2019年11月15日

安倍退陣Xデーが叫ばれる中、デマ拡散も厭わず安倍を守る人たち

桜をみる会について共産党の田村智子議員が国会質疑で取り上げてからちょうど一週間経ちましたが、最初は静観していた新聞テレビのメディアがこぞって取り上げるようになり検証した結果、次々と新情報が湧きめぐるなど大きな反響となり今や日本中がこの話題で持ち切りとなっています。


この反響の大きさにいら立つ与党自民党の二階幹事長は開き直りともとれる記者に対しての逆切れし、母・叔母を会に連れてきた三原じゅん子議員は疑問に呈したテレビコメンテーター対して侮辱だと怒りを露わに謝罪を求めるなど対立姿勢剥き出しなのですが、こういう対応見るにいかに自民党という政党が善悪の区別が付かない無法者集団であることがお分かりいただけるかと思います。









しかし、世論の批判に押されたのか唐突に安倍総理が来年の桜を見る会の来年の中止決断を発表することとなりました。







中止にしたことをまるで自分の手柄のように語る安倍ちゃんですが、自分でつけた火が炎上して大騒ぎになったので慌てて消しにかかっただけで長年親しまれた国民行事を私物化したことで大きな禍根を残すことになったのです。これで終わりシャンシャンにして逃げ切るつもりなのでしょうが、やましいことがあるから中止にしたと捉えても仕方がないのにこれで幕引きを図れると信じている神経が信じられません。




政治資金規正法、公職選挙法、旅行業法に抵触し、明恵夫人枠まで設け、国会でガキレベルのすぐバレる嘘デタラメ答弁をやらかす国会虚偽答弁疑惑と公的行事招待者名簿の名簿データ破棄など安倍政権で色々取りざたされた様々なスキャンダルをすべてミックスしたような桜を見る会問題、それも安倍総理が直々にかかわることは間違いないのですからこれは安倍総理としては致命傷となり首相退陣は避けられないのではないかと見ています。




そんな窮地の安倍ちゃんのために安倍ちゃん護衛のシンパ共もネットでの対抗策に勤しんでおり「民主もやってた」「つまらんもう飽きた」「他にやることがあるだろ」といった典型的な三つのパターンを活用しています。いずれも論点逸らしで矮小化させたい気持ちアリアリなのですが、せめて安倍ちゃんが加担してないという論拠を揃えた気概のある反論を見てみたいものです。しかしこれだけ状況証拠が溢れてはどうあがいても無理でしょうね。




そんなシンパの対抗手段としてデマを吹聴する不届き者も、それも名のある有識者が堂々と行っているのですから安倍ちゃん同様なりふり構わずです。






OKコージーアップ 有本香.PNG



ニッポン放送の早朝に放送されてる帯番組「オッケーコージーアップ」において民主党時代の鳩山政権では例年よりも相当多く呼び、初めて一万人の大台に乗ったそうです。しかし一万人以上の来園はその前からあって、前年よりも参加者が少なくなっていたことは統計上明らかであり、こんなすぐバレる嘘を公共の電波を使って吹聴するとは驚くべき悪態ぶりと言えるでしょう。



そのくせ公選法や政治資金規正法に抵触することについては自分の口からは一切語らず、名もなきシンパ連中の、根も葉もない政権擁護論のリツイートに躍起となっているのです。元々信念もなく勘定だけで政権擁護しているのですからこういうデマ吹聴もやらかすことも厭わないのでしょうね。この件についてニッポン放送に苦情が殺到しているようですが、今のところ有本本人もニッポン放送も訂正や謝罪のコメントは発していません。








風雲急を告げる桜を見る会の騒動、安倍シンパからすればどう見積もっても庇い立てするなど無茶無理なのですが、有本のようにデマ嘘も厭わず拡散している連中もいますからこの連中も安倍退陣あるいは逮捕もあり得るXデーに合わせて安倍もろとも駆逐されて貰いたいものです。
posted by yuuponshow at 18:45| Comment(0) | 桜を見る会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: