁じえません。







このような疑獄案件が次々と湧いているのに安倍総理に感謝とか能天気なことよく言えたものです。同じ芸能人からもつるのに向けて皮肉を込めたツイートを発されてしまうことに。







安倍さんを応援しようキャンペーンは安倍シンパやネトサポくらいにしか浸透しなかったようで、検察庁法改正反対の運動に比べればほとんどかすりもしないような状況でした。中立性を装ったのは良かったのですが、批判リプへの応酬は拙かったですね。数々の汚職疑獄案件や嘘について一切語ることなくすっかり安倍シンパとして浸透しているつるの剛士の影響力とやらも大したことないようですね。


posted by yuuponshow at 18:33| Comment(0) | 似非保守言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。