2020年02月14日

自民党も持て余す!?国難・災害レベルの安倍総理による傍若無人の振る舞い

国会会期を消化していく過程で次々と異常行動が露わになる安倍晋三総理大臣。数々の疑惑には一切答えずそれを追求する野党の質疑者に逆切れとも取れる傍若無人の振る舞いが如実に露われることとなりました。








辻本清美議員の指摘を罵詈雑言と決めつけ「意味のない質問だよ」とテレビの音声で聞き取れる程大声でヤジを放った安倍総理、これにより議会は一時国会空転となる騒然となりました。次の質疑者からそのことについて問いただされても僕は悪くないと出来損ないの悪ガキのように開き直る始末、憲政史上最低最悪の宰相と呼ばれて久しいですが、ここまでくると国難・災害レベルと言っても過言ではありませんね。



そもそも腐った鯛の例えを用いたのは政府のこれまでの隠蔽捏造改ざんがまかり通った惨状を嘆いたものであり、それを問いただし叱咤するのは野党議員として当然であります。これが罵詈雑言に聞こえるならば政治家としての資格などなくとっとと辞めるべき!そもそも辻元にヤジる前に真相解明のため証拠提出などに毅然と応じることが一般的・常識的な対応なのです。それがこんな惨めな振る舞いを国会の場でテレビの前で曝け出したのはよっぽど痛いとこ突かれたのでしょう。見苦しいの一言です。



そんな惨状にもめげず安倍ちゃんの野党に対峙する姿勢に呼応したアベサポ・ネトサポ連中がそうだそうだ!!と言わんばかりに安倍ヤジの正当性主張に躍起ですが、その頑張りも空しく政府与党はアベちゃんのヤジを行き過ぎた行為と認め、来週の集中審議において謝罪を含めた釈明に応じることとなりました。







自民党工作員のリーダー的存在のDappiくん、野党が悪口しか言っていないかのように意図的に捏造していますが、動画がしっかり残っている以上無駄な悪あがきなのですがね。しかし下っ端はリーダーの言うことは絶対服従なのか盲目なのか知りませんが、反論にだっぴのスクショを堂々と貼り付けるという嘲笑レベルの行為に及ぶ始末です。ダッピのスクショがどんな映像証拠よりも上回るし論破できるとお考えなのでしょうかこれで反論できると信じてるなら救いようがありませんね(笑)








これも同じようなもんですが、重ね重ね申し上げますが大変奇特な連中です。








こうした動きとは裏腹に与党自民党はこの親分の傍若無人振りには困り果てているようで、野党の要求を呑む形で最終的には謝罪に追い込まれる形となりました。自ら主張したり反アベツイートにリプ返したりとヤジの正当性主張に躍起のネットサポーターズでしたが、当の安倍ちゃんは事実上非を認め白旗を上げる形となりました。






自党に促されて渋々謝罪に応じることになったものの口惜しさのあまり怒りが収まらないアベちゃんは矛先を共産党に向け、今でも暴力革命を行っている組織であると挑発するなど事を荒立ててしまうことに。これにもアベサポさんは狂喜乱舞で正論と賞賛の声を挙げていますが、ヤジの件も収束してない段階で新たな火種を焚きつけて野党は大反発、来週からの集中審議でどう取り繕うことができるのか?








これでもまだ支持する連中がいるのならば変な菌に感染しているとしか言わざるを得ませんね。新型コロナ・ウィルスにも匹敵する国難であり災害と言える安倍総理には一刻も早く退陣願いたいものです。
posted by yuuponshow at 17:50| Comment(2) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。安倍晋三みたいな為政者失格も甚だしい無能かつ日本史上最低最悪の売国奴に国益を毀損してまで守る価値があるとはとても思えないのですが、安倍信者共はこんな文字通りの売国奴の一体何処にそんな価値を見出しているんでしょうね?というか、安倍晋三はちょうど3年前に当の辻元から「総理。稲田大臣(当時)になったらムキになって『私が、私が』ってやめた方がいい。それをすればするほど大臣の資質に欠けていることを首相自ら証明されていることになる」という至極真っ当な苦言を呈された筈なのに全くと言っていいほど懲りてませんね。
Posted by 愛国心があるからこその反自民反安倍 at 2020年02月14日 23:32
愛国心があるからこその反自民反安倍さん


アベサポさんたちは安倍ちゃん命がためにこれまでの所業を顧みることなく善悪の判断がつかなくなっているようですね。彼らの目を覚ます(覚まさないかもしれませんが笑)には逮捕される様を目の当たりにするしかないと思います。この異常な政権運営がいつまでも続く訳ないのですがね。
Posted by yuuponshow at 2020年02月15日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: