2020年05月22日

黒川辞任からアベ包囲網が急加速!政権終結も近い!?

突如として舞い込んだ黒川弘務検事長の賭け麻雀報道ですが、その経緯があまりに摩訶不思議です。コロナ禍の最中にあり感染リスクの高い中で、卓を囲んでいたのがリークされるリスクが高い産経・朝日の記者3人と、で麻雀を行ったのが産経記者宅でリークしたのも産経側、何か自らスキャンダルに飛び込んでいったような行動に見えますが、後に何度も記者連中と卓を囲んでいた常習者であることが分かり、この間ずーっとマスコミから守られていたということになります。もはやマスコミは権力監視の機能は果たすことができなくなり週刊誌などの外部機関がその役目を果たしているという構図があらわになりました。







検事庁法改正反対の圧倒的な世論の声に押され与党が断念したのがつい数日前の話です。この法改正は黒川検事長の定年延長が絡むいわば中心人物、その中心人物が瞬く間に消え去ってしまう。政治腐敗を暴いた映画「新聞記者」を彷彿させるというかそれよりも複雑で難解で驚くべき展開と言えます。



官邸の策略かはたまた想定外だったのか?そういう声が錯綜してますが、官邸の出した処分はほぼお咎め無しの訓告処分でした。退職金返還も給与返還もない激甘処分に当然世論は大反発ですが、反発覚悟で再調査を拒否したということは、黒川氏に対するこれまでの政権への貢献と口止め料込みであれば納得ですね。








しかし安倍総理や森法相への責任追及は避けられそうもなく、これまで矢面に立たされ釈明に追われてきた森まさこ法相が遂に弱音を吐いてしまうことに。辻褄合わせにもならない言い訳をさせられている森法相としては一刻も早く楽になりたいでしょうが、強く慰留とは名ばかりの恐喝脅しがあったのかも知れません。逃げ得は許されず安倍からの呪縛は逃れられない森法相に少し同情しそうです。







そして官邸は、検察庁トップの稲田検事総長に責任を擦り付け辞職を求めているとの驚くべき動きを匂わせています。検事長の任命権者であり無理やりな閣議決定で黒川検事長を延命させた内閣トップと法相の辞任を求めるのが筋なのに本当であればまったく理解に苦しみますが、河井夫妻の捜査指揮している稲田検事総長を今このタイミングで辞めさせる訳にはいかない。それでも官邸が稲田検事総長への圧力を増すのであれば検事庁法改正以上に世論の大反発を生みだすことになるでしょう。








この事件は河井夫妻だけではなく、首相官邸、すなわち安倍総理自らに拘わる疑惑も含まれており、河井夫妻逮捕となれば当然安倍総理にも捜査のメスが及ぶことになります。







そして有耶無耶にされ、コロナ禍で掻き消されていた桜を見る会問題で660人の大弁護団が安倍総理を公職選挙法と政治資金規正法で共同告発されることに。かつてこのような大規模な訴訟を起こされた総理大臣など存在していたでしょうか?黒川という官邸の守護神を失い検察総長との軋轢が生じるこのタイミングでまさに泣きっ面に蜂状態、明らかな脱法行為なのに説明責任を果さず逃げ続けた当然の代償とも言えるでしょう。



コロナ禍の収まらない中、こんなことをやってる場合か!?というアベサポの声が聞こえてきそうですが、そのコロナ対策もままならず、法をもてあそび、多くの人間に罪を着せる総理大臣など必要でしょうか?一刻も早く引きずりおろさなければならないと強く断言しておきます。




posted by yuuponshow at 18:30| Comment(2) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。今回の件で安倍晋三が絶体絶命のピンチに陥ってるのが相当効いてるのかは不明ですが、安倍信者共は「働かない在日生活保護受給者は強制送還する。不正受給者の95%が在日 韓国朝鮮人によるもの!」とかいう3年くらい前からある(全てにおいて"色々とお察しレベル"の)NAVERまとめ記事で現実逃避してるようです。
Posted by 愛国心があるからこその反自民反安倍 at 2020年05月26日 01:03
愛国心があるからこその反自民反安倍さん


情報いただきありがとうございました。エビデンスも示せないエセ情報にすがっているのですね。そういうのも含めて全容解明せよとアベちゃんに強く進言できないところが悲しいですね(笑)
Posted by yuuponshow at 2020年05月26日 18:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。