2020年03月24日

安倍さん擁護のために親を蔑む日本一の親不孝者籠池佳茂

先週の週刊文春記事で公文書改ざんに着手し、その後、自死した近畿財務局職員の赤木氏の衝撃的な手記が掲載されたことで森友疑獄事件が再び国会で取り上げられることとなりました。







追求される側の安倍総理は手記を読み「胸が痛む」と言いながら野党が求めた再調査に応じることなく拒否しているのですが、これに赤木氏の奥様が怒りを露わに心情を打ち明けています。


「安倍首相らは調査される側で、再調査しないと発言する立場ではない」


まさしく正論であり、今の安倍政権の在り方を的確に表現しています。司法も検察も人事権を掌握されてしまい安倍政権を追求することが困難である以上、外部機関に調査を委ねるしかありませんし、そもそも主犯格の安倍を通じて再調査を求めることがおかしな話なのです。



しかし森友疑獄事件における新たなキーマンの登場で、再調査を拒み続けることが世論からの反発を招く事態に発展しかねない安倍政権。それでも政権擁護する奇特な人間はいまだ数多く存在しており、こういう連中が真相解明の邪魔をし、民主主義を破壊し尽くす手助けをしているのです。その中の一人が森友事件の当事者である籠池夫妻の長男である籠池佳茂です。


籠池佳茂 アカウント.PNG



プロフィールにあるように森友学園騒動は朝日の捏造報道であり、総理夫妻に責任はなく、左翼に洗脳された両親を救いたいと反アベに向けての憎悪剥き出しで戦う気概がとても良く伝わります。ツイートを見てみると森友関連のものを中心に反アベ界隈への挑発批判で溢れかえっております。













ご覧のように随分と攻撃的なツイートばかりで、おまけに真相解明のため私を国会に呼んでくれとまで息巻いています。しかし森友の真相を知っているのであればまずは自分のツイートで詳らかにぶち上げてから国会招致してくれとアピールすれば良いのですがね。こんな戯言に呼応した著名なアベシンパも佳茂氏を国会へ!とツイートする痛々しさぶりです。









安倍界隈としては尻尾切りしたはずの籠池の身内を取り込んだことで籠池家を分断させることができるし、籠池夫妻へのダメージにもなるしメリットは大きいでしょうね。ところが不肖の息子佳茂に意外な人物が反応し、反論してきました。









文春で赤木氏の手記を記事にまとめあげた元NHK記者の相澤冬樹氏が佳茂のことを論って記事で批判していますが、驚くべきは親から借りた900万円もの大金を使い込んで知らんぷりしているということです。本当ならとんでもないクズですが、この記事を佳茂のツイートに相澤氏がぶら下げても一切反応してないことからどうやら本当のようです。







相澤氏から思わぬ反撃を受けた籠池愚息ですが、これに反応できないあたり無能を晒しているようなもんです。息巻いて反アベに対峙する姿勢が好感されアベ界隈から持ち上げられたもののメッキが剥がれてしまいましたね。職も辞して命をかけた手記を託された記者と憶測だけで薄っぺらい擁護を続ける愚息とでは言葉の重みが違います。この愚息はご両親が洗脳されていると嘯いてますが、憑依したように安倍擁護する愚息こそ洗脳されていると言えるでしょう。



さん付けのアベと籠池と呼び捨てにするプラカードを見ればわかるように親に対する愛情も配慮も欠落し蔑む、おまけに親から借りた900万円を使い込んで知らんぷりとは籠池佳茂はまさに日本一の親不孝者であると言えるでしょうね。

posted by yuuponshow at 19:24| Comment(0) | 森友加計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: