2020年05月26日

嘘を吐き続ける安倍政権を守るために誹謗中傷も厭わない自民党工作員

それにしてもよくここまで嘘をつき続けられるものです。安倍政権の守護神と言われてきた黒川弘務元検事長が賭け麻雀の不祥事で内閣から出された処分は訓告ですが、その処分決定の経緯が安倍総理と森法相の説明で食い違うという事態となりました。







安倍総理は検事総長が独断で訓告を決めたと言えば、森法相は内閣と法務省が決めたのを検事総長に呑ませて処分させたということで見解は明らかに異なります。さてどちらが正しいのか?仮に安倍ちゃんのが正しかったと仮定しましょう。賭博行為を認めこれだけ世間を騒がせた黒川に訓告はないだろうと言う世論の声が圧倒的になります。すると処分を下した検事総長に矛先が向かい世論の批判に晒されることは必至となります。稲田検事総長にとって激甘処分を下すメリットはなく検事総長としての立場を追われることに繋がりかねません。どう見ても森法相の説明でしか辻褄が合わないのです。




恐らく説明修正を余儀なくされアベ論を無理やり押しつけられることになる森法相はまたも無理筋論理矛盾した答弁を余儀なくされることでしょう。自分に火の粉が降りかからないためならどんな無理難題でも子分や官僚に押し付けて防波堤の役割を果たしてもらう・・・もうそんな展開など見たくもありません。




このような安倍総理に不満が募るのは至極当然のこと。直近の支持率下落を見ても分かるように信頼などおけないレベルであることは間違いありません。その声に危機感を抱いたのかアベシンパ共が思い返したかのように #検察庁法改正案に抗議します のハッシュタグをつけた芸能人へ八つ当たり的なリプを投げかけています。










ご覧のようにきゃりーぱみゅぱみゅへ向けた批判リプライの中に政治家とか政権批判というワードがありますよね。先日話題になった #検察庁法改正案に反対します というハッシュタグをキャリーさんも使っていたことからアベサポから睨まれることとなった訳です。ところが今回は先日亡くなられたプロレスラーの木村花さんへの誹謗中傷に対するコメントを発したに過ぎないのに、改正法案の件をぶり返す形で検察庁法改正批判したことへの恨みをぶつけられてしまうことになりました。



小泉きゃりーツイッター.PNG



多くの著名人がハッシュタグで拡散していたのにその中できゃりーさんに批判が集中したのは、普段政権や政治について語らなかったからだと思います。普段から政治問題を熱く語る識者じゃ歯が立たないから大人しくて影響力ある著名人をターゲットにする。そんな影響力ある芸能人に向かってデマとかもっと勉強しましょうとか言いがかりをつけて斜め上から能書き垂れる見識の浅い痛い連中なので印象操作で貶めようとしても、逆に彼らへ向けて大量の批判リプライが押し寄せ返り討ちに遭う展開になりました。







きゃりーさんを守ろうとの有志が募ってハッシュタグまでつくって批判リプライへのカウンター攻撃が功を奏し、批判リプを投下しずらい状況となりました。町山氏のリプはまさにその通りで、政権批判と誹謗中傷を一緒くたにして、あんたも総理に誹謗中傷してるだろーとの理屈は通用しません。政権批判できないならば消費税増税も移民もTPPも白紙委任しなければならないのか?政治に口出しするなとかまったく恐ろしい言論封鎖社会ですね。







そしてきゃりーぱみゅぱみゅへ向けた批判リプ攻撃の仕掛人であることがバラされた有本香女史、ツイートをエゴサーチして手下にけしかけるとか多忙な芸能人に対して迷惑甚だしいものです。ところが因果応報とも言うべきか女史の手口を著名人に吊るされその悪事が広く拡散され挙句に無知を晒されることとなりました。有本香ってこんなに卑怯で酷い女なんだと知れ渡って今後のお仕事に影響しなければ良いのですが(笑)












言われなき誹謗中傷で命を落とす痛ましい事件がおこりました。誹謗中傷した連中はテレビの中の世界を現実世界に投影させターゲットの木村花さんをゲーム感覚で攻撃していたのでしょう。ところがメディアで報じられることで事の重大さを認識しツイートを削除することに。しかしもう遅い、削除したアカウント達にはきっちり断罪し謝罪させなければなりません。きゃりーさんへの攻撃も誹謗中傷そのものであり、この事件と本質は同じです。だから悪質な自民党工作員からきゃりーさんを守ろうという運動が起きたのだと思います。



政権批判憎しで芸能人に突っかかったは良いが、却って反発を生み反撃を喰らうことになったのは痛快でしかありません。このような無能な働き者共に守られるアベ政権の運命もそう長くはないものと感じています。
posted by yuuponshow at 18:09| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。