2020年05月19日

検察庁法改正の断念を失敗にさせない自民党工作員の情報操作

安倍政権が検察庁法改正を含む国会公務員法改正案の今国会での成立を断念すると報じられました。ツイッターでのハッシュタグが引き金となり1000万ものツイートがメディアを動かし世論の反発が高まったことが、アベ政権の暴走を喰い止める最大の武器になると認識できたことは大変良かったと思っています。しかし先送りになったに過ぎず継続審議のまま、秋にしれっと強行採決もあり得るかも知れません。黒川検事長の違法な定年延長を正当化させてしまう検事庁法改正案を廃案に追い込むために絶えず声を上げていきましょう。







この決定を受け安倍シンパも意気消沈かと思いきや、そうは問屋が卸さないと言わんばかりに、これは巧妙なアベ総理の見事な戦略なのだと吹聴しているのです。まったくどうしてそう無理やりなポジティブに捉えられるのか分かりませんが、彼らの健気な工作活動をピックアップしていきます。



@アベちゃんはそもそも検察法改正人事に思い入れはない







このツイートとぶら下がってるアベサポ連中の言いたいことを解説すると「アベさんは法改正に強い思い入れはなかった」という共同通信の太田記者のコメントを取り上げ、え?じゃー反対と叫んでた人たちバカみたいじゃん♪とあげつらっているのです。









ということでアベちゃんの捨て身の高等戦術と褒め称え、巡り巡って野党が悪い!に結び付けることができました(笑)。検察庁法案がクローズアップされ過ぎたことで変に世論誘導され結果的に先送りになったので民主系の支持母体である公務員労組や自治労はこの法案通したかったのに余計なことしてとおかんむりの状態。野党は表面上は反対しながらも支持母体の思惑もあり実は賛成で、倒閣の材料に使っているだけなのでした。アベ政権が強行採決するだろうと目論んでいたのにあっさり引っ込めて肩透かしを食らってしまい、支持母体から睨まれて踏んだり蹴ったり・・・と野党やマスコミ、踊らされた芸能人の皆さん残念でしたということのようです。







しかし国家公務員法と検察庁法はもともと別の法律で定められていたもので、それを全部ひっくるめて一緒くたにさせる必要性などないのです。というか国家公務員の定年延長を全面に押し出して検察庁定年延長をこっそり仕込んだ安倍政権のあざとい仕掛けがあまりに姑息で卑怯と言わざるを得ません。そもそも野党は検察庁法を切り離してと主張していたのですから今後も方針を変えずに訴えていくことが大事であり、普段労組のことなど気にもかけない有本香女史の姑息な印象操作など気にしないことです。




そしてこの検察人事は官邸は介入しておらず黒幕は朝日新聞新であるという新説まであらわれました。




A検察人事介入は官邸ではなく朝日新聞







ジャーナリストの須田慎一郎によると黒川と同じ検事長の林真琴氏と朝日新聞はパイプがあり親しく、朝日は林氏を検事総長に推すために人事に積極的に介入したとのこと。出世争いのライバルであり、政権に近いとされる黒川弘務を政権とべったりであるとレッテル貼りして追い落とし、ついでに政権転覆を企てる構図なんだそうです。



それにしても一マスコミがどうやって人事介入するのか理解に苦しみますし、そもそも政府による閣議決定という積極的な人事介入を棚に上げてる時点で政府介入はないと言い張るのは滑稽でしかありません。エビデンスも示さずマスコミが介入したーとか虚言もいいところですね。







須田のこの主張は黒川の定年延長が閣議決定された直後から言っており、いずれ政権批判が酷くなると「予言」してそれが見事に的中したことが凄いと賞賛されているようです。よって須田の主張には信憑性があると繋げたいのでしょうが、官邸による恣意的な人事目のあたりにされたらそりゃ政権批判が酷くなるのは必然なんですがね。で、朝日は人事介入やめろーと須田の妄言を信じ込んだ輩があらわれるのですよね。








最後は黒川人事そのものには触れず、明らかな論点逸らしをする輩です。


B尖閣中国漁船衝突事件で検察への政治介入に声上げたか???




櫻井 若狭.png


正しい歴史認識  検察庁法改正案・櫻井よしこが若狭勝に「尖閣中国漁船衝突事件で検察への政治介入に声上げたか?(URL)



検察人事そのものを突っ込まれると太刀打ちできないので本質から逸れたところの議論でアベ御用ジャーナリストが討論で反対者を論破させて持ち上げさせるという流れですが、一つの案件に突っ込むことと、組織全体が意のままに操作される編成とはまったくの別問題、若狭の行動矛盾とは言えない櫻井よし子の稚拙な論点逸らしを賞賛している政治ブログ人気No.1の正しい歴史認識ブログ著者のコヒー君、やっぱり君は立派なアベシンパですよ(笑)




劣勢から挽回しようと下手な小細工で安倍ちゃんを守ろうとする工作員の稚拙な情報操作ですが、悲しいかなそれ以上にアベちゃんのヤラカシが酷くてこういう小細工でもカバーしきれない状況にまで陥っています。安倍ちゃんのやらかしが日々酷くなるに従ってアベシンパのアクロバティックさ際立ってくる。傍から見ると哀れな猿芝居にしか映りません。


posted by yuuponshow at 18:44| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: