2020年03月31日

志村けんさん安倍政権の不手際・無能さによりコロナの犠牲に

新型コロナ・ウィルスの猛威が全世界に晒され多くの命が失われましたが、日本でも衝撃的なニュースが列島を駆け巡りました。若男女誰でも知っているお笑い界の大御所、志村けんさんがコロナによって命を落としました。







志村さんが倦怠感を訴えたのが今月17日、発熱と呼吸困難を訴えたのが19日、翌日に緊急搬送され重度の肺炎と診断され意識不明となり23日にはコロナ感染が発覚、症状が出て僅か10日あまりでこのような結末を迎えるとは誰が想像できたでしょうか。遺体は遺族と顔を合わせることもできずお別れすることもできない。火葬場にも同行できない。骨も拾うことができない。これがコロナの恐ろしさなのだと改めて痛感しました。



日本で蔓延している今、決して他人事ではない、対岸の火事でもない、自分の身に降りかかってくるものだと認識しておくべきです。志村さんのような国民的タレントがコロナに晒され亡くなってしまったことは大変衝撃的ですが、身近な存在のタレントが亡くなったことで自分や家族、友人にも降りかかってくるものだと思い知ったのではないでしょうか。決して甘くみてはならず、これまで以上に自粛してコロナ収束のために一人一人が努力していくことが大事なのです。



その一方で、我が国の政府対応を見るとあまりに酷いとしか言いようがありません。志村さんの例を出しても分かるように発熱と呼吸困難が出てすぐに検査を受けていれば助かったかも知れません。しかし政府はコロナ対策で国民に対しどのような伝達をしてきたのでしょうか。






何の根拠も確信もない4日ルールが世間に浸透し、それを実直に守った結果助かる命を多く失うことに繋がります。志村さんの場合まさにこれにあてはまってしまい、少なくとも19日の症状があらわれた時点で検査していれば助かったかも知れません。たらればを言えばキリがありませんが、このような結末は回避できたのではないかと思うと残念でなりません。



この4日ルールを推進してきた国の責任は極めて重く、しっかり責任の所在を明らかにした上で責任を取ってもらわなければならない。それは国と同時に医療崩壊と称してPCR検査を受けるなと叫び続けた安倍政権応援団も同罪です。











中にはこのように政府政策を支持しつつ、PCR検査増加は医療崩壊に繋がると検査抑制を訴える仲田洋美という女医がいます。上記の医療崩壊ガーを操る親玉のようで、自らも有名無名を問わずあらゆる反アベ界隈のツイッターリプに絡みついて毒吐いたりして、アベ界隈の文化人放送局に出演したりと最近大活躍のようです。極めつけは下にある安倍ガンバレーにあるように安倍シンパの中でも強烈なキャラクターのようです。コロナ問題発覚から急成長中した今後要チェックのアベサポですね。









安倍政権の問題は上記のようなイカれたアベサポを抱えていることもそうですが、肝心のコロナ対策はと言えば初動段階の時にインバウンド目当てに大量の外国人の誘致しようと積極的にPRしていたことから分かるようにあまりに酷いものでした。


安倍 中国人訪日歓迎.PNG



厚生労働大臣のこの言葉はコロナ感染を拡大させる最大要因となりました。クルーズ船から国内にウィルス拡散させた最大の功労者となったのです。






初動段階での対応もそうですが、その後の対応はご存じの通り、感染対策も経済対策もすべて後手後手であまりに酷いとしか言いようがありません。それどころか感染症に対応する病床を大量に削減し、一定割合を削減した医療機関には補助金を出すなど病床削減に積極的なことです。明らかにコロナ対策に逆行していることなのですが、指示を出したまま止めようとはしていないのです。






明日から新年度ですが、国は新年度に合わせて日本国内の人事異動を凍結していません。国内移動の制限を推奨している中でなぜこのような民族大移動を凍結しないのでしょうか。






この体たらくですからコロナ拡散は今後も抑えられそうもありません。日本人は安倍政権の不手際・無能さをもっと認識しておくべきではないでしょうか。始めの対応の拙さが今の惨状を生み出しているのです。むしろコロナ拡散させるための人口減を画策しているのかと勘繰りたくもなります。国民の皆さんこのまま安倍政権に委ねて良いとお考えですか?間違いなく日本は亡国となり果ててしまうのですよ。




posted by yuuponshow at 23:45| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: