2020年03月06日

安倍ちゃんの新たな火種が勃発、加計学園不正受験問題

日々刻一刻と情報が発信され続けている新型コロナ・ウィルス問題と比較して影が薄くなりつつある桜を見る会ですが、先日の予算委員会で共産党の田村智子議員の質疑によって新たな疑惑が明らかとなりました。







安倍明恵夫人が経営するUZUハウスに桜を見る会に招待されていた48ホールディングスの前会長である淡路氏が、資金提供していたことが明らかとなりUZUハウスのオープン記念に招待され安倍夫妻と共に記念写真を行い、それが会員獲得の材料に使われていたとのことです。知らぬ存ぜぬで貫き通す安倍総理ですが、明恵夫人自らの意思で招待していたとなれば関係性もかなり濃いものであり、総理自ら知らなくても明恵夫人とは懇意の仲、となれば明恵夫人の参考人招致を求めざるを得なくなります。もはや言い逃れはできませんね。



コロナ問題が終息していない段階でこれら桜問題を突き詰めることに異を唱える声もありますが、安倍総理自らの違法行為に拘わる問題であり、後ろ向きな答弁で嘘を付き続け大切な公文書も破棄したり改ざんしたり民主主義の根幹を覆している極めて重要な事案です。コロナも重要だが、こうした総理自らの疑惑追及も重要事項であり並行して追求するべきなのですからきっちり詰めて貰いたいものです。




さて、こちらも総理案件として大きな話題となっている文春からすっぱ抜かれた加計学園獣医学部の不正入試疑惑です。今のところテレビでは殆ど報じられていませんがネットでは大きな話題となっています。




文春 加計不正受験.PNG




それにしてもせっかく学部認可して貰いながらこんな不正疑惑が報じられるとか、何のための国家戦略特区だったのでしょうか?これが本当ならば認可取消や助成金打切りになりかねない事案だと思うのですが学園経営の在り方も含めて検証しなければなりません。







これについてネトサポの反応を見てみると相変わらず野党批判に繋げており、野党が質疑で取り上げたことについて週刊誌がソースかよと嘲笑してますが、火の無いところに煙は立たない、ホントかデマか認可した政府に問いただすのは当たり前でしょうが。それにこんな内部関係者のリーク資料が出てきてます。


文春 加計不正受験.PNG


日本語のコミュニケーション不足だから弾かれたという名もなき無責任なアカウントの弁明の多いこと、しかし学園関係者ならともかく日本語不自由コミュニケーション不足論を堂々とひけらかす厚かましさ。










更にこのように堂々と差別を言い放つタチの悪い連中も出てきます。こういう輩がいるからレイシストとかヘイトとか揚げ足取られてしまうのに分からないんんでしょうか?







それにしても加計は学部新設にあたって外国人にも留学生枠を設けて韓国に出向いてロビー活動していたのに、何でこんなあからさまな排外工作やらかしたんですかね。







果たして真偽のほどはどうなのか?リーク材料も出回っている以上、有耶無耶にはできないでしょうし下手に口をつぐむと却って批判が広がりそうです。国家戦略特区諮問会議議長の任にあらせられる安倍晋三さんの新たな悩みの種となりそうです。
posted by yuuponshow at 23:04| Comment(0) | 森友加計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: