2019年11月01日

籠池夫妻懲役7年は見せしめ?なりふり構わぬ国策判決を許してはならない!

河井法務大臣が公選法違反が発覚したことを受け大臣辞任となりました。第四次安倍政権発足後僅か二か月弱で二人目の大臣辞任という衝撃的事態となりましたが、任命責任は私に云々・・・とお決まりのセリフを述べる安倍総理に対しても厳しい突っ込みが入ったようです。まだ甘々な突っ込みですがね。







メモを読み上げたような感情の籠っていない反省の弁を述べても自身の任命責任は就任以来一切取っていない安倍総理、さすがにこれには各方面から批判の声も脇き上がって当然です。それと自身の不正疑惑に何ら回答を示さずですからこうした批判は今後更に高まってくるものと思われます。





その安倍総理自身の不正疑惑が絡んでいると言われる森友学園問題で今週、新たな動きがありました。



籠池 懲役7年.PNG



森友学園前理事長の籠池泰典氏とその妻、諄子氏が国からの補助金1億7000万円を騙しとった詐欺罪で懲役7年の実刑判決が大阪地裁で言い渡されました。ところで法律関係に明るくない私がこの判決の不可解な点をあげつらってみました。



まず事件の全解明がまったくなされないまま籠池夫妻だけが判決を受けていること、それも夫婦揃って判決が同じとは理解できません。そもそもその前に罪が確定していない段階で一年以上に渡って勾留されており、家族の面会にも応じさせなかったことは当時人道的な見地から問題だと取りざたされました。泰典元理事長はともかく、妻が詐欺にどれくらい加担していたのか?実は関与はほとんどなく無罪との指摘もある中まったく明らかにされていない中で夫と同じとはあまりに非道な判決であると言わざるを得ません。



そして国を相手に大掛かりな詐欺を籠池夫婦だけで行えるのか?一流大学出の海千山千の役人揃いが一夫婦にコロっと騙されるとは到底信じがたい、籠池氏についていた酒井弁護士はなぜ突然籠池氏から離れたのか?また籠池夫婦と役所との橋渡しをしていた谷査恵子は?公文書改ざんを指示し偽証罪に問われた佐川理財局長は?他にも多くの登場人物がいるのに司法での証言にも尋問にも現れないとはあまりに不可解です。






業者や近畿財務局の職員の不可解な死など謎が多いこの事件がこの夫妻の判決結審によって幕引きをさせるつもりか!?この判決を受けてのマスコミの扱いは事実関係を伝えただけで深堀りすることもなく検察とマスコミを掌握した巨大権力によって握りつぶされようとしている。そう感じざるを得ません。



籠池前理事長は今回の判決を受けて安倍政権とその周辺への不平不満をぶちまけています。よっぽど腹に据えかねていたのでしょう。












これらの籠池氏の発言は妄想という言葉では片づけるにはあまりに不可解な点が多く安倍政権の闇であると言えるでしょう。その解明を行わなければ籠池氏は浮かばれることはないでしょう。こんな不当な国策判決、どう見ても納得できないし許してはなりません!!!
posted by yuuponshow at 18:53| Comment(0) | 森友加計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: